生産管理の給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

生産管理の給与・年収は?初任給やボーナス、支給される手当まとめ

生産管理の仕事に就くと、工場などの製造の現場で原材料の選定から在庫管理・品質管理・進捗状況など、納品まで一連の流れを管理します。メーカー企業に就職して仕事を行いますが、給与や年収はいくらくらいもらえるのでしょうか。また、生産管理の仕事で高収入を得ている人はどのような条件で働いている人なのでしょうか。

生産管理の初任給

企業の規模や何を製造しているか、学歴などが初任給に響くかもしれない

生産管理の仕事は新卒が配属されることが少ない仕事です。製造の現場を熟知した経験と判断力、在庫管理や品質管理、納期など業務内容も広いです。

また、商品の品質や期限内に納品することは、顧客への信頼にもかかわり責任が大きい仕事ともいえるでしょう。しかし、新卒を配属して一から仕事を教えるなど、人材教育に力を入れている会社もあります。製品管理の仕事は複数人で担当するメーカーが多いため、ベテラン社員が新入社員に指導士ながら仕事を教えることも可能です。

生産管理の仕事をするには、まずメーカー企業に就職して生産管理を行う部署に配属される必要があります。メーカーに就職した時の大学新卒の初任給は20万円~25万円程度とほぼ平均的です。金額に差があるのは、大学や大学院で専門的な知識と技術を学び、専門職に就いた場合などです。単純に大卒と大学院卒の学歴の差で、初任給に差をつける会社もあります。

製造業に携わるメーカーは非常に多種多様です。例えば食品製造を行うのもメーカーですが、製造するものによってさらに細分化されます。例えばパン・菓子類・畜産食糧・調味料・油脂類など食品の中でも分類できます。他にも機械工業・鉄鋼業・科学工業・医薬品など、すべてメーカーが存在します。

大手企業だけではなく、日本全体の製造業を支える中小企業も多いです。初任給をはじめとする給与面での待遇は就職した企業の規模や、製造している製品の違いなどにも影響されます。

転職でキャリア採用された場合、経験やスキルで初任給が異なる

他業種・他職種から製造管理の仕事に転職する人も多いです。その場合の初任給は年齢やキャリア、持っている能力によって変わるので一概には言えません。新卒で入社した人と同様、企業の規模や業種にも左右されます。

他業種から転職する人のキャリアはさまざまです。営業職をやっていた人やIT関連のシステム管理を担当していたという人も意外と多いです。しかし、製造業を中心に営業をしていたり、工場のシステム構築を行っていて生産管理の仕事に転職したりなど、職種は違っても前職で製造業と何らかの関わりがある人の方が多いと言えます。業界の知識がある分スムーズに仕事が進むでしょう。

生産管理は経験や製造する製品、原材料に関して専門知識は必要ですが、特別な学歴や資格がなくてもなれる仕事です。一般的な営業マンが身に付けている営業スキルやコミュニケーション能力、ITスキルやデータ分析に関する知識の方が重宝されることがあります。

生産管理の平均給与

生産管理の月々の給与は、一般的な会社員と比べると高い?安い?

生産管理の給与は、メーカーの規模や何を製造するかによって大きく異なるので、一概に言うのは難しいです。

平均年収から推測するところ、30~40万円ほどの給与をもらっている人が多いのではないかと思われます。一般的な会社員とさほど変わらない水準です。保証が手厚い企業であれば、これに加えて福利厚生が手厚くいことが多いです。具体的には住宅手当や家賃保証、家族手当などです。

製造業で工場とも関係が深いけど、深夜手当は基本的にない職業

生産管理の仕事は工場の製造などにかかわる仕事ですが、作業工程に加わったりはせず、データ分析や進捗状況を確認することで製造にかかわることが多い仕事です。企業の方針によって異なりますが、深夜勤務はほとんどないと思ってよいでしょう。

工場の製造工程で仕事をする人の中には、夜遅く働くことでつく深夜手当などで全体的に収入が上がることがあります。生産管理は確かに製造工場にかかわる仕事ですが、一般的なサラリーマンと同様の時間帯に働くことが多い仕事です。

海外勤務はリスクが増えて大変だが、収入面では充実するかも

最近の製造業では海外の安い労働力に目を付け、海外工場を持っているメーカーも多いです。労働者は外国人ですが、管理をするのは本社から派遣された日本人でなければ生産計画に沿ったモノづくりができません。そこで、会社は生産管理担当者を海外にある工場の近くに住まわせ、海外駐在員として工場を管理させます。

海外への出張などではなく、海外駐在員として海外転勤になった場合、手当てがつきます。会社にもよりますが、日本の給与所得の1.5~1.8倍ほどの手当てがつく会社もあるようです。生活環境を変え、住み慣れない外国へと派遣されるわけですから、生活環境に対するサポートも手厚いです。例えば会社が家賃を全額支給してくれたり、移動手段である車と運転手をつけてくれたりすることもあります。これらは外国で生活する上での安全管理の一環でもあります。

また、家族を連れて海外転勤をしている場合は、子どもがインターナショナルスクールに通う費用を一部負担してくれたり、語学学校の費用を出してもらえたりすることも多いです。海外で生産管理の仕事をする場合は、経済的に思わぬ恩恵を受けることがあるでしょう。

しかしその一方で、海外情勢は常に一定とは限らず危険も多いです。食事や住居など生活が仕事によって一変してしまうので、かなりの負担も強いられます。その対価としての手当てともいえるでしょう。

生産管理の平均年収

生産管理の年収は一般的な会社員と同じくらい、ボーナスで差がつく

メーカーで生産管理の仕事をしている人の給与のボリューム層は400~500万円ほどと推測でき、一般的な会社員とあまり変わらない水準です。年収の場合、ボーナスの有無にも関係してくるため業績不振でボーナスカットされた場合や、もともとほとんどボーナスが出ない会社では年収が下がってしまいます。

成長の可能性があるなら焦らなくてもいいかも!経験が大きな武器になる

生産管理の仕事は経験が大きな武器になる仕事です。今までどのような業種のメーカーで仕事をしてきたか、どのような工場の生産管理をしていたかなどは会社に評価される重要なポイントです。

生産管理の仕事はメーカー企業にとっても利益や顧客との信頼関係にかかわる大事な役割です。しかし勤める会社にもよりますが、生産管理の仕事は若いうちからとびぬけた高収入を得ることは少ない仕事です。どのような企業に就職し、どの業界にいるかという環境的要因も大きいです。勤続年数も浅く、伸びしろがあると感じるのであれば、じっくりと時間をかけて生産管理の経験やスキルを伸ばしていくのもおすすめです。

直接的に収入を上げるわけではありませんが、生産管理の知識や理解を深めるために資格の勉強をしてみるのも良い選択肢です。例えば「ビジネス・キャリア検定試験」の「生産管理」分野では細かな業務内容に分けて試験が行われるため、専門的な知識を深めやすいです。

また、企業内でのスキルを計る指標になる資格でもあるので、転職する際に履歴書に書くことも可能です。

海外とのやり取りが多ければ語学力は収入アップにつながるかもしれない

ファッション・アパレル系の生産管理の仕事は、商品の製造から記事の選定、サンプル発注、縫製工場の確保など、ファッションアイテムの製造に関する業務をこなす仕事です。店舗に納品するまでの流れを、マーチャンダイザーやデザイナーなどと協力しながら主軸となって動きます。そのため、縫製工場への指示や交渉を行う機会も多いです。

洋服やファッション小物を製造する工場もコストカットを図るため、アジア圏にあることが多いです。アパレル系の生産管理者は海外の工場に直接指示を出し、交渉する必要も出てくるため、商談に使えるほどの語学力を身に付けると年収アップにつながる可能性が高いです。

語学力を示す手段としては、現場で使えるのは大前提です。しかし実践の場以外にも、TOEICやTOEFLで高得点を出し、検定などで上級を狙う方法があります。仕事で使えるレベルの語学力があるのに、評価や収入に反映されない場合は、語学力がある生産管理者を求める会社への転職を、選択肢にするのもいでしょう。

ただし、大きいアパレルメーカーでは優秀な人材が集まりやすいため、語学に対しても求められるレベルが高い可能性があります。逆に、中小企業の場合は社員の数も少なく人材が少ないため、語学力のレベルを問わず、少し使える程度でも歓迎してくれる会社があります。

待遇や自分が働きたいのは大企業か中小企業か、仕事内容と扱う商品などについてよく考えたうえで転職を決めるとよいでしょう。

生産管理の年収・給与まとめ

生産管理の給与や年収は一般的な水準!収入アップを狙ってみよう!

生産管理の仕事の給料や年収は一般的な会社員とあまり変わらない水準です。しかし、メーカー企業の規模や製造しているものによって、給与水準やボーナス、年収はかなり変わってきます。

福利厚生も大企業の方が手厚い傾向にあります。年収をあげたいのであれば、生産管理者の経験と知識をじっくり積み、海外に工場があれば海外派遣に積極的になるとよいでしょう。海外とのやり取りが多い企業であれば語学力を付けるのもおすすめです。

生産管理の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

生産管理の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB