医療機器メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

医療機器メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

医療機器メーカー社員に必須となる資格は特にありませんが、取得しておくと業務に活かせる資格があります。医療現場でレントゲン、MRI、CTスキャンなどの機器を扱う臨床工学技士の資格は、医療機器に深く関わるため採用の際にも有利に働くでしょう。本記事では、医療機器メーカー社員に役立つ資格などについてご紹介します。

医療機器メーカー社員の資格とは?

ここでは、医療機器メーカー社員にとって役立つ資格などについて紹介していきましょう。

医療関連の資格がなくても活躍できる

医療機器メーカー社員は、医療関連の機械を販売・開発するので医療関連の資格がなければ仕事を行うことができないと認識している方もいるでしょう。しかし、医療機器メーカー社員の中には医療関連の資格を保有していなくても活躍している方は多く存在します。

基本的には、資格を取得するよりも医療機器メーカーで働く上で必要なスキルや知識を身につけておくようにしましょう。

仕事の幅を広げる資格

医療機器メーカー社員は、資格を取得していなくても仕事を行うことができるということがわかりました。その中でも一部の社員の中には医療関連の資格を取得している社員もいます。

彼らは医療現場のスタッフ目線で医療機器開発に携わることができるので、営業、技術職に限らず社内で貴重な戦力として重宝される可能性があります。仕事の幅を広げていきたいのであえば、医療関連の資格を取得するようにしましょう。

臨床工学技士

医療機器の資格で最も関係する資格が「臨床工学技士」の資格です。この資格は、医療現場でレントゲン、MRI、CTスキャンなどの機器を扱うスペシャリストです。

この資格を持っていれば、学んでいたことを医療機器メーカーの現場でも使えるためおすすめの資格であるといえるでしょう。

医療機器メーカー社員に役立つ資格「臨床工学技士」

医療機器メーカー社員の一部の社員が所有している「臨床工学技士」の試験内容はどのようなものかを紹介していきましょう。

臨床工学技士の試験概要

受験資格

臨床工学技士は誰もが受験することができる資格ではありません。受験するためには受験資格をクリアする必要があります。

資格を取得するためには、国が指定した特定期間での教育が必要です。医療系の大学、短大、専門学校を卒業しなければ、医療工学技士の資格を取得することができないので、まずは指定された学校に通うようにしましょう。

試験日程

臨床工学技士の試験は毎年3月頃に実施されます。その年の受験要項については夏頃からホームページで順次紹介され応募は11月頃から応募することができます。

受験費用は30,800円かかるので2020年3月の試験は税金の関係で増加する可能性があるので、情報を随時確認しましょう。

試験内容

試験は筆記試験です。必修科目で学んだことを中心に問題が出題されます。学校の授業をしっかり受け、過去問や模擬問題を中心に学習を続ければ合格率が高くなるでしょう。

合格率

臨床工学技士の合格率はどの程度なのでしょうか。その年によって異なりますが、2018年は受験者のうち77%が合格をしました。

合格率から見ても難易度は比較的優しいことが考えられるので、大学や専門学校で出題される科目を中心にしっかり勉強をしておきましょう。

改めて取得する必要性はあるか

臨床工学技士の資格は合格率が高い一方で取得するまでに3年以上時間を要するケースがあります。

臨床工学技士の資格をとってから転職をしようと考えると膨大な時間を要する可能性があるので、転職後配属されてから資格を取得しても良いというイメージで資格の勉強をするようにしてください。

医療機器メーカー社員の資格が取れる学校

医療機器メーカー社員の資格は特にないので、医療現場のことを知ることができる専門学校や大学に通うことをおすすめします。

医療系専門学校に通う

即戦力として活躍したいのであれば、医療系専門学校に通うようにしましょう。専門学校では医療系の実践的なことを学びながら、実際に医療機器メーカーで使えそうな知識を多く学ぶことができます。

医療現場の実態を知ることができる

専門学校の中には実習を行なっている専門学校もあります。このような場所で実際に医療現場に足を運ぶことで、医療現場でどのような機械を使用しているのか。

どのような時に機械が役立つのかといったことを座学だけでなく実践的に学ぶことができるので、医療関連の仕事につきたいと強い希望を持っているのであれば、専門学校に通うようにしましょう。

付随した資格を取得できる

臨床工学技士以外にもさまざまな医療系に役立つ資格を取得することができます。医療機器メーカー以外でも役立てる資格が多くあるので、付随した資格を取得するように心がけましょう。

資格よりも大切なこととは

医療機器メーカーは資格よりも「人の命を救いたい」「人の役に立ちたい」という強い気持ちが大切です。

医療機器メーカーで働くことを希望するのであれば、人のために働くという強いマインドを持って仕事に向き合うと医療機器メーカー社員として活躍することができるでしょう。

医療機器メーカー社員の資格・試験まとめ

資格がなくてもやる気でできる仕事

医療機器メーカー社員に必須となる資格はありませんが、臨床工学技士の資格を取得することでより広い範囲で業務に携わることができます。

活躍するためには資格よりもやる気という世界なので、これから医療機器メーカーで成果を残したいと考えている方は、医療業界に興味・関心を持って自分がどのような働き方をすることができるかを考えましょう。

医療機器メーカー社員の参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

医療機器メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB