住宅メーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

住宅メーカー社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

人生における大きなお買い物として、お客様に多くの住宅を販売する住宅メーカー社員は、不動産業界で人気が高い仕事の一つ。華やかに見えても実際は地味な作業の積み重ねや力仕事が多い住宅メーカー社員の毎日。本記事では、住宅メーカー社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

住宅メーカー社員とはどんな仕事?

住宅の販売や購入後のフォローを行う仕事

住宅メーカー社員は、住宅の販売や購入後のフォローを行います。メーカーによっても異なりますが、自社ブランドの住宅を取り扱うことが多いという特徴があります。

住宅が出来るまで全ての工程を行うので、住宅メーカー社員の仕事は分担して行うケースが多いです。営業や設計など幅広い仕事内容があります。

お客様と長く付き合うのが住宅メーカー社員の仕事

住宅メーカー社員は、住宅展示場に訪れたお客様を接客することから始まります。住宅展示場を訪れる人は住宅の購入に興味があったり、相談がある人が多いです。

自社の商品を説明したりするのが営業としての仕事です。話を進めて契約を結んだら住宅メーカー社員の設計にバトンタッチをします。希望に合う図面を作成しながら建築を実際に行います。

住宅メーカー社員が家を建てるまでのすべての業務を行います。一連の業務は行いますが、住宅メーカー社員の仕事は、引き渡しをすれば終わりという訳ではありません。

物件は定期的にメンテナンスをする物なので、メンテナンスやリフォームなど担当します。お客様と長く付き合うのが住宅メーカー社員の仕事です。

スピードや効率も要求される仕事

住宅メーカー社員の仕事は1日のうちに打ち合わせや図面の作成など担当によって忙しく、お客様の都合に合わせて行動しなければいけません。

お客様も都合を合わせて住宅メーカーに足を運んでいるので、限られた時間を効率的に使う力も必要です。

仕事場によっては複数の住宅メーカー社員で作業を分担

住宅メーカーの規模にもよりますが、営業や設計などそれぞれの役割を分担して行うことが多いです。住宅を建てるまで全て一人でこなすには限界があるからです。住宅メーカーによっては細かく役割が分担されている場合もあります。

泊まり込みで仕事をすることも

住宅メーカー社員は、時期を問わず忙しいことが多いです。お客様は住宅を建てることにこだわりが強い人が多いので、夜遅くにお客様との打ち合わせが入ることもよくあります。

事務処理も住宅メーカー社員の仕事なので、場合によっては泊まり込みでの仕事をしなければいけない時もあります。日によっては早く帰れる可能性もありますが、基本的に不規則になりやすく、体力的にも負担の大きい仕事と言えるでしょう。

住宅メーカー社員の仕事は意外とハード。体力が必要

住宅メーカー社員の仕事は楽しそうなイメージがあるかもしれませんが、体力が必要な仕事です。

お客様との打ち合わせで時には自宅を訪問するケースもありますし、設計では頭をフル回転して間取りを作成します。

勤務先によっては朝早くから出勤して夜遅くまで働くなど拘束時間は長めです。不規則な勤務体制になることも多いので、住宅メーカー社員は体力も必要になると考えられます。

住宅メーカー社員の給料レベルは低めの傾向

住宅メーカーの規模によりますが住宅メーカー社員の給料は、ほかの職業に比べると高めの傾向が多いようです。一般的には18万円から20万円前後の給与からスタートして、年収は500〜700万円と言われています。

うまく自社のブランドをアプローチ出来たり、売り上げが上がれば年収もアップする可能性があるので、夢のある仕事には違いありません。

住宅メーカー社員の具体的な仕事内容

住宅メーカー社員の仕事は住宅を紹介して販売すること

住宅メーカー社員の仕事はお客様に住宅を紹介して、購入してもらうことに尽きます。

住宅の紹介以外に住宅メーカー社員がする仕事

住宅メーカー社員の仕事は毎日お客様を接客して自社ブランドの商品を紹介するだけではありません。経験や実績によっても任される仕事は幅広くあります。

デスクワーク

デスクワークも住宅メーカー社員の仕事のひとつです。お客様とのヒアリングを行い、契約を結んだとしても住宅メーカー社員の仕事は終わりではありません。

住宅を建築するための費用をお客様に伝えなければいけないので、デスクワークで提案書を作成します。そのほか経費計算は必要になるので、住宅展示場が終わった後にデスクワークをすることが多いです。

アフターフォロー

住宅を引き渡した後でも住宅メーカー社員の仕事はあります。どんな住宅でも住んでいれば不備やトラブルが起こりうるものです。

トラブルでお客様から連絡をもらった時にはすぐに確認しに訪れて業者の手配を行います。お客様の信用を無くさないためにも迅速に行動するなど、アフターフォローは大切な仕事の一つと言えるでしょう。

住宅についての相談

住宅メーカー社員として自社のブランドをアピールし、売り上げを上げるのは大切な仕事の一つです。住宅を購入しようと住宅展示場に足を運ぶ人は多いですが、住宅において悩みを抱えている人もいます。

お客様から住宅についての相談を受けることも住宅メーカー社員の大切な仕事の一つ。売り上げにならない相談でも親身になって相談を受けることで、頼れると判断されれば次の仕事のキッカケが出来るかもしれません。

下積みからはじまる住宅メーカー社員の仕事

住宅メーカー社員の仕事は、地道な下積みから始まります。多くの住宅メーカー社員は専門学校や大学を卒業して就職します。

学校で建築や営業の知識を身につけ、資格を取得していたとしてもすぐに本格的に住宅メーカー社員の仕事が出来るわけではありません。

住宅展示場を訪れるお客様は人生で最も高い買い物を検討しています。話し方やマナーなども大切ですし、少しでも違和感があれば別の住宅メーカーを選ぶでしょう。

お客様に信用される住宅メーカー社員になるために、1年は先輩について話し方からアプローチの仕方まで学ばなければいけません。住宅メーカーによっても異なりますが、住宅メーカー社員として下積みはする必要があります。

転職は3年が区切りになることが多い

住宅メーカー社員は3年を区切りに転職をする人が多いようです。体力的にもハードですし、他業種に転職する人やスキルアップで大手の住宅メーカーで修業する人もいます。

インターネットサイトで年間を問わず住宅メーカー社員の求人数は多いです。経験を積んでスキルを高めれば、給料アップの可能性もあるでしょう。

住宅メーカー社員の仕事のやりがい

信頼される喜びが味わえる仕事

住宅を建てようと考えている人の多くは、いくつかの住宅メーカーを比較しています。いくつも住宅メーカーに足を運んで信頼できると判断した住宅メーカーと契約をします。

契約を取れるかどうかは営業の腕次第です。安心して任せられる信頼関係が必要になるのです。住宅を建てる、購入するというのは金額的に大きいものなので、お客様が慎重になるのは当たり前です。

お客様から安心して仕事を任せられる、信頼されているという気持ちは住宅メーカー社員として大きなやりがいになるでしょう。

お客様からの感謝をされる仕事

住宅を一から検討して建てるのはとても大変なことです。無事に引き渡しが終わればお客様から感謝をされることでしょう。

長い時間をかけて生まれた感謝の言葉をもらった時の瞬間は住宅メーカー社員としてのやりがいと言えるでしょう。そこから長い繋がりを持てる点も将来的に財産になると考えられます。

住宅メーカー社員の仕事内容まとめ

住宅メーカー社員は地道な努力やセンスが求められる仕事

住宅メーカー社員はお客様を接客して住宅を紹介、購入してもらうのが仕事です。お客様から信頼されることが大切なので、住宅においての基礎知識や学び続ける努力が必要になるでしょう。

生活も不規則になりがちなので、体力的にハードになるのも特徴です。住宅メーカー社員の仕事は忙しく、プライベートをのんびり過ごすのは難しいかもしれません。

ですが、長い時間をかけて建てた住宅を引き渡し、お客様から感謝されるというのは、何よりのやりがいに感じられるはずです。

住宅メーカー社員の参考情報

平均年収500万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

住宅メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB