テレビ局社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビ局社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビ局社員になるには、厳しい競争を戦って内定を勝ち取らなければならないほど、難易度の高い仕事です。テレビ局社員になるにはどのようなスキルを身につける必要があるのでしょうか。本記事では、テレビ局社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

テレビ局社員になるには何が必要?

テレビ局社員を目指すのであれば、次のようなスキルがあるとテレビ局の社員として活躍し、その局の代表となるような番組を作ることも夢ではありません。次のようなスキルを身につけておくようにしましょう。

テレビが好き

テレビ局社員として活躍をするのであれば、テレビが好きということは最低条件です。良いテレビ番組を作るためには、テレビのよいところ、悪いところを熟知しておく必要があります。

テレビが好きであれば、テレビの特性をよく理解しているので、どのような番組を放送すれば視聴者が見てくれるのか、直感的にアイデアを出すことができます。

また、テレビが好きだからこそ、面白い番組を作ってやるという気持ちも強くなるので、良い作品を作るためには、テレビが好きということはプラスであると言えるでしょう。

アイデアを出すことが好き

良いテレビ番組を作る上で必要なことは、アイデアをひねり出すということです。もちろん、テレビ局社員以外にもアイデアを一緒に考えてくれるスタッフはいますが、テレビ局社員が通したいと感じる企画を作らなければ良い番組を作ることができません。

その上で大切なことは、アイデアを出すことです。名物社員と呼ばれるようなテレビ局社員の多くはオリジナルの企画を考えている方ばかりです。一流のテレビ局社員を目指すのであれば、他の社員が驚くような画期的なアイデアを提案するよう日々精進しましょう。

客観性

どんなに面白い企画を思いついても、誰かを傷つけてしまうような番組であれば良いテレビ番組であるとは言えません。昔は、面白ければ多少誰かが傷ついても良いという考えで番組は作られてきましたが、最近のテレビ番組ではそのような作りが難しくなりました。

テレビ局社員には、企画を考えた時に一度客観的になってその番組を考え本当に放送をして良いかをジャッジする判断力が求められます。何も考えずに放送してしまうと場合によっては責任問題を問われることもあるので、テレビ局社員には企画を客観的に分析する力も求められます。

テレビ局社員に向いている人、適性がある人

テレビ局社員に向いている人と適正がある人はどのような人物なのでしょうか。テレビ局社員として向いていると適性のある人物について紹介していきましょう。

向いている人

テレビ局社員として向いている人は次のような人物です。テレビ局社員にはさまざまなスキルが求められるため、これからテレビ局社員になろうと考えている方は次のようなスキルを身につけておきましょう。

人が喜ぶことを考えることが好き

テレビ番組は視聴者がどのような番組を見たいのか常に考える必要があります。

いくら面白い番組を考えても、視聴者が求めている番組でなければ視聴率が伸びることはありません。視聴者が注目するような番組を作るためには、視聴者が喜ぶような番組を作ることが求められます。

日頃から、人が喜ぶようなサプライズ企画や遊ぶ企画を考えることが得意な人は、新たなテレビ番組を考える時に、視聴者が求めているのは何かを考えながら企画を考えることができるので、良い番組を提案することができる可能性があり向いていると言えます。

徹底してこだわることができる

テレビ番組を作る上ではこだわりを持って作ることも必要です。時には、自分の撮りたい映像を撮影するまで締め切りギリギリまで撮影を行うこともあります。もちろん、手を抜くことも可能ですが、制作意欲がない番組はすぐに視聴者にその思いが伝わってしまいます。

徹底してこだわることができるクリエイター気質の人がテレビ局社員に向いていると言えるでしょう。

交渉能力がある人

テレビ局社員はさまざまな場面で交渉する能力が問われます。番組制作ではタレントさんと交渉することもあれば、営業担当になればスポンサーと交渉をすることもあります。もちろん、番組を決める編成でも同様に交渉能力が必要です。

プロジェクトを達成させるために、交渉能力が長けている人は、テレビ局社員になってもさまざまな場面で活躍することが期待できるので、交渉能力がある方はテレビ局社員の仕事に向いていると言えるでしょう。

適性のある人

テレビ局社員の適性がある人は、次のような人です。テレビ局社員の仕事は想像以上に大変な仕事なので、次のようなスキルが身についていると、テレビ局社員としてパフォーマンスを最大限発揮することが期待できます。

体力に自信がある

テレビ局社員の仕事は体力を使う仕事が多いので、体力がなければ途中でリタイアしてしまう可能性があります。特に、制作の仕事は不規則です。

1日ずっとロケに立ち会わなければならないこともあれば、深夜から仕事をはじめることもあるため体力に自信がなければ体を壊してしまう恐れがあります。

どのような環境にも対応できるような人は、テレビ局社員としての適性があるので、テレビ局社員の仕事をオススメします。

臨機応変な対応ができる人

テレビの制作現場では臨機応変な対応を求められることがあります。このような状況に遭遇した場合、すぐに臨機応変に対応できなければ、テレビ局社員としても信頼されることがありません。

どのようなトラブルが発生しても冷静に臨機応変な対応ができるように心がけましょう。このような状況に遭遇しても冷静に対処することができる人が、テレビ局社員に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

テレビ局社員にはコミュニケーション能力が求められます。テレビ局社員は不特定多数の外部の人間と関わりながら仕事を行うので、意思疎通をするためにコミュニケーションをとる必要があります。

十分なコミュニケーションをしておかないと、トラブルを生むだけでなく良いテレビ番組を作ることができない可能性があるので、コミュニケーション能力が高い人が適性のある仕事だと言えます。

テレビの立ち位置を理解している

昔はテレビが一番上のメディアと捉えているテレビマンが多く、テレビ以外のエンターテイメントをバカにする傾向にありました。しかし、最近では、YouTubeやインスタグラムなどの登場でテレビ以外のメディアが豊富に登場しました。

このようなメディアのことを理解せず、「テレビが一番」と誤解をしていると、ネット動画に勝つことができるような番組を生み出すことはできません。自分がどのような立場かを客観的に見ることができる人は、テレビの現状をよく理解しているので、良い企画を考えることができます。

テレビ局社員になるための学校・教室

テレビ局社員になるための学校や教室について説明していきましょう。少しでもテレビ局社員になる確立をあげるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

テレビ局が開講するスクールに通う

テレビ局が、大学生向けにメディア業界で働く人材を養成する学校を開講していることがあります。

このような学校に通うと、テレビ局で働く上で必要なスキルを習得することができます。特に、アナウンサーの場合は、各キー局が開講しているアナウンススクールに通うことで、アナウンサーに必要なスキルを身につけることができます。

テレビ局社員でもアナウンサー志望であれば、独学で勉強するのではなく、アナウンススクールに通い優秀な成績を収めるようにしてください。

テレビ局のアルバイトとして働く

テレビ局のアルバイトとして働くと、うまくいけばテレビ局社員のきっかけを作ることができる可能性があります。アルバイトの良いところは、テレビ局の現場をリアルに感じることができるので、就職する前に自分が本当に働けるかどうかを判断することができます。

テレビ局社員になるには?まとめ

テレビへの情熱がスキルアップにつながる仕事

テレビ局社員になるためには、厳しい競争を勝ち抜いて内定を勝ち取る必要があります。テレビ局社員になれば、自分の表現したいことを実現させることができる可能性があります。

しかし、テレビが好きでなければ、テレビ局の社員になった後に立ちはだかる壁を乗り越えられない可能性があるので、テレビが本当に好きか自問した上でテレビ局社員を目指すようにしてください。

テレビ局社員の参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビ局社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB