医療機器メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

医療機器メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

MRI、レントゲン、内視鏡といった医療機器を開発・販売する医療機器メーカー社員の給与、年収はどのくらいの水準になっているのかご存知でしょうか。本記事では、医療機器メーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

医療機器メーカー社員の初任給

医療機器メーカー社員の初任給は、どれくらいの金額を得られるのでしょうか。

一般的には大卒であれば20~23万円、院卒であれば22~25万円前後を初任給としてもらうことができます。医療機器メーカーによって給与額はこれより高くなるケースもあれば、低くなるケースもあります。

とはいえ、一般企業でも20万円以下の初任給のケースもあるので、初任給は高めの職業であると認識しておきましょう。

営業職と技術職の違い

同じ医療機器メーカーでも営業職と技術職の給与は異なります。技術職は理系の大学院を卒業した学生を中心に採用を行うケースがあるので、初任給も技術職の方が高くなるといったケースがあります。

もちろんこれは、大卒と院卒の違いから生じるもので、営業職を下に見ている結果、給与が安くなっているわけではないので誤解のないようにしましょう。

医療機器メーカーの平均給与

医療機器メーカーの平均給与はどれくらいなのでしょうか。給与の平均について紹介していきましょう。

業績の高い企業に就職する場合

業績の高い企業に就職をすると20代は20万円~30万円前後ですが、キャリアを積み重ねることで40代以降になると60万円~70万円に到達する方もいます。もちろん30代でもこの程度の給与を受け取っている方も少なくありません。全体的な平均給与としては、30~50万円前後がボリュームゾーンとなっています。

業績の良い企業に就職をすると、60万円以上は給与として受け取ることができると認識しておくと良いでしょう。一方で中小のメーカーになると給与も落ちてしまいます。40代以降でも30~40万円の給与ということもあります。ただし、医療機器メーカーの場合、突然業績が伸び企業として急成長する場合もあります。

ベンチャー系の医療機器メーカーの場合、製品開発に成功すれば給与が倍以上になるということもあるので、給与の額面だけで判断するのではなく将来的に良い企業かどうかを業績で判断しながら検討するようにしてください。

見分け方

給与が高い医療機器メーカーでも突然業績が悪化して給与が下がってしまうこともあります。見分けるためには医療業界をチェックすることが大切です。

また伸びしろのある業界でも外資系の医療機器メーカーの進出で業績が拡大できない可能性もあるので、勢力図を考えながら自分に合った会社へ転職して報酬をあげるという方法も検討しておくと良いでしょう。

医療機器メーカーの将来的な給与

医療機関の仕事は、将来的にロボットに変わって行う業務が増えると言われています。医療機器メーカーの機械が医療現場で幅広く活躍するケースが今後も考えられるため、将来的にも成長する可能性があると言える職業でしょう。

将来的に成長が見込まれる業界ですが、実力主義を採用している会社も少なくありません。実力がなければ他の優秀な社員に仕事を奪われてしまう可能性があるので、生き残るためにも医療機器メーカー社員として実績をしっかり残すようにしましょう。

医療機器メーカーの平均的な年収

全体的な平均年収としては500~800万円前後

医療機器メーカーの年収を平均すると500〜600万円前後となっています。大手の医療機器メーカーになるとこれよりも少し高くなり700〜800万円の給与を受け取ることができるようになります。

年収をあげるためには、どのようなことが必要になるかを考えていきましょう。

年収を上げる方法

年収をあげる方法は大きく分けて2つあります。社内で目に見える形で実績を残す。もしくは実績のある医療機器メーカーに転職する2つの方法です。

成果次第で給与をあげることは可能なので、どのようにすれば成績を残すことができるかを考えましょう。

大手メーカーに転職するメリット

大手メーカーに転職すると、今のポジションと同じでもさらに高い年収で働くことが可能です。前の会社で築いた人脈を使って仕事をすることができる可能性があります。

報酬が高くなる一方で、実績を残すことができなければ、数年で報酬が一気に落ちてしまうということも考えられるので、大手メーカーに転職する際はリスクを考慮した上で慎重に検討するようにしましょう。

年収1000万円以上稼ぐには

医療機器メーカー社員として年収1,000万円以上稼ぐことは可能です。大手メーカーになれば課長クラスでも年収1,000万円に到達することもあります。

1,000万円稼ぐためには、社内で新製品を販売した、新規契約件数が部内でトップクラスといった目に見える形で残さないと出世できない可能性があります。

また、大手メーカー以外であれば外資系のメーカーを検討しましょう。外資系のメーカーでは年俸制を導入している企業が多く転職の際に年収1,000万円を提示されることもあります。

能力と報酬が直結しているため自分の実力を確かめたいのであれば、国内メーカーだけでなく外資系メーカーも検討するようにしましょう。

実績を積み上げることが重要

いずれにしても、医療機器メーカーで給与、年収を上げるためには結果が求められます。他の業界とは違い年功序列ではなく仕事の内容で判断されるので、入社してから与えられた仕事を着実にこなしていくようにしましょう。

医療機器メーカーの給与・年収まとめ

実力主義で評価される職業のため、高年収も実現可能

医療機器メーカーは、仕事の中で実績を残していくことで給与や年収を高くしていくことができます。実力がある人間だけが高い報酬を受けることができるので、医療機器メーカー社員として実績を残すように努力するようにしましょう。

また医療機器メーカー社員として少しでも給与・年収をあげたい方は外資系の医療機器メーカーに就職・転職を検討するなど市場の様子を検討した上で働く先を検討する方法もオススメです。

医療機器メーカー社員の参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

医療機器メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB