ブライダル企業社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ブライダル企業社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

お客様にとって大切な思い出となる結婚式を作り上げるブライダル企業社員になるには、どのようなことが求められるのでしょうか。このページでは、ブライダル企業社員になるために必要なスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ブライダル企業社員になるには何が必要?

細かなところまで見落とさない几帳面さ

新郎新婦にとって一生に一度の結婚式を台無しにはできないため、ブライダル企業社員はミスが許されません。式準備から当日まで、常に緊張感を持って細部まで見落としが無いよう気を配っていく必要があります。

正しいビジネスマナー

ブライダル企業社員の中でも、ウェディングプランナーなどお客様と直接かかわる機会の多い職種は正しいビジネスマナーを身につけていなければいけません。

ブライダル業界は特にレベルの高いサービスを求められるため、丁寧な接客や適切な言葉遣い、清潔感のある身だしなみなどお客様が不快にならないよう配慮が必須です。

コミュニケーション能力

ブライダル企業社員は、日々たくさんのお客様と接する機会の多い仕事です。

お客様の要望を聞き出し、適切なプランを提案したり、スムーズに会話できるコミュニケーション能力は欠かせません。お客様が安心してブライダル企業社員にお任せできるよう、お客様から信頼してもらえるようなコミュニケーションを取れることが大切です。

また、結婚式は多くのスタッフがかかわっているため、スタッフとも密にコミュニケーションを取らなければいけません。お客様との打ち合わせだけでなく、スタッフ同士でも打ち合わせを何度もおこなうため、他のスタッフと円滑にコミュニケーションを取れるスキルは必須となります。

多くのスタッフを動かすマネジメント力

結婚式はウェディングプランナーだけでなく、カメラマンや神父、アテンダー、バンケットスタッフなど社内外のさまざまなスタッフが連携しながら式を作り上げていきます。

スムーズに式を進行するためには事前の打ち合わせでスタッフそれぞれの仕事と動きを確認し、当日の流れを理解してもらわなければいけません。的確な人員配置と指示出しができるマネジメント力は欠かせません。

お客様の希望を叶えるプランニング力

ブライダル企業社員は、予算内でお客様の希望を叶えられる最適なプランを提案します。打ち合わせを通して希望をヒアリングし、そのヒアリング内容をもとにどのプランが最適なのかを判断しなければいけません。

また、企業によってはお客様それぞれに合わせたプランを作ることもあり、プランの提案力とプランニング力が求められます。

ブライダル企業社員に向いている人、適性がある人

お客様を喜ばせたいという気持ちを持っている人

ブライダル企業社員は、お客様の一生に一度の大切な結婚式を作り上げるお手伝いをします。

お客様の希望する結婚式を挙げられるように社員全員が全力で向き合い、サポートしていかなければいけません。そのため、お客様の幸せのために日々仕事をすることが苦でない人はブライダル企業社員に向いているでしょう。

ブライダル企業社員は忙しい日も多く、なかなか結婚式準備が進まず悩んでしまうこともありますが、結婚式を楽しみにしているお客様を喜ばせたいという気持ちを持って仕事に打ち込むことが大切です。

体力に自信がある人

ブライダル企業社員は毎日さまざまな仕事をこなし、複数のお客様の結婚式を担当することも多いため、とても体力が必要な仕事です。結婚式の日程が集中する期間は特に忙しく、結婚式が終わったらすぐに次のお客様の結婚式が控えていることも少なくありません。

せっかく結婚式に向けて何か月も前から準備してきたのに、結婚式当日に体調を崩してお休みしてしまっては他のスタッフや新郎新婦に迷惑をかけてしまいます。忙しさに耐えられる体力と、徹底して体調管理をおこなえる人がブライダル企業社員に向いています。

謙虚に学び続ける姿勢を持てる人

ブライダル企業社員は、お客様それぞれに合わせた結婚式を作らなければいけません。

全く同じ結婚式を作ることは無く、常に悩み、考えながら1つの結婚式を完成させます。お客様にとって最高の結婚式を作るためには、たくさんの経験から多くのことを学んでいく姿勢が欠かせません。

現状に満足せず、1つ1つの仕事を糧にして成長していこうと行動できる人がブライダル企業社員の適性があると言えるでしょう。

お客様との出会いやご縁を大切にできる人

結婚式の準備は数か月から1年ほどかかるため、お客様と長いお付き合いになります。長いお付き合いになるからこそ、誠意を持って対応し、信頼関係を築くことが素敵な結婚式を作るうえで重要なポイントになります。

数多くのブライダル企業がある中で自社を選んでくれたことと、お客様にとって一生に一度の結婚式作りをお手伝いできることに感謝し、全力でお客様と向き合える人がブライダル企業社員に向いているでしょう。

お客様と結婚式後もお付き合いが続いたり、新たな出会いに発展することもあるため、ブライダル企業社員は最後まで気を抜かずに仕事をこなすことが大切です。

ブライダル企業社員になるための学校・教室

東京ブライダル専門学校

東京ブライダル専門学校はブライダル業界に特化した専門学校なので、ブライダル企業社員を目指している方にはぴったりの学校と言えるでしょう。

社会人として必要なビジネススキルやマナーはもちろん、ブライダル業界に必須のプロデューススキルやブライダル知識を学ぶことができます。

座学だけでなく、座学で身につけた知識を実践で活かすための成果発表があります。学内の施設を使った模擬人前式や、模擬披露宴を作るバーチャルウェディングなど、実際の現場に近い体験をすることができます。

さらに、実際に結婚式を挙げたいカップルから依頼を受けて本物の結婚式をプロデュースする機会もあり、失敗が許されない緊張感のある状況で学生同士が連携して結婚式を成功させます。

学生のうちから結婚式を作る貴重な経験ができる東京ブライダル専門学校は、就職率も毎年100%を誇っています。ブライダル企業社員に興味のある方は、ぜひ東京ブライダル専門学校を検討してみてください。

東京ウェディング・ホテル専門学校 ウェディング科

東京ウェディング・ホテル専門学校のウェディング科では、4つの専攻から自分に合った専攻を選んで専門的に学ぶことができます。

式場設営と本物の結婚式作りを体験できるほか、1年次から週末有給インターンシップに参加することができ、早くから現場での経験を積むことができます。豊富な実習先から自分で選べるため、就職を意識した現場体験が可能です。

大原学園 ブライダルコース

大原学園のブライダルコースでは、ブライダル業界のさまざまな知識やスキルを身につけることができます。経験豊富な一流講師陣が学生をブライダル業界のプロに育てます。

大原学園のブライダルコースには他の専門学校ではあまり見られない、結婚式当日に新郎新婦をエスコートするアテンダーについて専門的に学ぶこともできます。

模擬挙式は国内のホテルだけでなく、海外の一流ホテルでもおこなわれます。海外研修にも参加することでグローバルな人材に成長できるため、将来は海外での就職も考えている方におすすめのコースです。

ブライダル企業社員になるには?まとめ

ブライダル企業社員は、お客様を喜ばせたい気持ちが必須!

ブライダル企業社員は、お客様にとって一生に一度の結婚式を作り上げる素敵な仕事です。

お客様に最適なプランを提案するプランニング力や、結婚式を成功させるためにスタッフを動かすマネジメント力など、さまざまなスキルが求められる難しい仕事です。

しかし、日々の仕事やお客様とのかかわりを大切にし、たくさんの経験を積むことで立派なブライダル企業社員に成長できるでしょう。

ブライダル企業社員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

ブライダル企業社員の参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブライダル企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB