居酒屋店長になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

居酒屋店長になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

チェーン店・個人経営を問わず、居酒屋店長になるにはどのようなことが求められるのでしょうか。基本的に、業務未経験では店長になれないため、飲食店で業務の経験を積み、接客応対やスタッフとのコミュニケーション能力を身につけておくことが必要となります。本記事では、居酒屋店長になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

居酒屋店長になるには何が必要?

求められるスキルや人物像はどのような人が求められるのでしょうか。まずは店長として求められるスキルについて紹介していきましょう。

接客

居酒屋店長になるためには、接客スキルが必要になります。お店のスタッフのお手本になるような質の高い接客を行う必要があります。

接客が苦手な場合、スタッフからの信頼を得られない可能性があるので、接客スキルがが求められます。

コミュニケーション能力

店長はスタッフやお客さんとコミュニケーションを積極的に取る必要があります。積極的にコミュニケーションを取ることができないと仕事に支障が出てしまう可能性があるので、スタッフとのコミュニケーション能力が求められます。

管理能力

お客さんの予約状況はもちろんのこと、シフトの管理や新人教育など管理をする仕事も多くあります。

管理能力がなければ店長として与えられた仕事を完璧にこなすことができない可能性があるので、管理能力が求められます。

トラブル対応能力

居酒屋ではさまざまなトラブルが発生します。さまざまなトラブルに対して対処するのは店長です。

どのような問題に遭遇しても冷静に対応し解決に導かなければならないので、トラブル対応能力が求められます。

スキルを磨くために必要なこと

前述したスキル以外にも、さまざまなスキルが求められます。スキルを身につけるためにはどのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

全てのスキルを一気に身につけることは難しいので、苦手なスキルを1つずつ克服して必要なスキルを着実に身につけていくようにしましょう。

居酒屋店長に向いている人、適性がある人

居酒屋店長に向いている人と適性がある人はどのような人物なのでしょうか。向いている人と適性がある人の人間的な特徴を詳しく紹介していきます。

向いている人

向いている人は次のような人物です。次のようなスキルを兼ね備えている方は居酒屋店長を目指すと良いでしょう。

接客業が好き

居酒屋はサービス業にあたるので、接客業が好きな人でなければストレスが溜まってしまう可能性があります。特にお店はお客さんの状況によって仕事内容が変化していくので、やりたい作業を後回しにして接客に当たらなくてはならないこともあります。

接客が苦手な人が居酒屋店長を行うと、自分のイライラしている様子が相手に伝わってしまう可能性があるのでオススメできません。

接客業が好きな人であればイライラすることなく自分に与えられた仕事をこなしていくことができるので、接客業が好きな人に向いている職業だと言えるでしょう。

人に喜んでもらいたい人

居酒屋では、来店したお客さんにサプライズ演出を仕掛けて喜んでもらうサービスを提供しているお店も多くあります。

人を驚かせることが好きで、人に喜んでもらいたいという気持ちが高い人であれば、仕事の中でサプライズやどのようなことをすれば喜んでもらうかを考えることができるので、良いサービスを提供することができる可能性があります。

居酒屋店長は、人に喜んでもらいたいというマインドが高いほど質の高い接客を提供することが可能になるので、人を喜ばせたいという気持ちが強い方に向いている職業であると言えます。

人と接することが好き

居酒屋店長は、スタッフやお客さんに限らず人と接する機会が多い職業です。人と接することが苦手な人が仕事をすると、ストレスに感じてしまう可能性があるので、人と接することが好きな人に向いている職業だと言えます。

特に、居酒屋店長ではスタッフとのコミュニケーションを密にとらなければならないこともあるので、人と接することが好きな人は向いていると言えるでしょう。

適性のある人

居酒屋店長として適性のある人は次のような人物です。次のようなスキルがあれば、居酒屋店長として活躍できる可能性があります。

リーダーシップ

居酒屋店長にはリーダーシップが求められます。お店は常に状況が変化するので店長が的確な指示を出さなければならないこともあります。判断を誤るとスタッフに迷惑をかけるだけでなく、居酒屋の運営がうまくいかない可能性も高くなるので、的確な指示を送ることが出来る人材が求められます。

リーダーシップが高い人が店長になれば、的確な指示を出すだけでなくスタッフの士気を高めながら仕事を行うことができるので、リーダーシップのある方は居酒屋店長に適性があると言えます。

体力に自信がある人

居酒屋の仕事は体力勝負です。特に立ち作業がメインになるので、体力がなければ疲れがたまり仕事に集中できなくなるケースもあります。

体力自慢の方であれば営業中元気に接客をするだけでなくスタッフとのコミュニケーションも円滑にできるので、体力に自信がある人は向いているでしょう。

場を盛り上げることが得意

居酒屋では元気よく接客するだけでなく、スタッフやお客さんの気分を高めるために場を盛り上げることも必要になります。

仕事で場を盛り上げることが好きな人は、士気を高めながら営業していくことができるので、周りからムードメーカーと呼ばれる人は居酒屋店長として活躍することができる可能性があると認識しておきましょう。

居酒屋店長になるための学校・教室

通わなくてはいけない学校や教室はありません。居酒屋店長として必要なスキルを学びたい方や、店長を志している方は次のような方法で必要なスキルを身につけるようにしましょう。

お店が研修制度を設けている場合も

飲食店を経営している企業の体制によっては、入社した後に店長候補のスタッフに対して研修制度を設けているケースもあります。

このような場合は、事前に居酒屋店長に必要なスキルを外で身につけるのではなく会社内で身につけることができるので、店長の研修制度があるお店に就職をしようと検討している方は外部で学ぶのではなく少しでも早く入社するようにしましょう。

アルバイトで経験を積む

実践的に学びたいのであれば、アルバイトで経験を積むようにしましょう。アルバイトで経験することで、スタッフがどのようなことで苦労をするのか、スタッフ同士で効果的な連携を取るにはどのようなことが必要になるかを知ることができます。

またアルバイトから店長になるメリットとして、そのお店での人間関係をお客さん・スタッフと構築することができるので、店長になってから新しく人間関係を築かなければならないという負担もありません。

居酒屋店長になるには?まとめ

居酒屋店長には万能なスキルが求められる

居酒屋店長は仕事をする上で接客、スタッフを管理する能力などさまざまなスキルがもとめられます。

ホールスタッフのように接客だけができてもダメ、マネージャーのようにスタッフを管理する能力が優れているだけでも務まらないなど、総合的な能力が求められる職業です。

これから居酒屋店長を志す方は、今回紹介したようなスキルを身につけておくようにしておくと、居酒屋店長として雇われる可能性が上がるでしょう。

居酒屋店長への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

居酒屋店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

居酒屋店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB