建築板金工になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

建築板金工になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

屋根や外壁に施工を行う建設板金工になるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。ハードな職人の世界だからこそ、建築板金工になるには知識や技術を磨く以外に精神的・肉体的な強さも重要です。本記事では、建築板金工に必要なスキルや資格、向いている人の特徴などについてご紹介します。

建築板金工になるには何が必要?

高いところが平気な事が建築板金工の仕事に役立つ

建築板金工の職人として働くには、高いところが平気という事が大切です。

建築板金工の仕事は建物の屋根や外壁を仕上げていくのがメインなので、必然的に高いところでの作業が多くなります。高いところが平気な人に向いている仕事と言えるでしょう。

当然ではありますが、規定の足場や安全帯などの安全設備や装置をつけての施工にはなりますが、日常的に慣れていても怖いと感じてしまうものです。

速やかに移動しながら施工しなければいけないので、高いところでの作業が出来ることは大切です。

体力も必要な建設板金工の仕事

建設板金工の仕事はかなりハードなので、基礎体力がある事も大切です。板金の設置や採寸は高所で行うので、かなり集中力を必要とします。基本的に一日中立ちっぱなしで仕事をしなければいけません。

工場に出勤する時と現場に直接向かう場合がありますが、基本的に朝が早く次の日の準備で夜遅くまで仕事をすることもあります。特に新人のころは先輩のサポートや見て学んだりと覚える事も多いので、長時間労働になりやすいでしょう。

集中力を必要とする仕事に加えて、しっかりと施工するために体が資本です。自己管理を行い、体調を崩さないようにしましょう。

絶対必要ではないが建築板金工に関する資格があるほうが有利

建築板金工になるには、資格が必要という訳ではありません。ですが、資格を取得していれば一定のスキルの証明になり、転職の際にも有利に働くことはあるでしょう。

将来的に独立を目指したいと思っている人なら資格は必要です。建築板金工として働く人が取得する資格の代表的なものは、建築板金工技能士が挙げられます。

建築板金工に向いている人、適性がある人

建築板金工になるには、持って生まれたセンスや性格的な部分が影響する事が多いと言えます。

コミュニケーション力は建築板金工の適性のひとつ

建築板金工に求められる適性として、まずはコミュニケーション能力が挙げられます。建築現場に関わる職人は建築板金工の他にも多数いますし、他の職人との交流もよくある事です。

建築板金工の作業としては建物の骨組みが出来た後に行う仕事でもあるため、仕上げに関わる別の職人と工期が重なる事が多いのです。自分の作業が終わった後には、お互いのフォローに回る事もあるようです。

場合によっては他の職人と会話することで仕事をゲットできる可能性もあります。コミュニケーションによって自分自身の視野を広げて、モチベーションを高める事も出来るでしょう。

建築板金工の仕事では誰とでも分け隔てなく会話が出来る高いコミュニケーション力がある人は適性があると言えるでしょう。

丁寧な仕事が出来る人は建設板金工の適性がある

建築板金工の仕事は、建物の仕上げで作業を行います。ですが、材料を一つ一つ切ったり、調整したりと少しづつ施工していく地道な作業です。

建物の構造によっても異なりますが、屋根と外壁の交わる部分や屋根同士が交差する箇所は十分に施工をしないと雨漏りが起こる原因になってしまいます。

なので、建築板金工としてコツコツと丁寧に仕事に取り組める人は向いていると考えられます。

暑さと寒さに強い人は向いている

建築板金工の仕事は基本的に外での仕事になります。当然季節関係なく外で作業を行うので、夏は直射日光を受けて汗だくで仕事をしなければいけません。

冬は冷たい風に晒されながら仕事を行います。高所での作業となると日照りや冷たい風を遮るものはなくなりますので、暑さと寒さに強い事が求められます。

季節によって変わる外での作業が出来る人は建築板金工として適性があると考えられます。

手先が器用な人も建築板金工向き

建築板金工は建築物によって変わる多種多様な壁や屋根に雨の侵入を防ぐために金属板をきれいに仕上げる必要があります。

職人の手作業で行う仕事なので、特殊な技能が求められる職業です。複雑な建物になると入り組んでいる場合が多く、きれいに納めるその作業は、まさに職人芸です。

もともと細かい作業が得意で手先が器用な人は建築板金工として向いています。

建築板金工になるための学校

建築板金工になるために学校に通う事は、建築板金工を目指す仲間に出会えるという事。仲間としてライバルとして時には励ましあい競い合える事は大きな魅力です。

板金の基礎が学べる専門学校

建築板金工になるには、専門学校に通う人が多いです。職業的にもかなり特殊なスキルが必要になる仕事です。

専門学校に通う事で、建築板金工に必要な基礎知識を学び、スキルを身につけることが出来るでしょう。すぐに現場で作業を行う事は出来ないですが、知識やスキルを専門学校で学ぶ事は大きな財産になるでしょう。

学校のカリキュラムを比較して学校選びを

建築板金工になるための専門学校は全国にあり選択肢としては豊富です。それでも学校によってカリキュラムは大きく異なります。現役の職人から直接的な指導を受けられる授業が用意されている事もあります。プロによる指導は現場の雰囲気をダイレクトに感じることが出来ます。

他にも資格取得サポートや就職支援などが手厚い学校なら、卒業後の進路に関しても安心できるでしょう。普段社会人として昼間働いている人は、夜間コースがある学校を選ぶことも良いでしょう。

学校によってもカリキュラムやサポート内容は違います。自分の理想とする建築板金工に近づけるように専門学校は比較して学校を選ぶようにしましょう。

大学でも建築板金工になるための勉強が可能

建築板金工になるために学校に通う選択肢として、専門学校以外に大学に進学することもあります。建築板金工としての大学の学びとして金属工学や機械工学、電気工学などが挙げられます。

建築板金工を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので、詳しくチェックしてみることも大切です。

修業を積み建築板金工になることも可能

建築板金工になるには、専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない決まりはありません。現場で働きながらスキルを身につける事も選択肢の一つです。

求人情報を検索すれば、全国的に求人があり、場合によっては未経験でも採用されることもあるでしょう。何もない状態で現場に飛び込んでいく事は必要な知識を早く身につけられるメリットがあります。

雇用形態としてはアルバイトや見習いなどからのスタートが多く、雇用面での不安定さはありますが、ダイレクトに現場で下積みながら経験を積むことが出来るのは大きな魅力です。

建築板金工になるには?まとめ

情熱や健康な体が建築板金工を続ける原動力に

建築板金工の仕事に対する情熱と体力。建築板金工になるには仕事が大変でも続けられる力が必要です。加えて、高所での作業が得意なことやコミュニケーション能力、手先の器用な人は建築板金工という職人の世界では強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格を取得していればより良いでしょう。専門学校や大学で建築板金工の基本を学んだり、建築板金工技能士の資格を取得していれば転職にも有利になると言えます。

建築板金工の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建築板金工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB