自動車部品メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

自動車部品メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

自動車部品の製造を行う自動車部品メーカー社員ですが、目指す上で必要となる資格はあるのでしょうか?また、必須となる資格はなくても仕事の役に立つ資格があれば、取得しておきたいと考える方もいるでしょう。本記事では、自動車部品メーカー社員に役立つ可能性が高い資格などについてご紹介します。

自動車部品メーカー社員の資格とは?

就職をする際に求められる資格はない

自動車部品メーカー社員を目指す上で、就職をする際に求められる資格は特にありません。基本的には就職後に業務経験を積み、見習いとして働きながら必要となる資格を取得するというのが一般的となっています。

企業によっては資格ではなく学歴を重視している

企業によって異なりますが、エンジニアを募集している自動車部品メーカーの多くは資格ではなく学歴を重視しているところが多い傾向があります。まず、自動車部品メーカーが行う採用試験の応募条件として、高等専門学校卒業、または理系学部・工学部の大卒が最低でも必要な学歴となっています。

TOEIC 500点以上を取得していれば就職に有利になれる

近年、多くの自動車部品メーカーではグローバル化が進んでいるため、国内だけでなく海外での活動や取引を行っている企業が増えています。そのため、企業によっては語学力を求めているところが多く、TOEIC 500点以上を取得していれば就職に有利になれるといわれています。

TOEICはさまざまな職業で役に立つ語学力を身に付けることができますし、ハイスコアを取得していれば高い語学力を持っているという証拠にもなります。

また、グローバル化が進む自動車部品メーカーに勤めるのであれば、語学力を身に付けることで海外での活動を経験できる可能性があるので、スキルアップとして取得してみてはいかがでしょうか。

工場勤務ならフォークリフトやクレーンなどの資格取得がおすすめ

技術系の職種では実際に自動車部品を製造する業務を行うため、設備の整った工場での勤務となります。工場内では部品の移動にフォークリフトやクレーンなどを使用することもあるため、それぞれの運転資格を取得しておくと仕事に役立てることができるでしょう。

なお、これらの資格は必須ではありませんが、取得することで担当できる仕事の幅を広げることができます。スキルアップにも繋がる資格なので、技術系の職種を目指すのであれば、就職後に仕事をしながらでも取得しておくと良いでしょう。

自動車部品メーカー社員に役立つ資格の難易度

TOEIC 500点の試験難易度は普通レベル

TOEIC 500点以上を取得する試験の難易度は、スコア600点までであれば普通レベルですが、700点以上からは難易度が高くなっているようです。スコア800~900点になると英検準1級~1級レベルと難易度が高くなりますし、満点の990点では最高レベルの難易度になるといわれています。

しかし、基本的に求められる語学力のレベルはTOEIC 500点以上なので、ハイレベルを狙う必要はないでしょう。まずは600~700点あたりの取得を行い、スキルアップを目指すのであればしっかりと勉強をしたうえでハイスコア取得を目指してみてはいかがでしょうか。

フォークリフト免許の簡単で合格率も高い

技術系におすすめしているフォークリフト免許の試験難易度はとても低いといわれているため、誰でも簡単に取得できるといいます。合格率はほぼ100%に近いといわれているので、仕事の幅を広げるためにもぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

クレーン免許の試験難易度は低め

フォークリフト免許ほど簡単ではありませんが、クレーン免許の試験難易度も低めとなっているため、必要なことをきちんと学んでおけば取得できる資格です。

学科・実技ともに受験者の半数以上が合格しているので、合格率も高めとなっているようです。自動車部品メーカー社員として技術系を目指している方、または現在勤めている方は、スキルアップとして取得してみてはいかがでしょうか。

その他、自動車部品メーカー社員に役立つ資格

事務系ならパソコン関連の資格取得がおすすめ

事務系の職種ではパソコンを使用した業務がメインとなるので、パソコン関連の資格取得がおすすめされています。

FASS検定や日商簿記を取得しておけば経理業務に役立ちますし、MOSなら基本的なパソコン操作からWord・Excelといったツールを使用するスキルを身に付けることができます。

自動車業界で働くなら整備士の資格は持っておくべき

自動車業界で技術系の職種で働くのであれば、自動車整備士の資格は持っておくべきだといわれています。

自動車部品メーカーでは部品の製造なので車の整備を担当するのは別の職種になりますが、資格を取得しておくことで自動車整備の仕事を担当することができるかもしれません。

仕事の幅は広がりますしスキルアップにも繋がるので、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

自動車部品メーカー社員の資格が取れる学校

理系や工学系などの学科を持つ大学・大学院

技術系の職種を目指している方は、理系や工学系などの学科を持つ大学・大学院への進学をおすすめします。

これらの学科や学歴はどの企業の募集条件にも含まれているので、自動車部品メーカー社員として就職するために必要な資格いっても過言ではありません。

また、学歴が高ければ採用率もアップするので、「〇〇の自動車部品メーカーで働きたい」という方は、大学院へ進学すると良いでしょう。

整備士の資格は自動車整備の専門学校で取得できる

自動車整備士の資格取得は、自動車整備の専門学校で取得することができます。就職を希望する企業が学歴を求めていないのであれば、最終学歴が専門学校卒業でも採用してもらえます。整備士の資格を取得したい方は、専門学校に進学してみてはいかがでしょうか。

自動車部品メーカー社員の資格・試験まとめ

必須となる資格はないが就職や仕事に役立つ資格は存在する

自動車部品メーカー社員には必須となる資格がありませんが、就職や仕事に役立つ資格はいくつか存在します。そのため、自動車部品メーカー社員を目指すのでれば、ご紹介した資格や関連資格を取得して、自分のスキルアップを行うと良いでしょう。

しかし、自動車部品メーカーでは資格よりも学歴を求める企業が多いので、進学先もしっかりと考える必要があります。事務系と技術系では求められる学歴が異なるので、目的に合った進学先を選んでみてください。

自動車部品メーカー社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車部品メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB