テキスタイルデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

テキスタイルデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ファッション界で縁の下の力持ちと言われる仕事が、テキスタイルデザイナーです。彼らの仕事は衣類に必要不可欠な生地を手がける仕事です。実際にどのような流れで生地が作られているのか、今回はテキスタイルデザイナーが手がける仕事内容をご紹介していきます。

テキスタイルデザイナーとはどんな仕事?

テキスタイルデザイナーは、アパレルメーカー、小物メーカーをはじめ、さまざまなアパレルブランドで必要とされる仕事です。テキスタイルデザイナーが実際に行なっている仕事はどのようなものがあるのでしょうか。テキスタイルデザイナーが行う仕事内容について紹介していきます。

生地をデザインする

ファッションデザイナーが考えたデザインを実現させるためには、生地がとても重要になります。ファッションデザイナーがイメージしていた生地をどのようにして形にするかはテキスタイルデザイナーにかかっています。

一流のテキスタイルデザイナーになれば、さまざまなブランドメーカーの生地制作を担当することになるので、仕事の幅も多くなるという特徴があります。

オリジナルの生地を手がける

テキスタイルデザイナーは、今までにない生地を提案することもあります。おしゃれな服になれば、特徴的な生地を作ることも必要になります。また、ブランドによっては得意とする生地・デザインがあります。それらを考慮した上で、今までブランドが開発してこなかった生地を提案することもあります。

テキスタイルデザイナーは、注文されたものをただ作るだけでなく、オリジナルの生地を提案することもあるので、独創的なアイデアが時には必要なことがあります。

サンプルイメージを提案する

クライアントから依頼があった時に、完成品をいきなり作るのではなくクライアントが考えているイメージに限りなく近いものをサンプルとして提案することがあります。この時、実際の生地を用いてサンプルを作ることもあれば、写真やイラストで伝えることもあります。

そのため、テキスタイルデザイナーに手芸のスキルだけでなくイラストレーターやフォトショップといったデジタルなスキルも求められます。

テキスタイルデザイナーの具体的な仕事内容

テキスタイルデザイナーは生地を作る仕事ですが、簡単な工程で生地が作られるわけではありません。それでは、どのような工程で生地が作られているのか詳しく説明をしていきます。

クライアントとの打ち合わせ

テキスタイルデザイナーになると、さまざまなクライアントと打ち合わせ、要望された生地を作りあげることになります。この時、クライアントとの会議を行うことでクライアントが想像しているイメージを同じでなければなりません。

クライアントが何を求めているかを察知する

生地は、具体的な色や絵を指定することもありますが、中にはざっくりとしたイメージのみでしか情報を共有しないこともります。このような場合、テキスタイルデザイナーはクライアントが喜びそうなデザインをイメージしながらデザインを手がけないといけません。

場合によっては、イメージしていたものが全く違うと言われることもあります。提案したものが全く違うと、テキスタイルデザイナーとして指名されない可能性があるので、クライアントの完成イメージと自分がイメージしているものが本当に同じかを確認しながら作り上げるセンスも問われることになります。

生地を作り上げる

クライアントとの打ち合わせが終わったら、実際に依頼のあった生地作りの工程に移ります。生地を作る上では、ただ良いデザインのものを作るだけではいけません。衣服やカバンには機能性が求められることがあります。

いくらデザインがよくても着心地が悪ければ商品として成立しません。どのような生地にすると機能性がよくなるか、テキスタイルデザイナーが考えることになります。良いデザインと機能性を兼ね備えたデザインを手がけることができれば、クライアントからも喜ばれ、次の仕事につながる可能性があるので、テキスタイルデザイナーの腕の見せところだと言えます。

染色方法も検討する

テキスタイルデザイナーは、生地の染色方法を検討することもあります。染色方法はどのようにすべきか、イメージにぴったりな色合いにすればどのようにすれば良いか色彩感覚も問われることになります。良い生地ができても色が悪ければボツになってしまうこともあるので、色彩感覚が必要になります。

チームワークを駆使しして完成へ

テキスタイルデザイナーが考えた生地を提案し、修正点を確認し問題がなければ納品になります。この時、1着しか手がけないものであれば、生地のコストを考えなくても良いですが、製品版にする時に生地を変更することもあります。

大量生産用の生地はどうするかをパタンナーと相談しながら作りあげることもあるので、テキスタイルデザイナーだけで生地が完成するわけではなく、連携を取りながら生地を作り上げていくということを覚えておくことをオススメします。

テキスタイルデザイナーの仕事のやりがい

テキスタイルデザイナーの仕事はどのようなところにやりがいがあるのでしょうか。ここからはテキスタイルデザイナーの仕事のやりがいについて解説していきます。

自分の作ったものが世に出回る

テキスタイルデザイナーは、表には出ないものの自分が苦労し手がけたものが街で並ぶこともあります。日本だけでなく世界中の人が、自分が苦労して手がけた生地の服を着ていると考えると、なんとも言えない達成感があります。

この達成感を味わえるのは生地を作ったテキスタイルデザイナーだけなのでこの仕事の特権と言えます。テキスタイルデザイナーはやりがいが多い仕事だと言えるでしょう。

努力が評価される

テキスタイルデザイナーの仕事は、自分で苦労したノウハウが評価されることがあります。評価は国内にとどまらず、世界から評価を受けることもあります。自分の努力が目に見える形で評価され、場合によっては海外進出のきっかけにもなるので、努力が決して無駄にならない仕事です。

自分にしかできない仕事を作ることができる

テキスタイルデザイナーの仕事は職人の仕事なので、技術が向上すればあなたしかできない仕事というものが現れます。このような仕事を多く手がけることができれば、テキスタイルデザイナーとして仕事が無くなる不安はなく、生涯を通して取り組むことができる仕事になることもあります。

テキスタイルデザイナーになった時は、自分しかできないオリジナルな柄を考えて色々なところに積極的に売り込んでいくようにしましょう。オリジナリティがあることで、他のデザイナーと差別化を図ることもできます。

テキスタイルデザイナーの仕事は、オンリーワンの仕事でもあるので、努力をすればするほどライバルとの差を広げることができます。これからテキスタイルデザイナーになる方は、独創性を持った上で仕事を取り組むようにしてください。そのためには、アートな作品にたくさん触れ自分のスキルとして活用できるようにしておきましょう。

テキスタイルデザイナーの仕事内容まとめ

発想力で世界を相手にすることができる仕事

テキスタイルデザイナーは、カバンや衣服を作る際に大切な生地を作る仕事です。テキスタイルデザイナーとしてのスキルが上がると、あなたしか取り組むことができない仕事が舞い込んでくることもあります。

芸術的センスとバランス感覚がテキスタイルデザイナーには求められるので、これからテキスタイルデザイナーを目指そうとしている方は、このようなスキルを身につけて仕事に取り組むようにしましょう。スキルが上がれば、世界を相手にして仕事を行うことも可能です。ぜひご検討ください。

テキスタイルデザイナーの参考情報

平均年収350万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テキスタイルデザイナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB