リポーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

リポーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

リポーターとして働く上で資格や試験に合格していれば、就職や就職時に有利に働く可能性があります。今回はこの記事で、リポーターに関連する代表的な資格、アナウンス検定の試験の情報をご紹介します。

リポーターに役立つ資格「アナウンス検定」

日本語を正しく話せるかを評価する資格

アナウンス検定は、アナウンサーやニュースキャスターなども取得する資格で日本話しことば協会が主催しています。

日本語の正しい技能を証明する試験であり、現場で情報を的確に伝える必要のあるリポーターの仕事としても大切な資格であると言えます。美しく日本語を話す技術を証明する資格として、幅広く取得している人気の高さも特徴的です。

アナウンス検定の難易度・合格率

アナウンス検定は1級から3級まであり、筆記試験と実技のアナウンステストで構成されています。比較的に難易度はやさしいと言われています。アナウンス検定の合格率は、それぞれ級によって異なります。

1級はアナウンステストの8項目全てがBランク以上で筆記試験は800満点中、620点以上で合格になります。2級のアナウンステストはBランク以上で、筆記試験は100点満点中80点以上になります。3級はアナウンステストのCランク以上で筆記試験は100点満点中70点以上で合格になります。

要点を抑えて学習すれば1級の合格も夢ではありません。リポーターとして活躍している人はアナウンス検定の1級を取得している人は多いです。

アナウンス検定の概要

合格率 毎年異なる
受験資格 誰でも受験可能
※ただし、1級はアナウンス検定2級取得、話しことば検定2級以上取得者
受験費用
  • 1級 17,280円
  • 2級 10,800円
  • 3級 8,640円
出題範囲
■アナウンステスト
  • 発声
  • 発音
  • 共通語
  • 理解力
  • 表現力
  • 説得力
■筆記試験
  • 日本語についての基礎知識
  • 共通語についての基礎知識
  • 音声言語の基礎知識

テキストや過去問で試験対策は万全に

アナウンス検定の試験の難易度はそこまで高くありませんが、テキストで学習する事が大切です。アナウンス検定の公式サイトには過去問も記載されているので参考にしてみましょう。テキストと過去問を参考にして学習すればアナウンス検定の合格に近づくでしょう。

その他のリポーターに関連する資格

アナウンス検定以外にもリポーターに関する資格はさまざま

アナウンス検定以外にもリポーターの仕事に関連する資格はいくつかあります。リポーターとしてグローバルに活躍した人は語学力に関する資格の取得を視野に入れてみると良いかもしれません。

  • TOIEC
  • TOEFL
  • ケンブリッジ英検
  • 日商ビジネス英語
  • 実用英語技能検定
  • 日本語検定

一覧にある実用英語技能検定やTOIECは知名度もさる事ながら人気の高い語学力のスキルを証明する資格です。高い級や得点を獲得出来れば海外でリポーターとしての活躍が出来る可能性が高くなるでしょう。

一覧の日本語検定は、日本語を正しく使えるスキルの証明になり、正しく伝える必要があるリポーターとして必要な資格であると考えられます。

リポーターに役立つ資格が取れる学校等

専門学校東京アナウンス学院

専門学校東京アナウンス学院では、人々に笑いや感動を与える表現者を育てます。学んだ事を芸能業界関係者にアピールする事でデビューに繋げることが出来る魅力もあります。

専門学校東京アナウンス学院では、リポーターを目指す人のためにアナウンス科があり、話して伝えるスペシャリストを目指す実習が多いです。自由に学科やコースが選べるのでプラスアルファの個性を身につけることができる環境です。リポーターとしての資格取得を学びながら目指す事が出来ます。

基礎から応用まで専門的なスキルを習得

専門学校東京アナウンス学院ではリポーターに必要な正しい日本語を習得することに加えて、テンポの良い司会方法な上手いインタビューの方法を基礎からしっかり学ぶことができます。自分自身の個性の魅力を引き出す方法やリポーターとして必要になる表現力に至るまでの応用も幅広く学習する事が出来ます。

リポーターやアナウンサーなどのあらゆる分野で活躍するプロからも指導もあるので、実戦に近い形でプロから学ぶ事は良い刺激になり吸収する事も多く魅力的な授業であると言えます。

就職面でも有名プロダクションや放送業界にアピールできるイベントやオーディションを開催しているので、リポーターとしてデビューする近道であると言えます。就職面での学校側の全面的なサポートも魅力の1つと言えます。

国際映像メディア専門学校

国際映像メディア専門学校メディアでは、基礎と実習を学べてテレビ業界で活躍できる成長が出来ます。本格的な収録機器と音響システムを完備したアフレコスタジオでは、演技や発声、ダンスなど質の高い授業が魅力の1つです。

リポーターとして正確な声を学ぶ事が出来ますが、声優や舞台役者を目指す人も多く、その分野で活躍するプロからスキルを学べ、レベルの高い実力を身につけます。

インターンシップ実習が充実

国際映像メディア専門学校では、普通では経験出来ない実習が魅力出来です。リポーターを目指す際に、イベント司会やラジオパーソナリティ、CM出演やPV出演などプロと一緒に働く事が出来ます。

プロと働く事で現場実習を行い、現場での動きや求められる能力を向上させる事が出来ます。年間200回以上の現場実習はリポーターとしての実力をつける事が出来るでしょう。

基礎から実戦まで声について学べる

リポーターの仕事は的確な現場の情報を伝える事で、声がとても大切になると言えます。国際映像メディア専門学校では、発声や滑舌、発音などを中心に1年間で基礎を積み上げる学習を行います。

一線で活躍するプロから学ぶ事で、吸収しやすく2年次にはアフレコ実習や舞台演技などの内容を学べます。人から見られる側の人間として成長出来ますし、リポーターとしての資格取得もしやすいでしょう。

宇都宮アート&スポーツ専門学校

宇都宮アート&スポーツ専門学校では、デザイン科やアナウンス科、ファッションビジネス科などの25コースからなり芸術・スポーツ・ビジネスの総合専門学校として人気があります。リポーターを目指せるアナウンス科では、体全体を使った声作りの基礎からナレーション技法や演技の基礎から応用までを習得出来ます。

自分の演技力や発声、発音などの習熟度を確かめ合うことを目的に、卒業演劇公演を開催していて自分の実力を発揮出来てこれからの就職への自信に繋がります。

業界で活躍してきたプロからの指導が魅力的

宇都宮アート&スポーツ専門学校では講師陣も魅力的で業界で活躍してきた俳優や演出家などから直接的な指導を受けることが出来ます。ホリプロからの派遣講師な現役演出家から演技力や発声、発音の基礎トレーニングを学ぶ事が出来ます。リポーターを目指す人にとってプロからの指導はイメージしやすく、とても魅力的なものでしょう。

リポーターの資格・試験まとめ

リポーターになるならアナウンス検定合格を目指そう

リポーターの仕事自体は特別な資格や試験に合格しなくても業務に就く事は可能です。転職やスキルアップを考えている場合には資格取得も良いでしょう。アナウンス検定の資格取得は、正しい話し方についての知識の証明に役立つでしょう。

リポーターに関する資格試験はアナウンス検定以外にも多くの試験が行われています。グローバルに活躍したい人であれば語学力に関する資格取得を目指し、自分の理想のリポーター像を目指してみてはいかがでしょうか。

リポーターの参考情報

平均年収400万円~650万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

リポーターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB