テキスタイルデザイナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

テキスタイルデザイナーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

服、カバンを作る上で欠かすことができないのはテキスタイルデザイナーです。彼らが生地の土台を考え、デザイナーが考えたものを実現させることができます。今回は、テキスタイルデザイナーになるにはどのようなことが求められているのか、またテキスタイルデザイナーに必要なスキルをご紹介します。

テキスタイルデザイナーになるには何が必要?

テキスタイルデザイナーは、おしゃれな服やアクセサリーを作る上では欠かすことができない仕事です。テキスタイルデザイナーにはどのようなことが必要なのでしょうか。テキスタイルデザイナーに求められているスキルについてご紹介します。

芸術的センス

テキスタイルデザイナーは、芸術的センスも問われます。デザイナーから発注されたものを注文通りに完成させるためには、どのような生地が最適かを提案しなくてはなりません。この時、デザイナーが考える生地を想像しながら、生地を提案することになるので、ただ言われた通りの生地を提案しても評価されないことがあります。

芸術的なセンスが高ければ、デザイナーが思い描いている作品を同じように想像することができ、結果として良い作品を作り出すことが可能になります。そのため、テキスタイルデザイナーには、芸術的センスが求められることになります。

提案する力

テキスタイルデザイナーは、デザイナーに対し「こんな生地が作れる」と提案することで新たな作品へのヒントを提供することも可能です。また、有名なテキスタイルデザイナーになると、オリジナルの生地を発表する方もいます。

このようなテキスタイルデザイナーには、提案力が共通して備わっています。テキスタイルデザイナーの仕事は、職人的な仕事なので能力の高い人になればなるほど仕事が集中します。そのため、テキスタイルデザイナーとして活躍したければ、提案力は必要不可欠なスキルになるので、必ず提案力を身につけるようにしておくことをオススメします。

テキスタイルデザイナーに向いている人、適性がある人

テキスタイルデザイナーに適正がある人とは一体どのような人物なのでしょうか。ここからは、テキスタイルデザイナーに向いている人、適性がある人物像について紹介していきます。

向いている人

テキスタイルデザイナーに向いている人は、次のようなスキルや思いを持っている方です。テキスタイルデザイナーを目指しているのであれば、衣服に興味がある人ばかりなので、興味がない方はいくらスキルがあっても長く続けることが難しいということは覚えておくべきです。

手芸が好き

テキスタイルデザイナーは、生地を自分で0から作りあげることになります。手芸が好きでないと作業自体が辛くなることもあるので、日頃から手芸が好きな方にはオススメの仕事です。また、細かい作業を連続して行うことになるので、手先が器用な方にもオススメです。

集中力がある

テキスタイルデザイナーは1つの生地を作りあげるために、膨大な時間を要することがあります。この時集中力を欠いてしまうと良い作品を作ることが難しくなるだけでなく、再び0から作らなければならないこともあるので、集中力が必要であることを覚えておきましょう。

集中して作業をすることができる方は、テキスタイルデザイナーとして作品を手がけた時、良い作品を作りあげることができるので、集中力のある方にはオススメの仕事であると言えます。

アートが好き

テキスタイルデザイナーは新たなものを提案する際に、アーティスティックな面から作品を提案することもあります。アートが常に好きな方はインプットを常にしていることになりますが、そうではないとインプット量が圧倒的に少ないため良い作品を提案することができないこともあります。

テキスタイルデザイナーに向いている方は、アートが好きな方も多いので、日頃から芸術作品に触れておくようにしましょう。

適性のある人

テキスタイルデザイナーとして適性のある人とはどのような人物なのでしょうか。適性がある人物について解説していきます。

最後までやり通すことができる人

テキスタイルデザイナーは、クライアントが依頼したものに対し100%の力で応えていかなければなりません。中には何度も修正が入る作品もあります。このような状況に出くわしても最後まで逃げずに挑戦し続ける気持ちが大切です。諦めない力を持っている方はテキスタイルデザイナーの適性があると言えます。

ものづくりが好き

テキスタイルデザイナーは、常に新しい作品を世に送り出すことになります。ものづくりが好きでなければ途中で仕事が作業になってしまい、仕事への情熱が薄れてしまいます。このようにならないためにも、どのような依頼に対しても創意工夫をし、自分のオリジナリティを提供することが必要になります。

このような方は、元々ものづくりが好きな人が多いので、ものづくりが好きな人はテキスタイルデザイナーとしての適性があるでしょう。

バランス感覚がある

テキスタイルデザイナーは、芸術的に良い作品を作るだけではありません。クライアントの要望によってはデザインよりも機能面を重視することもあります。

クライアントの要望に対して、どのような生地を手がけるか芸術的センスとのバランス感覚がなければ依頼に答えることが難しいので、バランス感覚がある方はテキスタイルデザイナーとして活躍することが期待できます。

テキスタイルデザイナーになるための学校・教室

テキスタイルデザイナーになるためには、服飾系のデザインを手がける会社に就職することでテキスタイルデザイナーとして働くことが可能です。資格はない仕事ですが、勉強をしたければ次のような学校に通いましょう。

服飾系の学科がある学校

テキスタイルデザイナーとして勉強をしたいのであれば、服飾関連の学科がある大学に進学すると良いでしょう。テキスタイルデザイナーになるための必要な知識はもちろんのこと、実践的なスキルを学ぶことができます。

また、大学によってはテキスタイルデザイナーとして就職しやすい学校もあるので、卒業実績を考慮した上で大学を選ぶことをオススメします。また、服飾系の学科がなくても芸術系の大学で学ぶことができるので、自分に合う学校を選ぶようにしましょう。

専門学校

大学に通わなくても、服飾系の専門学校に通えばテキスタイルデザイナーとしての勉強は可能です。専門学校の良い点は、作品作りに没頭することができるという点にあります。また、同じ志をもった仲間が多くきているので、切磋琢磨しながら自分のスキルを磨くことができます。

どちらの学校に通うべき

テキスタイルデザイナーになるためには、大学・専門学校どちらに通う方がテキスタイルデザイナーへの道に近いのでしょうか。どちらが良いという正解はありません。

また、どちらかの学校に通っているから必ずテキスタイルデザイナーとして成功できるというわけではないので、確かな志を持った上でテキスタイルデザイナーを目指すようにしてください。

テキスタイルデザイナーになるには?まとめ

熱い気持ちさえあれば突破できる世界

テキスタイルデザイナーになるには、アパレルメーカーに就職をすれば活躍することができます。しかし、ただテキスタイルデザイナーになるだけでは意味がありません。

どのような作品を世に送り出すことができるかが、テキスタイルデザイナーに求められることなので、情熱を持って必要とされるスキルを身につけるようにしてください。

センスを超えるだけの情熱を持つことができれば、幅広い活躍ができるテキスタイルデザイナーになることも可能になるでしょう。

テキスタイルデザイナーの参考情報

平均年収350万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テキスタイルデザイナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB