脚本家の資格・試験とは?コンテストに出場し、賞を受賞することが最も有効な脚本家の資格

脚本家の資格・試験とは?コンテストに出場し、賞を受賞することが最も有効な脚本家の資格

脚本家になるために必要なこととは一体何でしょうか。脚本家として活動をするためには、脚本家として評価を受ける必要があります。それでは、評価をあげるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。このページでは、脚本家が評価をあげるために必要なことを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

脚本家の資格試験はある?

脚本家としての評価をあげるということが最も重要

脚本家には特にこれといった資格を取得する必要はありません。しかし、脚本家として活動する上では、「評価」がとても重要になります。

脚本家の仕事は過去の仕事が重要になるため、無名の脚本家は仕事を受けることがとても厳しいと言えます。それでは、どのような方法で評価をあげる必要があるのでしょうか。

脚本家として評価をあげる方法

コンテストに出場する

脚本家として最も良い方法は、コンテストに出場し賞を受賞するという方法です。無名の脚本家の多くはこの方法で脚本家としての知名度を上げています。賞で大賞を受賞すると、その後お試しで作品を手がけることができ、この実績をきっかけに脚本家として活躍することができます。

脚本家を志すのであれば、ただ作品作りをするのではなく、脚本家として出世するために必要なコンテストに出場することを心がけるようにしましょう。

知り合いのツテで紹介してもらう

コンテストに出場しなくても脚本家として活動できることもあります。知り合いに映画監督や劇団主宰をする方がいれば、脚本家の仕事を行うことも可能です。もちろん、知り合いだからといって仕事ができるのは初めのうちで、そこで評価されなければ仕事をもらうことができません。

もし、知り合いにこのような仕事をしている方がいれば、ぜひ脚本家として活動することができないか交渉をしてみましょう。

舞台脚本で評価される

コンテストに出場していなくても、舞台脚本で評価され仕事をもらうケースも少なくありません。舞台は日々公演が行われています。もちろん、有名な脚本家が舞台を手がけているケースもありますが、中には無名の脚本家が携わっていることもあります。

自分の書いた脚本の劇団が注目されれば、脚本を書いた方に仕事が舞い込むこともあります。とはいえ、この方法は運任せなところもあるので、確実に脚本家としてのキャリアを積みたいと考えているのであれば、コンテストに出場して脚本家としての評価をあげつつ、知名度を確立させていきましょう。

脚本家が出場できるコンテスト

それでは、脚本家が出場できるコンテストとはどのようなものがあるのでしょうか。脚本家が出場できるコンテストについて、詳しく紹介していきます。

テレビ局が主催する脚本コンクール

テレビ局が主催する脚本家に向けたコンクールに出場するという方法があります。各局毎年一回開催されているため、局数だけチャンスがあります。それでは、テレビ局の脚本コンクールはどのような特徴があるか詳しく掘り下げていきましょう。

応募者数

応募者数は局によって異なりますが、およそ2,000~3,000作品の中から優秀な作品が選ばれます。また、応募規定は局によってさまざまです。60分のドラマを想定したものから、30分程度の芝居を想定したものまで異なるので、それぞれの局にあった作品を作るようにしましょう。

大賞が決定するまでの流れ

応募された作品の中から、1次、2次審査を経て賞が決定します。大賞作品になれば、賞金とお試しでの作品上映が確約されています。もちろん大賞作品だけでなく、優秀作品、審査員特別賞などもあるので、大賞を取らなければダメということではありません。

コンクールで賞を受賞すれば、それなりに力があるということになるため、周りからも高く評価されることがあります。

大賞を取った後が最も重要

大賞をとってしまえばすぐに仕事がたくさん舞い込むということではありません。大賞をとった後どのような作品を手がけるかが脚本家にとってとても重要になります。大賞受賞後の作品で高評価であれば、1クール(3ヶ月で完結するドラマ)のドラマ脚本を手がけるチャンスが舞い込みます。

ここで、作品の視聴率が高ければ、新たなドラマでオファーを受けることができるようになります。逆に、全く評価されない脚本を書いてしまうと新たな仕事の話を受けることができません。

そのため、脚本家として最も重要なことは大賞をとって評価を一定数あげることではなく、作品を手がけたらその都度評価されていく必要があるということを覚えておきましょう。

脚本家として持っておいた方が良い資格

脚本家として生き残るためには、差別化をはかる必要があります。そのためには、脚本以外にもその人しか持っていない資格があれば脚本家として有利に活動することができます。

それでは、どのような資格を持っておいた方が良いのでしょうか。脚本家が持っておいた方が良い資格を紹介していきます。

TOEIC 英語力

最近では、海外ドラマが原作となった日本ドラマもたくさん登場しています。英語力があれば、海外のドラマを見た時に、海外ドラマの俳優がどのようなセリフの言い回しをしているのか直接感じ取ることができます。

そのため、日本向けに脚本を書いた際に原作に限りなく近づけることができるので、英語力があると良いでしょう。また、ハリウッドから脚本のオファーがある時に直接交渉しながら作品作りを手がけることができるので、英語力も必要であるということを覚えておいてください。

専門的な国家資格など

最近は、特定の職業をテーマにしたドラマも少なくありません。弁護士や医師など特殊な資格を持っている場合は必ずその資格で間違った情報がないか監修が入ることがあります。

しかし、その資格を持っていればその業界の正しい情報を理解しているので、監修が入ってもあまり修正がなく脚本を作ることが可能です。さまざまな資格が脚本に活用することができるケースがあるので、脚本家=今まで取得した資格が全く活用されないわけではないということを覚えておいてください。

脚本家のスキル・技術を学ぶ方法

脚本家として評価されるためには、さまざまなスキルを学ぶ必要があります。どのようにすれば、脚本家のスキルを養うことができるのでしょうか。

脚本家を養成する学校に通う

脚本家としての基礎を学びたいのであれば、脚本家を養成するスクールに通う方法を検討してみてください。脚本家の養成学校では、脚本家に必要な基礎的な知識を学ぶことができます。もちろん、知識を学ぶための場所なので、卒業すれば脚本家の仕事が舞い込むだけではありません。

もちろん、講師に才能を見出されれば脚本家として活動することができる可能性があるので、養成学校では自分の才能をアピールするようにしましょう。

脚本家に弟子入りをする

脚本家のスキルを学ぶ方法として、脚本家に弟子入りをしてスキルを学ぶという方法もあります。とはいえ、最近はあまり弟子入りをする方は少なく、知り合いに脚本家がいなければこの方法を採用することは難しいと言えます。

しかし、知り合いに脚本家がいれば最も早く脚本家として活動することができる可能性があるので、知り合いにいる場合はぜひこの方法で脚本家を目指すようにしましょう。

舞台の脚本を書く

脚本を実践的に学びたいのであれば、舞台の脚本をたくさん書く方法をオススメします。劇団の中には脚本制作まで手が行き届いておらず、脚本を外部の人に依頼するケースも少なくありません。もちろん、このケースでの脚本の報酬はあまり期待できません。

しかし、どのようなセリフを書けばお客さんの反応が良いのか、どのような作品が評価されるのかを肌で感じることができるので、スキルを飛躍的に向上させることができます。

脚本家の資格・試験まとめ

評価をあげることが、脚本家の地位を高める

脚本家として知名度を上げて仕事を行いたいのであれば、実績を作り脚本家としての評価を底上げさせる必要があります。評価をあげるためには、コンクールに出場し賞を受賞する必要がありますが、賞を受賞すれば一気に評価をあげることができます。

これから脚本家として活動をしようと検討している方は、脚本家のコンクールにたくさん応募し、自分の作品を評価してもらうようにしましょう。

脚本家の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

脚本家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB