編集者になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

編集者になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

書籍、雑誌を出版する上で欠かすことができない編集者になるにはどのようなことが必要かご存知でしょうか。このページでは、編集者になるために必要なことは何かを紹介します。適性のある人物像なども詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

編集者になるには何が必要?

編集者になるにはどのようなことが必要なのでしょうか。編集者に求められるものについて紹介していきます。

文章を読むことが好き

編集者になるには文章に触れる機会が多くなるため文章を読むことが好きという人でなければなりません。編集者になると、ライターや作家以上に誰かが書いた文章を客観的に読んでいくことになります。場合によっては、1日に大量の文章を読むこともあります。

そのため、編集者になるのであれば大前提として、文章を読むことが好きでなければ勤まらないということを覚えておきましょう。

文章を作ることが好き

文章を読むだけでなく、文章を作成するスキルも編集者には求められます。作家やライターが書いた文章をそのまま採用するのではなく、この言い回しにすれば、読者に良い影響を与えることができる、言い回しを変えて雑誌の独特な世界感を作り上げるなど、さまざまな仕掛けを作ることができます。

文章を作ることが好きな人でなければ、このような発想を思いつくことができません。編集者には文章を読むだけでなく、書くスキルも必要であることを覚えておきましょう。

着眼点

編集者は、独自の着眼点も必要なスキルになります。同じ分野を取り上げるとしても、着眼点が鋭いものでなければ、読者の心を刺すことができません。そのため、編集者には独自の発想で企画を考えることが求められ、面白い企画を考えるためには着眼点が必要不可欠になるということを覚えておきましょう。

もし、これから編集者を目指すのであれば、自分しか考えつかないような着眼点は何かに注目をしておくと良い編集者になることができる可能性があります。

編集者に向いている人、適性がある人

編集者に向いている人や、適性のある方はどのような人物なのでしょうか。ここからは、編集者として適性がある方、編集者に向いている方の特徴を詳しく紹介していきます。

向いている人

編集者に向いている人は、どのような人物なのでしょうか。編集者に向いている人の特徴を詳しく紹介していきます。

発想力がある

編集者には発想力が求められます。発想力がなければ良い作品を世に生み出すことができません。そのため、編集者には面白い書籍、雑誌の企画を考える発想力が必要になります。

発想力というと、その人の持った才能と言われますがそうではありません。世間の中の情報をどの程度知っておくかということも重要になります。そのため、発想力を鍛えるためにもさまざまなものに触れて企画を考えるための力を身につけておく必要があります。

客観的に物事を見ることができる

編集者には、客観的に見る力も必要です。例えば、スポーツの書籍を手がけることになった時に、何をテーマにした書籍にすれば売り上げを伸ばすことができるのかを検討する必要があります。この時、自分の好きなものをただ提案しても、書籍が売れるというわけではありません。読者が求めているような内容が集約された書籍を考える必要があります。

スポーツといっても、野球、サッカーなどどの競技に絞るか、選手に絞るか、監督・コーチの育成論に絞るのかテーマはさまざまです。

これらのテーマを考慮した上で、どのテーマを取り上げれば書籍を購入してもらうことができるか世間の流れを考慮した上で検討する必要があるため客観的な目線が必要であると言えるでしょう。そのため、世間の流れを客観的に見ることができれば編集者としての才能があると言えるでしょう。

交渉能力がある

編集者の仕事をする上で、交渉はとても重要な要素になります。その理由は、書籍を作る上ではさまざまな人たちと交渉をすることになります。ライター、カメラマンといった取材に必要不可欠な人たちと交渉することもあれば、取材先の現場で撮影して良い箇所の交渉など、様々な場所で交渉が求められます。

交渉能力が高ければ、編集者として課された難題にも苦労することなくクリアしていくことができるため、交渉能力が必要であることを覚えておくと良いでしょう。

適性のある人

編集者として適性のある方はどのような方なのでしょうか。ここからは、適性のある方について詳しく紹介していきます。

粘り強い人

編集者は粘り強い気持ちがなければ1つの作品を世に送りだすことは難しいと言えます。どのような雑誌、書籍を手がけることになっても壁にぶつかってしまうことがあります。また、良い企画でも、取材する人が見つからなければ企画自体がダメになってしまうこともあります。

このような状況でも、課せられた課題をクリアして解決する力が求められます。困難な状況下でも諦めずに取り組むことも必要になるため、難しい問題に直面した時にあきらめてしまうような方は向いていないと言えます。

どのようなことに対しても諦めずにやり通すことができる方は編集者の適性があるので、もし編集者を志望してなくても一度検討してみることをオススメします。

好奇心旺盛な人

書籍を作る上で、好奇心もとても重要なツールになります。好奇心がなければ良い作品を作り出すことができません。そのため、自分の好きな分野にしか興味がないのではなく、どのようなことに対しても興味があり知りたいという気持ちが編集者には必要と言えるでしょう。

どのようなことに対しても興味があり探究心が強い方は編集者でどのような書籍を担当しても同じモチベーションで制作することができるので、オススメであると言えます。

考えることが好き

編集者は作品だけでなく、さまざまなシチュエーションで考える機会が多い仕事です。なぜこの本を売れたのか。なぜこの手がけた作品が受け入れられなかったなどかを常に考えることになります。

考えることが大好きであれば、編集者として敵性があると言えるでしょう。編集者は常に考えることが求められるので、考えることが好きという方にはオススメの仕事であると言えます。

編集者になるための学校・教室

編集者になるための学校や教室はあるのでしょうか。編集者向けの学校や教室について詳しく紹介していきます。

マスコミが開講するスクール

編集者を養成する学校の1つにマスコミが開講している養成スクールがあります。マスコミが開講している養成スクールに通うことで、直接編集者として活躍することは約束されていないものの、取材をする時のノウハウや、編集者にとって必要な企画力を磨くことができます。

また、スクールによっては出版社の方が講師となって授業を行うこともあります。講師と知り合うことで人脈が広がる可能性もあります。そのため、編集者としての基礎力を学びたいのであれば、養成学校に通って編集者として必要な能力を身につけるようにしましょう。

ライター養成学校へ通う

ライターを養成するスクールでも、編集者としてのノウハウを学ぶことができます。編集者には文章を作成するためのスキルが必要不可欠です。ライター養成学校では、文章を作成するノウハウを学ぶことができるので、文章力に自信がない方は養成学校で力をつけてから編集者を志すことをオススメします。

もちろん、編集者の養成学校に通わなくても編集者として仕事をすることは可能です。どのようなキャリアプランで編集者を目指すかは人それぞれなので、最適な方法で編集者を目指すようにしてください

編集者になるには?まとめ

編集者はやる気と粘り強さが大事

編集者を志しているのであれば、必ず自分の作った書籍が評価されるという期待を持って編集者として活動をする必要があります。そのためにはやり通すやる気と、粘り強さがとても大切です。

出版社に就職できなくても、編集者として活動する方法はあります。今回のページを参考にして、編集者として働きたいと考えた方はぜひ参考にしてくださいね。

編集者の参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

編集者の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB