脚本家の給与・年収は?基本的にフリーランスのため、脚本家の年収は売れっ子になれば青天井

脚本家の給与・年収は?基本的にフリーランスのため、脚本家の年収は売れっ子になれば青天井

テレビドラマや映画、アニメなどで活躍される脚本家は活躍する場によって給与・年収は異なるのか、脚本家の年齢によっても変動する給与や年収、脚本を書いたあとの収入についてなど脚本家の給与・年収についてご紹介します。

脚本家の初任給

脚本家はフリーランスであるため初任給の金額は異なる

脚本家は一般的なサラリーマンと違い個人事業主となるため、仕事の依頼がなければ収入をほとんど得ることが出来ません。

新人脚本家のほとんどは、コンクール受賞をきっかけにスタートラインに立つことが出来ます。受賞することで自身は脚本家としての能力や技術があるのだと証明になります。脚本家の中には映像制作会社に勤め、脚本以外の仕事に携わりながら脚本家としての活動をしている方もいます。

所属する企業によって給与は異なりますが、初任給は平均して22万円と考えられます。一般的なサラリーマンよりは下回る給与額の企業が多いです。

コンクールによって賞金が異なり、脚本家として活動を始めたとしてもすぐに仕事を依頼されることはほぼないため、副収入を得るためにアルバイトをして生計を立てている方も少なくありません。

新人の脚本家のほとんどは年収が100万円に満たないことが多いため、本業を別に持ちながら趣味として脚本を書いている方もいるようです。新人脚本家の収入は低い傾向ではありますが、脚本家の平均給与はどれほどになるのかご紹介します。

脚本家の平均給与の統計

業種別、テレビ局別、依頼方法で金額に差がある

基本的に脚本1つの料金の計算方法は、「放送時間の1分当たりの料金」「1話当たりの料金」「1つのプロジェクトに対しての料金」などさまざまあります。

予算によって発注される単位も異なりますが、脚本料を大まかに例えると一時間程度のテレビドラマの場合は1本あたり約60万~100万円、有名な脚本家になると1本数百万にもなります。

3カ月ほどの期間放送されるシリーズになると約1,000万円を超えることもあるため、月の給与で換算すると約300万円以上になります。

またラジオドラマの場合は、1話1時間の報酬は約10万円前後のことが多く、仮に毎週放送されるとなると月の給与額は30万円以上支給されることになります。

番組を制作する側からの依頼に統一性はないため、1話1時間何円もあれば1話ではなく1分何円、1つの企画あたり何円と依頼のされ方も多岐に渡ります。

実績が収入に影響する

テレビドラマの脚本を1本手掛けることで約60万円以上支給されるなど、支給される金額を見るだけだと脚本家は多くの収入を得られる職業なのではと思いますが、実績が物をいう世界であるため実績がない期間中は、過酷な労働環境に身を置くこともあります。

脚本の契約次第で報われないこともある

駆け出しの新人脚本家は当然無名であるため、手掛けた脚本1本の単価も下がります。新人の脚本家で有望株の場合1話当たり数万円で依頼し、買い切りという取引後の商品は仕入れ側に移転する形になることもあります。

買い切りの形の場合、仮に自身が手掛けた脚本がヒットしても別収入を得られない契約もあります。脚本を書くのもかなりの重労働であるに関わらず、報われないこともある過酷な職業といえるでしょう。

脚本家の職業は完全実力主義といえるシビアな職業ではありますが、多くの脚本を作ることで脚本家としての自身を多くの方に見てもらうことで脚本家としての活動域が広がることもあります。

仕事を依頼されて納品することで報酬が支給される脚本家の平均年収額はいくらなのか紹介していきます。

脚本家の年収統計

業種別で年収が異なる

脚本家に支給する報酬額は業種やテレビ局によって異なり、売れている脚本家の年収は約1,000万円以上にもなります。駆け出しの脚本家はまず1つの単価が低いので、年収100万円に満たない方がほとんどといわれています。

しかし、脚本も業種によって報酬額がさまざまです。アニメの脚本を手掛ける場合は1話につき約20万円前後となっており、全10話のアニメですと合計で約200万~300万円の報酬額になります。

ゲーム業界でも脚本家は活躍します。テレビゲームやスマホゲームのシナリオライターの多くはゲーム会社の社員として勤務します。平均年収は約400万円となり、一般的なサラリーマンほどの年収額になることが多いです。

テレビドラマは放送時間1分につき約1万円の報酬が決まっていることがあります。これをふまえて平均的に1話につき約60万~100万円ほどの報酬が支払われることになりますが、ベテランの脚本家になると約80万~120万円の報酬額になります。また、脚本家としてのキャリアが数年と浅い場合は、約40万~60万円が平均的な報酬額になることが多いです。

全13話のドラマだとすると、合計で約800万~1,000万円の報酬を得ることができます。また戯曲と呼ばれる舞台の脚本の場合は、1本につき約15万~30万円が相場となっており、テレビドラマや映画と比較すると高額な報酬にはなりません。

ドラマの脚本を手掛ける場合、深夜の時間帯に放送されるドラマよりもゴールデンタイムに放送されるドラマの脚本を手掛ける方が報酬額は高額になる傾向があります。しかし、ゴールデンタイムのドラマの脚本を依頼される脚本家は、基本的にヒット作の経歴を持つベテラン脚本家や人気が高い脚本家ばかりです。

最近ではインターネット配信されるドラマやwebドラマなどがありますが、報酬額はゴールデンタイムのテレビドラマが高額収入を得ることが出来ます。たくさん脚本を出さなければいけない新人脚本家の多くは、webドラマや深夜ドラマなどの細かい脚本を手掛ける脚本家もいます。

実績を作り安定した収入へと繋げる

脚本家は特別に必要な学歴や資格は必要ありません。誰でも脚本家を始めることが出来ますが、いい脚本を作り続けることができる技術を持ち、シナリオコンテスト等で入賞を果たすことで脚本を依頼する側の目に留まることで、脚本家デビューの道が開かれます。

デビューを果たせたとしても、すぐに大きな映画やドラマの脚本を手掛けることが出来る訳ではないので、自身が今作ることが出来る脚本を作り続けることで実績となり、脚本家としての安定した収入を得ることが出来る可能性が広がります。

映画の脚本を手掛けると二次使用料の収入を得ることが出来る

映画の脚本を依頼されると全国で上映される映画の場合は1本約300万~500万円の報酬を得ることが出来ます。しかし、一部の映画館で上映される映画の脚本の場合は1本約100万~300万円の報酬額になることが多いです。

自信が手掛けた脚本の映画がBlu-rayやDVD化などのグッズが販売されると、二次使用料が発生するためさらに収入を得ることが出来ます。この二次使用料が発生すると年収は約1,000万円になることもあります。

年収1,000万円の脚本家は一握り

ここまで業種別で年収額をご紹介しましたが、ドラマや映画の脚本の仕事が依頼されるようになるには、地道な努力の積み重ねで舞い込んでくる仕事です。

人気の高い脚本家は年収1,000万円以上すぐに稼げるようになりますが、脚本家のほんの一握りの方であることを覚えておきましょう。脚本家として活躍し成功するには、自身の脚本がヒットしなければ安定した収入を得ることが難しいといえるでしょう。

駆け出しのころは脚本の仕事を副業として、コツコツと自身を売り込み脚本の仕事で生活を送れる収入が見込めたときに脚本家として転職する方が多くみられますが、1度のヒット作品で終わらず継続して仕事が依頼されるように活動をし続けなければいけない厳しい職業です。

脚本家の給料・年収まとめ

ヒット作品が出ると年収が跳ね上がる職業

脚本家の職業は新人の頃は脚本だけでは生計を立てることは難しいですが、数多く手掛け脚本家として経験を積むことでより高額な報酬の仕事を依頼されるようになり、また人気が出ることもあります。

いつどこで自身の手掛けた脚本が注目されるのかわからない先の見えづらい職業ですが、脚本を書き続けることで大きな報酬を得ることが出来る仕事の依頼を受けたときに、柔軟にそして迅速に対応することが出来ることでしょう。

脚本家の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

脚本家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB