編集者の資格・試験とは?編集者としてキャリアアップするために役立つ資格やスキルを紹介

編集者の資格・試験とは?編集者としてキャリアアップするために役立つ資格やスキルを紹介

編集者の仕事には、どのような資格や試験が必要なのかご存知でしょうか。編集者には資格や試験ではなく、さまざまなスキルが必要になります。それでは、どのようなスキルが必要になるのかこのページでは編集者に必要なスキル、持っておいた方が良い資格について紹介します。ぜひ参考にしてください。

編集者の資格とは?

編集者の資格は何が必要なのでしょうか。編集者に必要な資格について、詳しく紹介していきます。

編集者の資格はとくになし

編集者に必要な資格は特にありません。そのため資格がなくても編集者として仕事をすることは可能です。しかし、資格がないといっても、編集者には様々なスキルが求められます。それでは、編集者に必要に資格とはどのようなものなのでしょうか。

資格以外に必要なスキル

資格以外に必要なスキルは、次のようなスキルが必要になります。これから編集者になる方は、資格以外に求められているスキルを習得しておくことをオススメします。

洞察力

編集者には洞察力が必要です。良い書籍を販売する上で「今の時代何が求められているのか」ということを読み取る力が必要不可欠になります。読者は不特定多数になるため、さまざまな人が書籍を購入するためにはどのような工夫をする必要があるのかを見つけるために、洞察力を活用する必要があります。

洞察力があれば、読者の動きを読み取ることができ、結果として良い書籍や購入につながる雑誌の特集ページを作ることができます。洞察力がないという方は、日頃から洞察力を磨く訓練をしておくようにしましょう。

好奇心

良い作品を送り出すためには、好奇心もとても重要です。好奇心がなければさまざまな作品を世に送りだすことができません。特に編集者は時には興味のない分野の編集を担当することもあります。このような場面で、好奇心がなければ良い作品を作ることができない可能性があります。

編集者になるのであれば、何に対しても興味を持ち、学ぶ姿勢がなければ、編集者として良いパフォーマンスを発揮することが難しいと覚えておきましょう。

発想力

編集者には、発想力が求められることもあります。良い書籍を世に送りだすためには独自の発想力が必要です。発想力は天才でない限り突然思い浮かぶことができないものなので、日頃からさまざまな分野にアンテナを張り、学んでいくという姿勢も必要です。

発想力に長けている方は、さまざまな知識が豊富な方が多いので、良い編集者になりたいのであれば、さまざまな知識を蓄え知識を披露することができるような方を目指すようにしましょう。

編集者として評価をあげる方法

編集者は資格が不要な代わりに「評価」がとても重要になります。編集者の世界は完全なる実力主義のものなので、実力がなければ淘汰されてしまいます。また、良い編集者になるためには無名な編集者としても、「評価」をあげる必要があります。

それでは、どのようにして評価をあげれば良いのでしょうか。編集者として評価をあげる方法について詳しく紹介していきます。

ミリオンセラーの書籍を世に送り出す

編集者として評価をあげる良い方法は、ミリオンセラーの書籍を送り出すという方法です。1つでもミリオンセラーの作品を手がけることになれば、編集者として仕事が殺到します。また、コンスタントにミリオンセラーの作品を世に送り出していれば、社内での評価が上がるだけでなくヘッドハンティングを打診されることもあります。

そのため、編集者として書籍を手がけることになったら、ミリオンセラーを狙って作品作りに力を入れるようにしましょう。もちろん、ミリオンセラーの書籍を作るといっても、努力だけでなくリサーチ力も必要になります。

世間の流れを読み取りながら、読者が購入したい作品は何かを考える仕事も編集者として行わなければならない仕事なので、編集者になる方はこのような点にも注意して取り組むようにしてください。

有名雑誌の中で優秀な特集記事を手がける

ミリオンセラー以外の方法は、雑誌の名物編集者として知名度をあげる方法があります。人気雑誌になれば、編集者のキャラクターが際立てて作品作りを行うことも可能です。

人気雑誌での知名度を上げることができれば、編集者としてマルチに活躍することができるので、希望の雑誌があれば、編集者として働くことができないか模索してみる方法も1つの手段であると言えるでしょう。

編集者が持っておいた方が良い関連資格

編集者は特に資格が必要ない職業ですが、持っておいた方が良い資格もあります。それでは、編集者が持っておいた方が良い資格とはどのようなものなのでしょうか。編集者の関連資格について、詳しく紹介していきます。

TOEIC

英語力があれば国内だけでなく、海外の作品を手がけることも可能です。TOEICでハイスコアを取っている方であれば、海外の書籍をプロデュースすることも可能です。また、最近では国内の書籍を海外へ出版する動きもあります。英語力があれば、書籍の販売経路が拡大する可能性が高くなるので、ぜひ英語力も身につけておくことをオススメします。

専門的な知識が必要な資格

行政書士、公認会計士、弁護士など特別な資格を持っていれば、それに関する資格を活用した書籍作りも可能です。もちろん、このような資格を持っていなくても、資格を所有している方の意見を聞きながら作品作りを行うことも可能です。

しかし、資格を持っていればさらに専門的な切り込んだ内容の書籍、雑誌を作ることができるので、もし士業をはじめとした資格を持っているのであれば、活用した書籍・雑誌作りをすることをオススメします。

ビジネス関係

ビジネス関係の資格を持っていれば、ビジネスに活用できる書籍を作ることができます。さらに、編集者自身が資格を保有しているのであれば、専門書として作ることも可能です。

このように、編集者の資格は特にないものの、資格を編集時に活用することで良い書籍作りのサポートをすることができます。これから編集者になりたいと真剣に考えている方は、資格を活用すれば他と差別化することができるということを覚えておきましょう。

編集者の資格が取れる学校

編集者の資格を取れる学校はありません。その代わり書籍・雑誌を作る上では、取材力、文章力が必要になるため、作成するノウハウを学ぶ学校に通うと編集者として必要なノウハウを学ぶことができるので、文章力、取材力を養うことができる学校について紹介しましょう。

マスコミ関連の専門学校に通う

マスコミ志望の方を養成する専門学校に通えば、取材力、文章力を養成する力を身につけることができます。専門学校に通うことで、編集者になることはできないものの、編集者として必要な取材力、文章力を養うことで、書籍を作る上では必要なスキルなので、編集者として基礎を学びたい方はぜひ通うことをオススメします。

また、マスコミ関連の学校に通えば、メディア関連の人脈を築くことができるので、さまざまな書籍を作ろうと考えている方は、養成学校で知り合った人脈を将来的に活用することができる可能性があるので、人脈作りとして通うこともオススメです。

ライター養成学校に通う

文章力をとくに鍛えたいという方は、ライター養成学校に通うことをオススメします。ライター養成学校に通うことで、Web、雑誌、書籍など様々なシチュエーションに適した文章を作ることができます。

さまざまな文章のバリエーションを覚えておけば、どのような場所でも編集者として仕事をすることができるので、文章力を一から学びたいという方は、ライター養成学校に通うことをオススメします。

編集者の資格・試験まとめ

編集者は資格でなく実力で出世する仕事

編集者はこれといった資格が必要な仕事ではありません。しかし、その代わりに実力が評価される仕事なので、他の編集者にはない視点、発想力が求められます。

編集者を志すのであれば、他の編集者にはないスキルを身につけ、読者が思わず購入したいと感じる書籍作りを志すようにしましょう。実力さえあればキャリアに関係なく仕事を振られる仕事なので、実力でのし上がりたい方にはオススメの仕事です。

編集者の参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

編集者の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB