テレビ局社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テレビ局社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テレビ局社員に必要な資格や試験を紹介し、テレビ局の顔となるような番組を手がけるためにはどのようにすれば良いのかを紹介します。テレビ局社員として活躍をするためには、名物社員になる必要があります。このページでは、テレビ局社員の資格や試験について紹介します。

テレビ局社員の資格とは?

テレビ局社員には、これが無ければ仕事ができないといった必須となる資格はありません。

テレビ局社員は資格よりもテレビ局社員に必要なスキルを磨くことを優先させましょう。

テレビ局員として役立つ可能性のある資格、試験

次のような資格や試験をとっておくと、役立つ可能性があります。もちろん、これらのスキルは直接的に必要なわけではありませんが、今後番組制作などに関わる上で役立つ可能性があります。

色彩検定

ここ最近の番組は、鮮やかな色のテロップを使って番組を華やかに装飾する番組が多くあります。また、クリエイティブなドラマ作品やドキュメンタリー番組を作る際に、色彩効果を使って視聴者に訴えかける映像を作ることもあります。

色彩検定の資格を持っていれば、映像を作るうえでどのような配色をすれば効果的な演出を施すことができるかを考えることができるので、ぜひ取得しましょう。

CG検定

番組では、オープニング映像にCG映像を用いて視聴者の視聴意欲を煽るケースもあります。最近では、CGデザイナーに映像を依頼することもありますが、テレビ局員がこの資格を持っていると、CGデザイナーに仕事を発注した際、的確な指示を出すことができ精度の高い映像を作ることが可能です。

また、番組予算がない時は自分でCG映像を作ることができるので、低予算でもクオリティの高い映像を作りあげることができます。

簿記

アシスタントプロデューサーやプロデューサーになると、映像制作だけでなく番組予算を管理する立場になります。予算表を作ることもあるので簿記の資格を持っていると、スムーズに予算に関する表を作ることができます。

テレビ局員にとっての試験

テレビ局員として必要な試験はありません。その代わり、ADからDに昇格、DからPに昇格する際は、試験をかねで番組のディレクターやプロデューサーに就くということもあります。ここからは、昇進するケースを簡単に紹介しましょう。

有名番組の演出を行う

ディレクター昇格試験として、有名番組のコーナー演出を任されることがあります。この時はAD業務を一旦やめて、ディレクターとして番組に携わります。

ここで良い映像を作ることができれば、ディレクターとして認められ昇進することができるというケースもあるので、ADからDに昇進したいという方は、与えられたチャンスを最大限発揮して取り組むようにしましょう。

パイロット番組のプロデューサーを担当する

ディレクターがプロデューサーに昇進する際、パイロット番組のプロデューサーとして企画を立ちあげることもあります。パイロット番組が成功しレギュラー番組に昇格した場合、プロデューサーとして認められます。

もちろん、番組が失敗してしまった場合は再びディレクターとして活動をすることになってしまうケースもあります。試験はないものの、常に新しい企画を立てて番組のプロジェクトを良い方向に持っていくことがディレクター、プロデューサーには求められるので、新規の番組募集を試験ととらえて働くとキャリアップをすることができるでしょう。

テレビ局社員の資格・試験まとめ

資格よりも情熱が大切な仕事

テレビ局社員は資格が必要な職業ではありません。資格を持っていなくても面白いテレビ番組を制作したり、「名物テレビ局員」のようになれるチャンスがあります。

これからテレビ局社員を目指すのであれば、「テレビで面白いものを表現したい」という強い気持ちを持って取り組むことが大切です。

情熱に加えて幅広い分野に知見を持ち、必要に応じてさまざまな資格を持っていれば、テレビ局社員として大いに活躍が期待できるでしょう。

テレビ局社員の参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テレビ局社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB