自動車メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

自動車メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

職種によっては何かしらの資格が必要になりますが、「自動車メーカー社員」の場合は必要となる資格はあるのでしょうか?また、関連する資格や持っておいた方が良い資格があれば、事前に知っておきたいものです。本記事では、自動車メーカー社員に役立つ資格など、資格・試験についてご紹介します。

自動車メーカー社員の資格とは?

就職するにあたって必要となる資格は存在しない

自動車メーカー社員を目指す上で気になる必須資格についてですが、就職時に求められる資格は存在していません。というのも、新卒採用の応募条件として資格を求める企業が少ないため、ほとんどの場合は資格を持っていなくても就職することができるようです。

資格よりも学歴を求める企業が多い

自動車メーカー社員として就職する際に資格を求められることはありませんが、学歴を求める企業が多い傾向があります。最低でも高等専門学校卒業、または理系学部の大卒などが採用条件に含まれているので、資格よりも学歴を重視すべきだといえるでしょう。

中途採用の場合は経験やスキルが求められる

中途採用で自動車メーカー社員を目指す場合は、業界での職務経験やスキルなどが求められます。中途採用の場合は即戦力となる人材を求めているため、職種別に採用試験を行っています。

また、自動車業界ではグローバル化が進んでいるので、TOEICのハイスコアを取得しておくと、即戦力として採用率がアップするといわれています。また、事務系の職種ではパソコン業務を行うので、パソコンスキルを身に付けておくのもおすすめです。

技術系の職種には「自動車整備士」の資格が必要

自動車メーカー社員は事務系と技術系の職種に分かれていて、技術系では自動車の製造・点検・整備などが主な仕事になります。これらの業務を担当するには自動車整備士の資格が必須となるので、技術系を目指すのであれば事前に取得しておくことをおすすめします。

なお、資格取得をおすすめしましたが、技術系で働く社員の中には、自動車整備士の資格を持たずに就職している方もいます。タイヤやオイルの交換、板金塗装などは無資格でできる業務となっていますが、その他の業務は見習いとして働きながら資格取得を目指す方も多いそうです。

自動車メーカー社員に役立つ資格の取得難易度

TOEICはハイスコアになるほど難易度が高い

TOEICは高い語学力を持っている証ともいえる資格なので、多くの方は難易度が高いというイメージを持っているのではないでしょうか。

そんなTOEICの難易度ですが、取得するスコアによって異なります。

取得するスコア 難易度
TOEIC 500点 英検2級レベルで難易度は低め
TOEIC 700点 英検準1級レベルで難易度はやや高め
TOEIC 900点 英検1級レベルで難易度は高め

このように、ハイスコアになるほど難易度が高くなっています。なお、満点となる990点がTOEICの最高レベルだといわれていますが、このスコアの難易度は非常に高くなっていて、簡単に取得するのは難しいといわれています。

スキルを求める企業でTOEIC満点を必須条件としているところはないと思いますが、語学力を求める職業の多くは最低でも500点が必要になることが多いです。そのため、中途採用や転職などでTOEICを取得しておきたいという方は、500点以上のスコア取得を目指しましょう。

自動車整備士の試験難易度はそれほど高くない

技術系の仕事に必要となる自動車整備士の資格には「特殊」「3級」「2級」「1級」の4種類がありますが、2級までであれば難易度は低く、1級であってもそれほど高くないといわれています。

自動車整備士の資格は階級を上げるためにいくつかの条件があり、それぞれの条件を満たしていなければ昇級試験を受けることができません。そのため、自動車整備士の資格取得を検討している方は、事前に必須条件を確認しておくことをおすすめします。

資格や試験に関する情報は国土交通省のホームページで紹介されています。試験内容や過去問題、受験資格や申請などのさまざまな情報を確認できるので、一度目を通しておくと良いでしょう。

その他、自動車メーカー社員に役立つ資格

英語以外の語学関連の資格

自動車業界ではグローバル化が進んでいるため、語学力を身に付けておくと採用率が上がりますし、仕事の幅を広げることもできます。取得する語学力関連資格としてTOEICをご紹介しましたが、さまざまな国での活動を考えて英語以外の語学関連の資格を取得しておくのも良いでしょう。

さまざまな外国語を身に付けておけば海外出張をする際に役立ちますし、スタッフとの会話にも困らないので、スムーズに仕事を進めることができるはずです。自分のスキルアップや仕事の幅をより広げたいという方は、いくつかの外国語を学んでみましょう。

技術系なら複数の関連資格が存在する

技術系に必要な資格として自動車整備士をご紹介しましたが、その他にも仕事に関連する資格は複数存在しています。例えば、生産後や整備後の自動車の点検を行う場合は「自動車検査員」、電気装置の部分の点検・整備を行う「自動車電機装置整備士」などがあります。

それぞれの関連資格を取得しておけば技術系として仕事の幅を広げることができるので、取得しておいて損はないでしょう。これらの資格は働きながら取得を目指すことができるので、スキルアップを目指している方は自分が持っておきたいと思う資格を取得してみてください。

自動車メーカー社員の資格が取れる学校

技術系を目指すなら理系や工学系の大学・大学院

技術系の職種を目指している方は、理系や工学系の大学、または同様の学科・学部で大学院へと進学することをおすすめします。

事務系であれば学科を求められることはありませんが、技術系の場合は理系・工学系の学科・学部を出ていることが採用条件となっています。また、大学や大学院ではTOEICの取得も可能なので、仕事に役立つスキルを身に付けることができるでしょう。

自動車整備士は専門学校でも取得可能

ご紹介した自動車整備士の資格は、自動車整備の専門学校で取得することができます。

多くの企業では大卒・大学院卒業といった学歴を求めていますが、企業によっては学歴を問わないところもあります。技術系の職種を目指していて、就職を希望する企業が学歴を求めていない場合は、専門学校への進学もおすすめです。

自動車メーカー社員の資格・試験まとめ

入社時に必要な資格はないが、職種によっては仕事に必要な資格がある

自動車メーカー社員には資格よりも学歴を求められるので、採用条件となる学歴を取得しておくことが大切です。

また、中途採用や転職の場合は職務経験やスキルが求められるので、採用試験を受ける前までに取得できるものは身に付けておくと良いでしょう。

また、資格が必要な業務には見習いとして働くことができるので、就職後に経験を積みながら資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

自動車メーカー社員の参考情報

平均年収600万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB