電気工事士になるには何が大切?必要資格や向いている人の特徴を徹底解説!

電気工事士になるには何が大切?必要資格や向いている人の特徴を徹底解説!

電気工事のスペシャリストである電気工事士。一般家庭から建築現場、鉄道工事などあらゆる現場の電気工事に携わる電気工事士になるには、資格取得が必須です。電気工事士になるために必要な資格と共に、向いている人の特徴などをご紹介します。

電気工事士になるには資格取得が必須

電気工事士として働くためには「第二種電気工事士」「第一種電気工事士」のどちらかの資格を取得する必要があります。無資格で電気工事に携わることは法律違反になるため、電気工事士への就職を考えているなら、必ず資格を取りましょう。

資格がないまま働ける現場もありますが、現場の清掃や有資格者の電気工事の補助など、見習い的な仕事にしか従事できません。電気の配線や工事の仕事に興味があるなら、まずは資格を取ってからがスタートです。

電気工事士の資格について

電気工事士の資格には「第二種電気工事士」と「第一種電気工事士」があります。

二つの資格の違いは、工事できる現場の規模の大きさです。第二種電気工事士より、第一種電気工事士の方が、より大規模な現場での電気工事ができるようになります。

電気工事士になるには、まず第二種電気工事士の資格取得を目標にしましょう。

第二種電気工事士と第一種電気工事士の違い

第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの小規模な現場の電気工事のみ可能な資格です。上位資格である第一種電気工事士は、ビルや工場といった大規模な現場の電気工事に携わることができます。

これらの資格は国家資格です。取得した技術や知識を駆使して社会を支える電気工事のエキスパートとして活躍できます。

資格がなくても就職できる?

電気工事士の資格がなくても就職はできますが、資格がないとできる仕事は非常に限られます。たとえば、エアコンの取り付けや取り外しの工事、照明の取り付け工事といった、ごく単純なものだけです。配線をいじったりするような仕事は無資格ではできません。

そのため、電気工事士未経験や無資格の人も、基本的には資格取得を前提として就職します。電気工事に携わる職場に就職できたとしても、いつまでも無資格のままでは働けないでしょう。

電気工事士に向いている人、適性がある人

電気工事士の仕事は、電気工事の知識だけでなく様々なスキルが求められます。どのような人が電気工事士に向いているのか、適性がある人の特徴をまとめました。

電気工事に興味があるのは大前提

電気工事士になるのに最も大切なのは、電気工事に対する興味があることです。電気工事は複雑な技術や細かい作業が求められる仕事です。電気工事に興味がない人にとっては、理解するのも難しいような専門用語やルールもたくさんあります。

実際に電気工事士として活躍している人の多くが、小さい頃から電子機器に触るのが好きだったり、何かを分解して組み立てる作業が好きだったりと、電気工事に対する興味につながるなにかを持っています。電気工事を心から面白いと思える人なら、電気工事士として何よりも適性があると言えるでしょう。

新しいことを学ぶのが好き

電気工事の技術は年々進化しています。基本的な技術や知識は変わらなくても、より効率の良い工法や新しい機材などがどんどん登場する業界です。そのため、新しい技術を積極的に学ぶ意欲のある人は電気工事士に向いています。

資格を取って実際に就職してからも、現場ならではの専門用語など、覚えることは盛りだくさんです。与えられた指示だけではなく、自ら学ぶ姿勢がある人はどんどん伸びていくでしょう。技術書やネットを使ってこつこつ勉強したり、わからないことを調べることが苦にならない人は、いつまでも第一線で活躍できます。

報・連・相がきちんとできる

電気工事の現場では、自分以外にもたくさんの人が働いています。そのため「報告・連絡・相談」の三つがきちんとできることは大切です。

電気工事士の資格を持っていて技術や知識があっても、現場での最低限のコミュニケーションができなければ仕事になりません。電気工事士として経験を積み、大規模な現場に携わるようになるほど、情報をきちんと伝える能力は重要になります。

コミュニケーション能力に長けた人

工事現場では様々な人が働いているため、人と接することが得意な人は電気工事士として円滑に仕事を進められるでしょう。時には現場のムードを盛り上げたり、わかりやすく指示や説明をすることが役立ちます。

また、電気工事士として独立すると、営業活動などをすることもあります。電気工事士として必須のスキルではないですが、コミュニケーション能力があると何かと役に立つでしょう。

元気で体力がある

電気工事というと、細かい作業が中心の繊細な仕事というイメージを抱いている人もいますが、実際は体力勝負の仕事です。重い機材を持って現場を移動したり、屋外での長時間などの作業も日常茶飯事です。

また、集中力が必要な仕事なので、精神的にも非常に疲れます。元気で体力がある人でないと、電気工事士の仕事は務まりません。

電気工事士になるための勉強法

電気工事士になるためには、まず資格取得を目指しましょう。資格取得のためには学校に通ったり、対策講座を利用して独学で学ぶなどの方法があります。それぞれにあった勉強法で、憧れの電気工事士に向けて頑張りましょう!

電気工事士になるための学校

若い頃から電気工事士を目指すなら、工業高校や高等専門学校がおすすめです。また、大学や専門学校でも、電気科や工学科といった、電気工事の知識を学べるところがたくさんあります。

こうした学校は、授業の中で資格取得を目指しているところがほとんどなので、電気工事士の資格を確実に取得する近道になります。また、電気工事を専門に学ぶことができるため、資格を取得するだけでなく、より実践的なスキルや知識が身につくというメリットもあります。

未経験から電気工事士を目指すなら、職業訓練校を利用するというのもおすすめです。国や地方自治体が運営している職業訓練校なら、費用をかけずに電気工事士の専門知識を学べます。基本的に離職者向けのコースなので、受講するには条件があります。興味がある人は地域のハローワークなどで確認してみましょう。

社会人から電気工事士になるための学校選び

学生など若いうちから電気工事士を目指す場合は工業高校などに通うのが一般的です。しかし、社会人の場合は働きながら学ぶ必要があります。

社会人から電気工事士になるには、専門学校や職業訓練校のセミナーや講習会に参加するのが最も手軽です。費用も少なく短期集中で効率よく学べるため、忙しい社会人にぴったりです。ただし、試験に合格するためには、独学での勉強が重要です。

時間をかけてしっかりと学びたいという方は、夜間コースのある大学や専門学校に通うのもおすすめです。電気工事に関する専門技術をしっかり学べる上、卒業と同時に資格が授与される学校も多いです。

どちらのルートで学ぶかは人それぞれですが、社会人から電気工事士になるには効率よく学ぶことが大切です。自分のライフスタイルや仕事とのバランスを考慮して学校を選びましょう。

通信講座を利用して勉強する

既に社会人として働いていると、学校に通うのが難しい場合があります。そんな方は、通信講座を利用しての資格取得がおすすめです。電気工事士の資格取得のための通信講座は数多くあり、初心者でも自宅で気軽に学習を始めることができます。

電気工事士になるための通信講座選びのコツ

電気工事士の資格取得のための通信講座は、第二種電気工事士と第一種電気工事士の両方に対応しているところがほとんどです。未経験者はまず第二種電気工事士の資格取得を目指しますが、将来的に第一種電気工事士の資格取得も視野に入れているなら、講座選びの段階で上級資格の内容についてもチェックしておきましょう。

通信講座を申し込む際は、複数の講座を比較検討しましょう。費用と学習期間のほか、受講者へのサポートはしっかり確認しておきたいポイントです。通信講座は基本的に自宅での学習になるため、困った時の質問方法や課題の添削などのサポートが充実しているところを選ぶのがおすすめです。

働きながら資格取得を目指す

電気工事士として働くためには資格取得が必須ですが、資格を取るまで就職できないわけではありません。

電気工事士の求人の中には、無資格者や未経験者でも歓迎というものが数多くあります。特に近年は電気工事士の需要が伸び続けており、見習いとして働きながら電気工事士の資格取得を目指せる職場もたくさんあります。

もちろん資格を取ってから就職するのが電気工事士への一番の近道ですが、実務経験を積みながら資格取得を目指すという道も一つの手段です。

電気工事士になるには?まとめ

資格取得は絶対条件。まずは第二種電気工事士から

電気工事士になるには、資格が必ず必要になります。無資格でできる業務は限られているため、未経験者なら、まずは第二種電気工事士の取得を目指しましょう。

電気工事士の仕事は、何より電気工事に興味を持てるかどうかが重要です。また、細かい作業も苦にならず、常に丁寧に慎重な作業ができる人が強いです。重い機材を持って移動することも多く、集中力も求められるため、体力的にも精神的にもタフな人は電気工事士向きです。

電気工事士の資格を取得するには、学校や通信講座を活用しましょう。資格取得を前提として見習いとして就職するという手段もあります。自分に合った方法を選んで早く資格を取得し、電気工事士としてデビューしましょう!

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

電気工事士の関連記事

建築に関する他の職業KANREN JOB