人事の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

人事の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは人事がどのような仕事をしているのかを知っていますか?一般的には1つの部署で1つの業務をこなすものですが、人事ではさまざまな業務を並行して行っています。今回は人事の仕事内容をはじめ、仕事に対するやりがいなどをご紹介していきます。就職や転職で人事を希望している方はぜひ参考にしてみてください。

人事とはどんな仕事?

人事の役割は「人」を有効活用すること

一般的に企業では「人」「物」「お金」「情報」という要素に分けられていて、人事はこれらのうち人の要素を担っている部署になります。つまり、人(社員)を有効に活用して、自分の会社をどんどん発展させることが人事の仕事となっています。

このような大きな役割を担う仕事ですが、特別な資格を必要とされているわけではないので、誰でも目指すことができます。しかし、人事部として働くためには必要なスキルがいくつかあります。

例えばですが、就職活動中の学生などに会社の魅力をしっかりと伝えるための「プレゼン力」、企業情報や社員の個人情報を口外しない「モラル」など、これらのスキルや適性は必須です。スキルは自分の力で時間をかけて身につける必要があり、適性は容易には変えられないため、目指すことはできても誰もがなれる仕事とはいえないでしょう。

必要な資格はないが採用の可否は企業によって異なる

人事には必要な資格がなく誰でも目指すことができる仕事ですが、入社する企業によって採用の可否が異なるといわれています。特に、未経験者の場合は入社しても人事部に配属することがないといわれています。

また、経験者であっても入社後の配属部署は企業側が決めることが多いそうなので、人事で働くためには入社後に希望を出して部署移動するというケースも少なくないようです。ちなみに、未経験者であっても、部署移動によって人事部で働くことができる企業もあるようです。

人事はコミュニケーション能力を向上できる仕事

人事の仕事は事務作業がメインではありますが、仕事内容の中には就職活動中の学生などに接する、社員の要望を聞くといった業務も含まれています。そのため、人事で仕事をしていると自然にコミュニケーション能力が身につく、または向上させることができるといわれています。

ですので、人との会話や話を聞き入れることができる方は人事に向いていますし、コミュニケーション能力の向上を目指して転職をされる方にはピッタリの仕事かもしれません。どんな仕事でも人との関わりはつきものなので、スキルアップを目指すことができるでしょう。

人事の仕事の具体的な内容

人材の募集・採用を行う「採用業務」

人事の仕事の中で特によく知られている採用業務は、その名の通り社員の募集や採用を行います。企業によっては正社員や非正社員によって人事部が担当する・しないを分けているところもあります。

他にも、採用可否を決める最終段階だけを人事が行い、それまでの対応はそれぞれの部署が担当しているところもあります。このように、企業によって人事が行う採用業務の内容は異なりますが、基本的には企業で働く人材の募集・採用を担当しています。

企業の目標達成を計画する「人事企画業務」

人事企画業務は、企業が持つ目標に達成するまでの計画を立てる仕事を行っています。部署の構成や人員の配置はもちろんのこと、社員が持つ能力を発揮できる仕組みを構成しています。企業を成長させるためにも必要ですし、社員一人ひとりが持つ能力を最大限に生かす重要な仕事といえるでしょう。

社員が働きやすい環境を作る「評価関連業務」

評価関連業務は、社員一人ひとりに対する評価をするだけでなく、成果に見合った報酬を付与する制度を作るのが仕事です。成果を上げた社員に対して評価をすることで、仕事に対するモチベーションを上げることができます。

また、高い評価を受けた社員に適切な報酬を与えるとともに、社員みなが働きやすい環境づくりに務めるのも人事の役割です。人材の多くは報酬や福利厚生が充実した企業を選ぶ傾向があるため、人材を集めるために、人事は会社にとって重要な役割を果たしているといえるでしょう。

新入社員の研修を行う「教育・研修業務」

教育・研修業務は、新入社員に企業の特徴や仕事内容に関する知識を教えるといった仕事を行っています。また、社会人としてのマナーを教えることも新人教育の一環となっています。さらに、一般社員から管理職になるという意識をもってもらうために、管理職を目指す社員の教育や研修も行います。また、管理職専門の研修もあります。

社員一人ひとりの成長は企業全体の成長につながるため、教育・研修業務を務める人事はとても重要な仕事を任されているといえるでしょう。他にも、社員に対して面談を行ったり、またはアンケートに答えてもらうなどの業務を行い、一人ひとりの意向をくみ取って、適性に合った配置に役立てたり、キャリアアップを希望する社員の教育研修に結びつけることも大きな仕事となっています。

労働時間や賃金を管理する「労務管理業務」

労働管理業務は、企業で働く社員の労働時間を管理することはもちろん、社員への給与計算など、賃金や労務の管理を行うことが仕事です。他にも、社会保険や育児休業など、福利厚生の手続きを行う業務も行っていて、社員が安心して働くことができる環境作りを行っています。

労務管理業務は会社経営に近いポジションで仕事を行っているため、働きやすい・安心できるといった環境づくりが重要となる業務です。また、会社のために働きたい、経営に「興味があるという方には、人事に中でもおすすめの業務といえるでしょう。

人事の仕事のやりがい

業務をこなすことに達成感を得られる

人事はそれぞれの業務のなかで複数の仕事を並行して任される難しい仕事なので、それらをスムーズにこなせることに達成感を得られ、やりがいを感じるという意見がありました。

人事は自分の仕事はもちろん、社員からの要望や問い合わせの対応も仕事の一環なので、大変な仕事ではありますが、人に喜ばれることに充実感を得る機会もあるでしょう。

採用した社員が楽しく働いている

やりがいを感じる意見の中には、自分が採用した社員が楽しく働いている姿を見ていると、「やっててよかった」と感じる方がいるようです。また、仕事を頑張って高い評価をもらっている社員の成長を見たときにも、やりがいを感じるという意見が多かったです。

企業を支えているという実感を得られる

人事の仕事は、どの業務も企業の成長には欠かせないものとなっています。そのため、人事として役割を果たすことで会社の業績が成長したときには、企業を支えているという実感を得られ、やりがいを強く感じるという意見もありました。

人事の仕事内容まとめ

人事にはさまざまな業務があり、企業や社員を成長させる重要な仕事

人事には、ご紹介した通りさまざまな業務によって企業を支えていて、働く社員たちの成長を促し働きやすい職場環境を作っています。人事といえば人に恨まれやすい、憎まれやすいといったイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際には職場の環境をよりよくし、企業を成長させる重要な役割を担っているのです。

人事は資格不要でできる仕事なので誰でも目指すことはできますが、人事で働く上で必要なスキルや適性があるため、人によっては向き不向きが大きいかもしれません。しかし、未経験でも希望を出せば人事に移動できる場合もあるので、会社のために働きたいというかたは、部署移動を申請してみるとよいでしょう。

また、人事の仕事を経験することによって、会社の仕組みがわかり、身につくスキルもあるので、キャリアアップやスキルアップを目指している方は、人事への異動の希望を検討してみてはいかがでしょうか?

人事の参考情報

平均年収450万円~550万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

人事の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB