住宅メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

住宅メーカー社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

人生における最も大きな買い物となることが多い住宅を販売するプロ、住宅メーカー社員になるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回は住宅メーカー社員に必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

住宅メーカー社員になるには何が必要?

住宅メーカー社員になるには、良い家を紹介したいという熱い気持ちを持つこと

住宅メーカー社員になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはより良い住宅を紹介したいという情熱を持ち続けることが一つです。

華やかに見える職業ですが、単に住宅メーカー社員に興味があるだけでは、目指すことは出来ても仕事を続けるには困難かもしれません。体力的にもハードですし、専門的に学ぶべき知識も多く、地味な作業の積み重ねや日々の努力によって成り立っているからです。

戸建てやマンションなどの販売を行うことからお客様からの要望や金額が大きいため上司に叱責されることも多い業界です。時には壁にぶち当たり、うまく販売できないこともあるかもしれません。

辛いことがあっても諦めずに住宅メーカー社員を続けるには、より良い家を紹介したいという熱い気持ちを継続できるかがポイントになると考えられます。

聞き上手が住宅メーカー社員の仕事に役立つ

住宅を販売する住宅メーカー社員として働くには、相手の話をしっかり聞ける聞き上手であることが大切です。

お客様は人によってそれぞれ住宅に対しての希望や要望があります。一生に一度の買い物をサポートするのが住宅メーカー社員の役割です。まずはどんな住宅を建てたいのかをしっかり聞いてイメージをしていくことが大切です。

住宅メーカー社員はお客様と何度もヒアリングを重ねて、一つの家を作り上げていきます。そのため、誠意ある接客対応でお客様の心を掴むことが大切です。

お客様の考えをしっかり聞いて、イメージにあった住宅を紹介することが住宅メーカー社員として大切なことと言えるでしょう。

おもてなしの心も住宅メーカー社員の大切な要素

住宅メーカー社員は、お客様と接する仕事です。住宅メーカー社員を目指す人には、希望の住宅を紹介して喜んでもらいたいという気持ちを持っている人が多いですが、その気持ちはそのままお客様へのおもてなしにも繋がるはずです。

笑顔で挨拶をしたり、お客様の意見や要望をしっかりと聞いて、大切なところはフォローすることも住宅メーカー社員に求められるスキルの一つと言えるでしょう。

体力も必要な住宅メーカー社員の仕事

住宅メーカー社員の仕事は意外とハードなので、体力も大切になります。住宅を販売するためにはお客様と入念な打ち合わせを行います。時にお客様のご自宅に伺う場合もあります。

設計について頭を使いますし、住宅展示場を訪れるお客様に説明をすることも大切な仕事です。1日中立ちっぱなしで仕事をすることもあるので、新人の頃は専門的な学習も含めて長時間労働になりやすいでしょう。

お客様に満足してもらえる住宅を紹介するためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないが住宅メーカー社員に関する資格があるほうが有利

住宅メーカー社員になるには、何かの資格が必要なわけではありません。ですが、資格を持っていればスキルや知識の証明になるので、就職や待遇の面で有利になる可能性はあります。将来的に出世するためには取得しておくことが良いでしょう。

住宅メーカー社員として働く人が取得する資格で代表的なものは、宅地建物取引士(宅建士)や不動産鑑定士が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

住宅メーカー社員になるには英会話ができないといけない訳ではありませんが、英会話が出来れば仕事の幅が広がる可能性があります。

住宅展示場を訪れる人の中には日本人だけでなく、外人も利用します。英語で住宅の説明が出来れば魅力をより伝えられます。

最近では日本人だけでなく外国人も住宅を購入する人が増えているので、語学力を身につけておくと住宅メーカー社員としてプラスになるでしょう。

住宅メーカー社員に向いている人、適性がある人

住宅メーカー社員になるには、持って生まれたセンスや性格的な部分も影響することが多いです。

責任感は住宅メーカー社員の適性のひとつ

住宅メーカー社員に求められる適性として、まずは責任感があげられます。住宅を購入するというのは何千万、億という金額を払う人生でも大きなビッグイベントです。

住宅メーカー社員として大きな金額の住宅を販売する訳ですので、そのプレッシャーは大きなものです。何回もお客様と設計やデザインについての打ち合わせは行いますが、間違えてしまった、では話になりません。

人それぞれ希望は異なりますが、その希望に合わせて住宅を紹介するためにも責任感は住宅メーカー社員として求められる一つの要素です。責任感を持って細かい仕事でもこなせる人は住宅メーカー社員の適性があると考えられます。

好奇心旺盛な人も住宅メーカー社員として適性がある

住宅メーカー社員として好奇心が旺盛なことは大切な要素の一つです。住宅は経済状況や家庭のあり方によって売れる住宅は大きく変わります。

時代の流れに合わない住宅を販売していては、成長出来ません。常に住宅メーカー社員としてアンテナを張り続け、研究をしていく好奇心が住宅メーカー社員には必要です。

好奇心旺盛な人であれば、売れる商品を察知して流行に合わせてお客様にプレゼンテーションができるでしょう。

柔軟性があるとベター

住宅メーカー社員になるには柔軟性が必要です。お客様と打ち合わせしたり、住宅展示場で説明するだけが住宅メーカー社員の仕事ではありません。

施工管理も大切な住宅メーカー社員の仕事の一つ。計画的に施工をしていても想定外のトラブルは起こりえます。スムーズに施工が進むというケースは少ないので、計画通りにいかなくなったリカバリーをすることも住宅メーカー社員の大切な要素です。

柔軟な思考を持って多角的に考えられれば、住宅メーカー社員として現場では重宝されるといえます。

住宅メーカー社員になるための学校

住宅においての基礎が学べる専門学校

住宅メーカー社員になるには専門学校を卒業してから目指す人もいます。職業柄、専門的な用語が多く、覚えるべきことはたくさんあります。

専門学校に通うことで、住宅メーカー社員に必要な基礎知識を学び、スキルを身につけられるでしょう。学びながら住宅メーカー社員に必要な資格を取得できるのもメリットです。

カリキュラムを比較して学校選びを

住宅メーカー社員を目指せる専門学校は全国にあるため選択肢は豊富です。学校によっては、現役の住宅関係者から指導を受けられる授業も用意されている場合があります。プロによる指導があれば現場の雰囲気をより感じられます。

資格取得支援や就職サポートが手厚い学校であれば、卒業後の進路に対する不安も軽減されるはずです。社会人として働いている人は夜間コースがある学校を選ぶのも良いでしょう。

学校によってもカリキュラムやサポート内容が異なります。自分がなりたい住宅メーカー社員に近づけるように比較はじっくりと行い、自分に合った学校を選ぶことが肝要です。

大学でも住宅メーカー社員になるための勉強が可能

住宅メーカー社員になるために学校に通う選択肢としては、専門学校以外に大学を卒業してから目指すケースなどがあげられます。

大学の中にも住宅メーカー社員に関する学部や学科が用意されている場合があります。理工学や建築学などを学んでから目指す人は多いです。住宅メーカー社員は高額な商品を扱うことから募集条件を大学卒としている企業も多いです。

住宅メーカーは多くありますが、大手の住宅メーカーで働きたい場合には、大学を卒業してから目指すと良いでしょう。

住宅メーカー社員になるには?まとめ

資格があればベター。まずは情熱や責任感が住宅メーカー社員を続ける原動力に

住宅とお客様に良いものを紹介したいという情熱と責任感。住宅メーカー社員になるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。

加えて、聞き上手の人や柔軟性がある人は、プレッシャーの大きい住宅メーカー社員の仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格や学歴があればなお良いでしょう。専門学校や大学で住宅の専門知識を学んだり、宅建士や不動産鑑定士の資格があれば就職に有利になる可能性があります。

住宅メーカー社員の参考情報

平均年収500万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

住宅メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB