生産管理になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

生産管理になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

生産管理の仕事は工場など製造の現場では司令塔の役割があり、製造から出荷・納品までを管理する必要不可欠な存在です。メーカー企業に勤めている人が多いですが、アパレル系の生産管理として商社に就職する人もいます。生産管理になるにはどのような能力が必要とされるのでしょうか。

生産管理になるには何が必要?

生産管理になるために特別な資格は必要ないが、学歴を重視する企業もある

生産管理の仕事に就くために必ず取得しなければならない資格や、学ばなければならない知識はありません。

メーカー企業に就職し、生産管理の仕事に配属されれば誰でもなることができます。学歴も基本的には関係ありませんが、企業によっては最終学歴が大学卒業でないと生産管理の仕事には配属しないこともあるようです。「生産管理」という名目で募集を行わず、総合職や営業職として募集を行い、生産管理を行う部署へ配属されるケースもあります。

生産管理の仕事は工場や製造の現場全体の司令塔的な役割があります。そのため、実際に現場で働いた経験がある人の方が、全体の流れを熟知していて仕事をこなしやすい傾向があります。そのため、製造の工程作業などで数年間経験を積んだ後、昇進やキャリアアップという形で生産管理の仕事を徐々に任せていく方針の企業もあります。

違う業種から転職する人も結構多い?培ってきたスキルが必要とされることもある

生産管理の仕事は製造工程の専門知識を必要とされます。例えば、原材料の選別や業者の決定は生産管理担当者が行うことも多いです。原材料についての知識がなければ業務をスムーズにこなすのは難しいです。そのほか他部門と打ち合わせして、生産計画を見直したり、取引先と交渉したりするなど営業的な要素も必要とされます。

専門知識を必要とされる一方で、工場やメーカーとはあまり縁がない業界から生産管理の仕事に就く人も少なくありません。営業力やコミュニケーション力、工場のシステム関係の仕事経験があるなど、経験やスキルを生産管理の仕事に生かすことを期待してキャリア採用されることもあります。

もちろん専門知識は就任後学ぶ必要はありますが、他の業種・職種での経験は誰でも持っているわけではないので重宝されます。

コミュニケーションをとりながら交渉し、業務を進めていく「営業力」も必要

生産管理は製造現場を熟知し、製品に関しての知識も豊富で取引先と調整や交渉をする機会も多い仕事ですので、営業力も必要とされます。大きなメーカー企業であれば生産管理部門や営業部門など、業務内容によって部署や課が分けられていることも多いです。

生産管理の担当として経験を積んだ後、生産管理業務をこなすことで身に付けたスキルや知識を用いて、営業部門など他の部署に配属されることもあります。自身のキャリアアップや給与アップを目指す通過点の一つとして、日々生産管理の仕事をしている人も多いです。

自分の理想を追い求める、情熱や追求心が必要とされることもある

商品を製造する上で守らなければならない3要素があります。「QCD」=Quality(品質)、Cost(費用)、Delivery(納期)です。可能な限り最高の品質を守りながらコストを抑えて利益を出し、納期を守って製品を出荷するのが理想です。

3要素を守りながら、さらに自分の理想を追求した結果できた製品をお客様の手に届けたいという情熱や追求心も必要です。特にアパレルの生産管理を行う場合、デザイナーと自分が意図したとおりの出来になっているか、店頭に並べてお客様に買ってもらえるのかを強く意識します。

会社やプロジェクトによっては、デザインから素材選び、縫製工場の選定、発注まで、一連の流れをすべて行う生産管理担当者もいます。アパレルの生産管理は特に営業や総合職と言った色合いが強いと言えるでしょう。

学んだことを生かせる!服飾系の知識はあったほうが仕事をしやすいかも

アパレル系の生産管理の仕事は洋服やファッション小物のデザインをするデザイナーや、デザインを基にパターン(型紙)に起こすパタンナーとしての知識が必要とされることもあります。そのため、服飾系の専門学校を卒業した人は学んだ知識を生かすことができる場面も多いでしょう。

商品開発を担当するマーチャンダイザー(MD)とも関係が深い

アパレル系の生産管理の仕事において、マーチャンダイザーとは直接仕事をすることが多いです。マーチャンダイザーとは市場調査を行い、今後需要が増え利益につながる商品を開発する仕事です。

販売に関するプロモーション方法や販売数予測なども行います。商品を開発・製造するためには生産管理が必要です。マーチャンダイザーから生産管理が依頼を受けると、コスト面や納期など話し合い商品を作り上げます。生産管理の仕事とは関係が深い仕事です。

また、生産管理担当者がキャリアアップのために、マーチャンダイザーを目指すこともあります。商品を企画しどのように市場展開していくか決める立場のマーチャンダイザーは製造についても知識がないと現実的な販売計画を立てるのは難しいため、生産管理の経験が生かされます。

生産管理に向いている人とは?

いろいろな立場の人たちの間に立って、良好な関係が築ける人

生産管理担当者は立場上、いろいろな職種の人と相談をしたり交渉したりする場面が多いです。生産計画を立てるのも営業や企画部門の担当者の意見を反映させなければなりません。

会社によっては生産管理担当者が業者と価格交渉を行うこともあります。また納期に間に合わなかったり、予測できないトラブルが起きたりした場合は、納期を伸ばしてもらえるよう、交渉しなければならないこともあります。

また、製造現場の進捗状況や人員配置を管理するのも生産管理の仕事です。お客様である納品先の要求と現場の状況に落差が大きくなれば、製造にかかわる労働者から不満がでるなど、板挟みの状態になってしまうこともあります。人と話したり交渉したりするのが苦にならず、良好な人間関係を築ける人が生産管理に向いていると言えるでしょう。

データ分析から問題点を発見!高みを目指して試行錯誤ができる人

工場などモノづくりの現場では何度も試行錯誤を繰り返し、基本的にゴールはありません。

日々のデータを分析して問題点を見つければ改善するのは当然で、目立って悪いところがなかったとしても現状よりもっと効率的に製造を行えるよう試行錯誤し、利益追求する努力を怠らないようにする必要があります。

もちろん、問題に対して改善策を立てても思ったようにいかないことも多く、それでも試行錯誤を繰り返すことで、よりよいモノづくりを目指します。現状に対しての問題点を目ざとく見つけることができ、何度でも試行錯誤を繰り返すことができる粘り強い人が向いていると言えるでしょう。

何度も見直しながら先を見据えて計画を立てられる、予測する思考力がある人

経営や販売状況に応じて生産計画を立てるのも生産管理の仕事です。賞味期限が短い食品は短期的なスパンで製造・出荷が行えますが、大型機械など製造するものによっては数か月~数年単位で生産計画を立てる必要があります。

また、生産計画を見直すことなく進められることはほとんどなく、長期計画の場合は何度も見直しと修正が必要とされることもあります。長期計画を立てられるだけの先を見据える思考力と精神力も必要とされるでしょう。

生産管理に就くために学べる学校はある?

生産管理の仕事を行うために必ず取得すべき資格や学歴はありません。しかし、食品や化粧品、医薬品の生産管理の仕事をするためには食品衛生に関する勉強や科学系の学科を専攻していると就職しやすく、将来の選択肢を広げられます。

またメーカーの生産管理業務からキャリアアップしたい時や、将来的に商品開発に関係する仕事をしたいとと思った時に大学や専門学校で学んだことが役に立つこともあります。

「湘央生命科学技術専門学校 応用生物学科バイオコース」でバイオ技術を学ぶ

「湘央生命科学技術専門学校」は医療・医薬に強い学校で、将来就きたい仕事から学科やコースを選択することができます。

「臨床検査技術学科」「応用生物化学学科バイオコース」「応用生物化学科 動物看護コース」「救急救命学科」の4つから選ぶことができます。生産管理の仕事を希望するのであれば「応用生物化学学科バイオコース」がおすすめです。

入学直後からバイオテクノロジーの基礎知識から技術の習得をしっかりと身に付けることができ、進路に合わせた資格取得をサポートしてくれます。動物や植物、微生物を使用した実験実習も行われるので、知識・技術をしっかりと身に付けることができます。卒業生の多くは医療関連企業に就職しており、日々活躍しています。

バイオテクノロジーを学ぶからこそ取得できる資格もある!合格率も高い

バイオ技術に関する勉強をしているからこそ取得できる資格取得を目指せます。

例えば「中級バイオ技術者」や「実験動物二級技術者」では高い合格実績を誇ります。「実験動物二級技術者」は本来ならば1年以上の実務経験者を対象とした試験ですが、1年間バイオ技術の勉強を得て2年時には受験が可能です。

医療技術の向上や新薬の開発、食品の安全に欠かせない動物実験を適正に行うことができる資格です。基礎的な指導をわかりやすく指導するので、国家資格である「毒物劇物取扱者」の試験には1年時の夏前にチャレンジすることが可能です。

生産管理になるには?まとめ

生産管理になるには、希望のメーカー企業に就職して経験を積むのがおすすめ

生産管理の仕事に就くために必ず取得しなければならない資格はありません。新卒の募集では大卒以上の学歴を求められることが多いです。

工場に勤めていた人がキャリアアップして生産管理の仕事につき、他業種から転職する人も多いです。仕事上さまざまな人と話して交渉することが多いので、コミュニケーション能力や、問題に対して何度でも試行錯誤ができる粘り強い性格の人が向いています。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

生産管理の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB