人事の給与・年収は?企業の成長を担うため、他の事務職に比べて高めの傾向

人事の給与・年収は?企業の成長を担うため、他の事務職に比べて高めの傾向

さまざまな業務を担当する人事のお仕事ですが、給与や年収について気になるという方は多いのではないでしょうか?また、噂では年収1,000万円を目指せるといわれていますが、本当にそのような高収入を得ることが可能なのでしょうか?今回は、そんな人事の給与や年収についてご紹介していきます。

人事の初任給

人事で働く社員の初任給の平均は約16~20万円

新卒で入社した社員の平均年収は、約16~20万円といわれています。高卒や大卒などによって初任給が異なるようで、一番高い初任給をもらえるのは大学院を卒業されている方のようです。

大学院卒であれば約22万円を取得できるといわれているため、最終学歴によっては初任給から高収入を得ることができるといえるでしょう。ですが、高卒や大卒の方でも、経験を積むことで少しずつ給与を上げてもらうことができるため、基本的に学歴にこだわる必要はないといえるでしょう。

また、人事を目指す方の多くは大卒の方が多い傾向があるため、ほとんどの場合は初任給に大きな差はないようです。そのため、他の職種と比較しても人事の初任給は一般的な金額ではないかと考えられます。

企業によっては初任給が高いところもある

すべての企業ではありませんが、一部の企業では2018年に学歴を問わず新入社員の初任給を引き上げしているところがあります。そのため、入社する企業によっては、同じ人事で働く新入社員でも初任給に差があることがあるそうです。

また、初任給の引き上げを行っている企業ですが、企業名までは公開されていないようです。ですので、どの企業の初任給が高いのかは不明なため、入社を希望する企業の求人情報を比較してみると良いでしょう。

ちなみに、引き上げた場合の初任給ですが、14,000~20,000円ほどアップしているようです。高額な差が生まれるわけではありませんが、引上げを行っている企業であれば平均給与よりも高い初任給を得ることができるでしょう。

人事の平均給与の統計

人事の平均給与は約22.5万円

人事の平均給与は約22.5万円となっていて、人事以外の事務職と比較すると高めの水準となっているようです。人事は資格不要でできる仕事ではありますが、企業の成長や賃金の管理など、他の職種では知りえない知識が必要になるため、高い収入が得られるのではないかといわれています。

また、勤続年数が長くなれば給与アップも狙えるため、人事を約10年務めている方の中には毎月40万円の給与を取得している方もいるようです。さらに、人事に関する資格を取得していれば、さらに給与アップを狙うことができるといわれています。

ちなみに、社員の労働時間や賃金を管理する労務管理業務をされている方であれば、国家資格である「社会保険労務士」という資格を取得することで、給与面で優遇されるだけでなく、就職や転職でも有利になるそうですよ!

地域によって取得できる給与額が異なる

人事の給与ですが、地域によって取得できる月収が異なるようです。都心部の方では約20~50万円となっていますが、地方都市になると約15~40万円となっています。そのため、同じ人事で働く方でも就職・転職する地域によって給与が変わることも知っておいた方が良いでしょう。

特に高収入を求めている方であれば、このような情報はとても重要になるはずです。少しでも待遇の良い企業の人事で働きたいという方は、地域ごとの給与についても調べておく必要があるでしょう。

パートや派遣社員なら平均時給が約1,500円と高め

パートや派遣社員の平均的な時給は1,000円の場合が多いですが、人事であれば約1,500円と高めの時給となっています。勤務時間も基本的には8時30分~18時までと一般的な職種と何ら変わりないので、非正社員で働く方でも満足できる収入を得ることができるでしょう。

また、人事は多様な働き方に対応している仕事なので、家庭と仕事を両立させたいという方でも働きやすい仕事です。近年、家計のために共働きをされる家庭が増えているため、パートや派遣社員で高収入を目指すのであれば人事でのお仕事を検討されてみてはいかがでしょうか?

キャリアアップをすれば高い給与を得られる

平均給与は約22.5万円とご紹介しましたが、勤続年数はもちろんのこと、キャリアアップをすることで高い給与を得ることも可能です。つまり、一般社員から管理職にキャリアアップするだけでも、平均給与に比べて高い給与を得ることが可能になります。

管理職になれば一般社員と比べて責任のある立場になるため、その仕事量も増えてしまいますが、キャリアに見合った給与をもらうことができるので不満に感じることはないでしょう。人事で働く方で向上心を持っている方は、管理職を目指すとともに、高収入を目指してみてはいかがでしょうか?

人事の年収統計

人事の平均年収は約450万円

人事の平均年収は約450万円といわれていて、日本の平均年収と比べても高い水準となっています。そのため、高収入を目指している方の中には、人事へ部署異動される方や転職で人事を務める方もいるようです。

しかし、実際に人事で働く社員の方々は、仕事内容に対して年収が安いと感じている方もいるようです。感じ方は人それぞれなのでどちらが正しいとはいえませんが、決して低い年収ではないので、収入に関しては不満を感じることはないといえるでしょう。

大手企業に就職すれば高収入を得られる

人事で高収入を狙うのであれば、大手企業への就職や転職がおすすめです。というのも、大企業であれば企業自体の収入が多く、社員の年収にも反映されやすいからだといわれています。

ちなみに、人事に限らず大企業に勤めた場合は、平均年収よりも高い収入を得られる傾向があります。そのため、人事の仕事で高い年収を求めるのであれば、大企業への就職・転職を検討されてみると良いでしょう。

また、企業によって異なりますが、小規模な会社の人事でも良い待遇を得られる場合があります。ですので、就職や転職などをされる場合は入念に企業の下調べを行うことで、小規模な会社でも高収入を得ることができるかもしれませんよ!

資格やスキルがあれば年収1,000万円も夢じゃない

人事で年収1,000万円を貰えるという噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?調べてみたところ、結論からいって年収1,000万円は可能であることがわかりました。人事を募集している求人を見ていると、ハイクラスになれば年収1,000万円を超えているところも少なくありません。

ですが、これだけの高収入を得るためには、当然ですがそれだけのスキルや経験が求められます。誰でも簡単に取得できる年収ではありませんが、現在人事で長く勤めている方はもちろん、向上心のある方であればこのような年収の取得も夢ではないので、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

人事の給料・年収まとめ

人事の年収レベルは高め。頑張り次第で高収入を狙える仕事

人事の平均給与や年収レベルは、他の事務職に比べて高めの傾向があります。また、企業の規模や地域性の違い、さらに実際に行っている仕事の内容や部署内でのポジションなどによっても、収入額に大きな差が生まれる場合があります。ですが、日本の平均年収と比べても高いですし、頑張り次第では高収入を狙うことも可能です。

また、ハイクラスになれば年収1,000万円も夢ではありませんが、そこまで辿り着くためには人事に必要なスキルの習得と豊富な経験が必要です。人事はさまざまな部分に精通している必要があり、幅広い業務をこなす大変な仕事ですが、スキルアップを目指している方や高収入を求める方には向いている仕事だといえるでしょう。

人事の参考情報

平均年収450万円~550万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

人事の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB