脚本家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

脚本家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

一つの物語を映画やドラマ、アニメやゲームなどの見る形にするために必要な脚本家という職業。脚本家は具体的どんな仕事内容なのか、脚本家という職業のやりがいや脚本家だからこそ大変なことなどをご紹介します。

脚本家とはどんな仕事?

一つの物語を作る仕事

脚本家が作り出す脚本は、オリジナル作品や小説やマンガを原作として脚本を書くこともあり、活動の幅はテレビドラマや映画、ラジオドラマやアニメ、テレビゲームやスマホゲーム、舞台演劇など多岐に渡ります。

脚本家はよく物語の設計者とも呼ばれます。脚本家は脚本を作る際、映画やテレビドラマの場合は俳優のセリフや動き、場面状況の指定をしたト書きを作成します。この作成されたト書きの構成を元に映像作品を作り上げます。

脚本を作るだけではなく実際に撮影現場に出向くこともある

自信が手掛けた脚本で作品を制作していると、監督やプロデューサーから現場に来てもらうよう依頼が来ることがあります。

必要であれば現場関係者と打ち合わせを行い、そのまま脚本の手直しをする必要があるため、脚本を書き上げた後も自身の作品に関して手直しが必要になることもあるので、手掛けた作品の内容を常に把握しておく必要があります。

複数の脚本家と物語を作ることもある

テレビなどで長期的に放送されるドラマでは脚本家1人で脚本を作るのではなく、複数名やグループを作り協力して脚本を仕上げることもあります。

なぜ複数名で脚本を手掛けるのか?長期シリーズの脚本を作成する際1人の脚本家に負担をかけてしまうと、マンネリ化になり新しい展開を作り出すことが出来なくなる、アイデアの枯渇、体調不良で途中降板も起こる可能性があるからです。

見る人を飽きさせないためにも、何人もの脚本家がお互いに意見を出し合い質の高い脚本を仕上げ、完成させていきます。

中には複数名の脚本家だけではなく、テレビ局のスタッフや広告業界の関係者が宣伝上の理由により共同作業の一員として物語を作り上げる場合もあります。

脚本家の仕事の具体的な内容

構成を考える

脚本家は物語を文章化する仕事のイメージが強いかと思いますが、脚本家は物語の起承転結を考え、その場面毎でのセリフや舞台背景など、細かく構成を考える必要があります。

どのような順番で話が進んでいくのか、どのような人物を登場させるのか、一つの脚本ができあがるまでの多くの時間を「構成」を考える時間に使っている方が多くいます。

構成内容の確認も仕事の1つ

構成内容が出来たから脚本が完成するわけではありません。構成が作られたあと必ず構成内容の確認が行われます。

よく確認事項として挙げられるのは、登場人物のセリフが人間性に合っているのかの確認です。セリフやアクションの一つで物語の伝えたかったことが伝わらず、完成度の低い作品にならないためにも、脚本家は構成内容の確認には必ず立ち会う必要があります。

取材も大切な仕事

テレビ局や映画監督など依頼される内容によっては、脚本を作り始める前に取材をすることも脚本家にとって必要な仕事内容の1つです。

より完成度の高い映像作品を作るために、医療系の作品を作る際は医療関係の情報を集め、警察系の作品を作る際は警察関係の情報を集めるなど、図書館で情報収集や物語に関連する企業や経験者に話を聞くこともあります。

ゲーム業界は人手不足

脚本家の求人で現在多く募集がかかっている業種がゲーム業界です。特にインターネットを使用したソーシャルゲームやシミュレーションにおいての脚本家の求人募集が多くなっている傾向にあります。

なぜゲーム業界で脚本家の募集が多いのか?ネットに関連したゲームの業績は好調が続き、スマートフォンなどで誰でも手軽にゲームを始めることができる観点から、ゲーム開発の需要が高まっているためです。

ゲームの種類によっては世界観、ストーリーや物語の登場人物それぞれの物語など、脚本家として求められる機会が多いのも需要が高まっている理由の1つです。

脚本家自身で作品を作る

脚本家としての活動の場は映画会社やテレビ局、先ほどご紹介したゲーム業界と幅広くありますが、現在では脚本家自身で作品を作る方もいます。

主にYouTubeなどの個人で動画配信することができるサービスを利用して自作の作品を公開することで、脚本家として活躍している方が増えてきている傾向にあります。

脚本家の中核である映画・ドラマ・アニメについて

脚本家と聞いてどこで活躍しているのか思い浮かぶのは、映画・ドラマ・アニメではないでしょうか。脚本家の中核を担う3つのジャンルの仕事内容をご紹介します。

映画の脚本家は小説などの原作の長い物語を2時間前後に書き換える作業があります。単に書き換えるだけではなく、物語のどの部分を使うのかによって物語の内容が原作と異なった内容になる可能性があるため、重要な作業となります。また原作がない映画制作の場合は、脚本家が一から物語の構成を考える必要があります。

ドラマの脚本家は1話毎に盛り上がるシーンを織り交ぜ、視聴者に次回も見たいと思えるような構成を考える必要があるため、連続ドラマの脚本を作るための技術力が必要となります。

アニメの脚本家の場合はほとんど原作に沿った内容の脚本を作ることが多いです。原作がある場合は原作に基づき、話数が多いテレビアニメの場合は物語全体の流れを読み、構成を考えることから始まります。マンガの原作がない場合は、監督と脚本家が協力してあらすじを考えて脚本を作ることが多い傾向です。

さまざまな業種によって脚本家の活動方法が異なりますが、脚本家という仕事のやりがいはどんなところにあるのかご紹介します。

脚本家の仕事のやりがい

協力して1つの作品を完成させる

脚本家は小説家やマンガかとは違い、あくまで物語を作る仕事であるため、自身が作った脚本を映像に残すには現場の人々や俳優、監督と協力し合って完成品を作ることになります。

時には監督や俳優から突然物語の提案が入ることもありますが、作品に携わる全ての人とのチームワークで作り上げた作品が完成したときに大きな達成感を得ることが出来ます。

自身の脚本が評価されたとき

脚本家としてまだ実績がない時期は、テレビドラマや映画の脚本を手掛けることはできません。自身が脚本家として実績を積み上げることで、新たな活躍の場を広げることに繋がります。

自身の活動の場が広がるほど、多くの方に自身が手掛けた脚本を見てもらうことにも繋がり、評価されることにやりがいを感じる方もいます。

自身の作品が世間に影響を与える時

テレビドラマや映画は、時に世間に影響を与える力のある作品が送り出されることがあります。自身が手掛けた脚本を見た観客が感動し、泣いている、笑っている、面白かったと思ってファンになってくれることもあります。

自身の脚本を見た観客が自身の作品を認めてくれた、リアクションを見ることができた瞬間は脚本家として最高のやりがいに感じることでしょう。

脚本家の大変なこと

脚本家は感受性が高く想像力のある人に向いている職業です。脚本家として生計を立てるにはヒット作品を生む必要があります。

しかし、簡単に傑作を生み出すことはできません。自身にとって最高の出来だとしても、監督やテレビ局のプロデューサーに戻されることも多々あります。また修正点が多い脚本が多くなると評価も下がるため、スランプに陥ることもあります。

小説家やマンガ家などの想像力を最大限に使う芸術的な作業には、時に困難な作業に直面することもあるため脚本家には、地道な作業や努力が報われない時期に耐えられる精神力が必要な職業です。

脚本家の仕事内容まとめ

自身1人での作業の分仕事内容が多い

脚本家は自身が作成した脚本が映像化されることや高評価を得ることにやりがいを感じる魅力的な職業ではありますが、ほとんどが脚本家1人で登場人物の人間像やセリフ、舞台背景など物語の全てを作らなくてはいけません。

駆け出しの脚本家であれば収入はほとんど見込めず、脚本を作るための情報収集・取材にかかる時間を考えると割に合わないことも多いですが、ゲーム業界の好調も伴い脚本家の需要はこの先も高い職業となるでしょう。

脚本家の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

脚本家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB