ガス会社社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

ガス会社社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

ガス会社社員を目指す人の多くが取得するガス主任技術者や管工事施工管理技士などの資格。資格試験に合格しないと業務に就けない訳ではありませんが、就職や転職で有利に働く可能性はあります。本記事では、ガス会社社員に役立つ資格などについてご紹介します。

ガス会社社員に役立つ資格「ガス主任技術者」

ガスの工事や維持などを担う資格試験

ガス主任技術者は、工事や維持、運用を行う保安監督の仕事が出来ます。ガスの供給から製造まで幅広く取り扱うことが出来る資格として国家資格に認定されています。

ガス主任技術者は甲種、乙種と丙種の3つの資格種別がある事も特徴の一つです。それぞれ監督できる範囲が異なります。

ガス主任技術者の試験概要

合格率 それぞれ種別によって難易度は異なる
受験資格 特になし誰でも受験可能
受験費用 12700円
出題範囲 法令、基礎、ガス技術、製造と供給と消費の論述

ガス主任技術者の難易度・合格率

ガス主任技術者の資格は国家資格として難易度は高めの傾向にあります。合格率は甲種で12.9%と最も低く、乙種で17.5%、丙種でも26.8%程となっています。

試験はマークシート問題と論述問題で正答率が60%以上で合格になります。それぞれの種別別の学習をする事で合格率アップが臨めると考えられます。

ガス会社社員に役立つ資格「管工事施工管理技士」

国土交通省管轄の管工事施工管理技士は国家資格で、取得する事で配管工事の計画や安全、品質の管理をする事が出来ます。ガス管配管設備に加えて、上下水道配管や冷暖房設備なども取り扱いが出来るエキスパートとして、建設現場で欠かせない存在とも言えるでしょう。

普段の生活に欠かせないガスや水道の配管設備の工程や安全を管理出来るのが管工事施工管理技士です。ガス会社社員として取得する事で仕事の幅も広がる資格と言えるでしょう。

管工事施工管理技士の試験概要

合格率 級によって異なる
受験資格 それぞれ級によって異なる
受験費用 1級:学科8500円、実技:8500円
2級:学科4250円、実技4250円
出題範囲 機械工学、施工管理法、施工管理法、法規

講習会に参加して資格取得もおすすめ

管工事施工管理技士は受験資格に制限がありますが学習方法としては実技と筆記をどちらも行う必要があります。独学の場合にはテキストやDVDによる通信教育の教材を使用して学習する事がメインになります。

講習会に参加する場合には模擬試験を受けることで筆記試験の対策が可能です。実技試験は傾向が掴みにくい事から試験対策は難しいと考えられます。

管工事施工管理技士の難易度・合格率

管工事施工管理技士は1級と2級で分かれていて、国土交通大臣が指定する機関で試験に合格する必要があります。

筆記試験と実技試験に分かれていて、2級の場合には合格率は40%〜50%と言われています。1級の場合には実技試験の合格率が50%〜60%、筆記試験は40%が合格率になっています。全体の正答率が60%以上であれば合格基準です。

国家試験として難易度が高く実技も筆記も学習をして出来るようにしておく必要があります。

その他のガス会社社員に関連する資格

国家資格以外にもガス会社社員に関する資格はさまざま

ガス主任技術者や管工事施工管理技士の資格以外にもガス会社社員の仕事に関連する資格はいくつかあります。

  • 液化石油ガス設備士
  • 高圧ガス販売主任者第2種
  • 第一種圧力容器取扱作業主任者
  • 高圧ガス製造保安責任者
  • 普通自動車

一覧にある液化石油ガス整備士は、液化石油ガスによる災害の発生を防止する整備工事を行うための資格です。一般家庭用のLPガス供給、消費設備の設置工事に係わる工事をする場合には取得必須な資格です。

また一覧にある普通自動車免許は、営業の場合に車を使用する事が多いので取得しておく必要があります。

ガス会社社員に役立つ資格が取れる学校

日本工学院

日本工学院ではガス会社社員を目指す人のために電気・ガスエネルギー専攻が設けられています。ガスの取り合いから技術を学ぶ事ができます。

ガス会社社員として専門的な知識は必要になるので、事前に知識を身につけておくと有利ですし、資格取得もしやすい環境であると言えます。電気・ガスエネルギー専攻では、実習が多くエネルギー設備の運転確認やエネルギー設備の計測の実習など自分で体験しながら学ぶ事ができます。

多彩なフィールドで活躍出来る

日本工学院ではガス技術者や液化石油ガス整備の施工、ガス機器の保守管理や運用、設計や施工担当など幅広いガスの仕事で活躍できる学びが魅力です。ガス会社社員として必要な知識を身につけて幅広く活躍できる人材を育てます。

広島工業大学

広島工業大学は、工学や情報などガスを含めた社会に貢献できる技術者を育成しています。ガス会社社員として技術者を目指す為におすすめの大学と言えるでしょう。

ガス会社社員ガス会社社員として必要な自主性とコミュニケーション力の向上を目的とした派遣留学プログラムが特徴的で実践的な教育を行っています。学びながら資格を取得できる環境です。

幅広い就職サポートが魅力

広島工業大学では4年間と卒業後の3年間支援を徹底しています。内定率の向上と内定企業の質の確保、早期離職率の低減という3つの基本姿勢で就職活動を支援しています。

大学が広島という事もあり中国地方や四国地方の最大規模の会社説明会を開いています。学生と採用担当者が直接話せる環境で、内定に繋がるケースも多いと言えます。

広島工業大学では、キャリアアドバイザーによる指導も行っていて、個人面接の相談や模擬面接の実施など就職支援はとても力を入れています。幅広い就職サポートで、就職に対する不安も軽減されるでしょう。

埼玉工業大学

埼玉工業大学では、少人数制教育で行き届いた教育が魅力的な大学です。きめ細やかな指導に力を入れていて、テクノロジーとヒューマニティの融合と調和という理念の元に技術者を育てる教育をしています。ガス会社社員として技術職になる為に適した学びが出来るでしょう。

埼玉工業大学では、資格取得にも力を入れていて、実践的な資格支援対策授業や補講などを取り入れて学習しやすい環境を整えています。幅広い資格を取得できる環境と資格取得に結び付くサポートは大きな魅力です。

就職サポートも万全。連携して就職を支援

埼玉工業大学では進路を見つける為に早い段階から目標を描くことが大切と考えて、1年次から自己発見のために進路適性検査やガイダンスを実施しています。就職委員会や卒業研究指導教員と就職課が連携を取って学生の就職支援をしています。

それぞれ一人ひとり異なる希望をマッチさせるために組織的に就職サポートをしています。埼玉工業大学では、求人情報の豊富さも魅力の一つです。10000社に及ぶ求人情報は業種別、地域別に検索することが出来ます。いつでも求人情報に触れていられる環境を作り就職のサポートをしています。

ガス会社社員の資格・試験まとめ

ガス会社社員になるなら2つの資格、ガス主任技術者と管工事施工管理技士の合格を目指そう

ガス会社社員の仕事自体は、特別な資格や試験に合格していなくても業務に就くことは可能です。就職や転職をする場合には、資格を持っている方がベターです。ガス主任技術者と管工事施工管理技士の資格を取得すれば一定の知識やスキルの証明に役立つでしょう。

ガス会社社員に関する資格試験は、他にも様々な試験が実施されています。まずはガス主任技術者と管工事施工管理技士の資格取得を目指しつつ、自分の理想とするガス会社社員像に役立ちそうな資格を取得してみてはいかがでしょうか。

ガス会社社員の参考情報

平均年収500万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガス会社社員の関連記事