ブライダル企業社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ブライダル企業社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

結婚式を挙げたいカップルのために、プラン提案や式準備をおこなうブライダル企業社員。ウェディングプランナーはもちろん、人事やマーケティングなどさまざまな立場からお客様の幸せのサポートをします。この記事では、ブライダル企業社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいをご紹介します。

ブライダル企業社員とはどんな仕事?

結婚式を挙げるお客様のサポートをおこなう

ブライダル企業の社員は、結婚式を挙げたいお客様に対して、結婚式準備から結婚式当日のサポートまでをおこないます。結婚式や披露宴でお客様が幸せな1日を過ごせるよう、ブライダル企業社員がお客様に最適なプランやサービスを提案し、一緒に結婚式を作り上げていきます。

ブライダル企業と聞くとウェディングプランナーをイメージするかもしれませんが、ブライダル企業には営業や人事、経理、総務などウェディングプランナー以外の社員もたくさん働いています。それぞれの細かい業務内容は異なりますが、どの社員一丸となって「お客様の結婚式を最高なものにするため」に日々仕事をしています。

失敗が許されないため、とてもプレッシャーを感じながら仕事をこなしていくことになりますが、無事に結婚式当日を迎えることができ、幸せそうな新郎新婦の顔を見られたときはブライダル企業社員も幸せな気持ちになれるでしょう。

ブライダル企業社員の具体的な仕事内容

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーは結婚式を挙げるカップルのお手伝いをします。お客様の要望をヒアリングして、お客様に最適なプランを提案し、お客様が希望する結婚式を挙げられるようにサポートします。

結婚式準備から式当日まで、数か月から長くて1年ほどお客様と直接かかわりながらサポートするため、ブライダル企業社員の中でも1番お客様との距離が近い職種です。

会場案内・自社プランの営業

実際の結婚式会場を案内し、お客様に会場の魅力を伝えます。自社で結婚式を挙げてもらえるように、自社ならではの魅力を伝えることもウェディングプランナーの仕事です。

事前準備

自社で結婚式を挙げることが決定したら、さっそく式の準備を進めていきます。お客様の希望する式の日時や予算、内容に合わせてプランニングし、何度もお客様と打ち合わせをして細部まで詰めていきます。

スタッフや物品の手配

詳細なプランが決まったら、必要なスタッフと物品、料理の手配をします。司会や神父、カメラマンなど結婚式当日のスタッフを手配します。同時に、ウェディングケーキや料理、ブーケなどのアイテムの手配もします。

ウェディングケーキなどの食品は長期間の保存が難しいため、結婚式直前に届くよう日程に注意して手配しなければいけない場合もあります。こちらもミスがあると当日のトラブルにつながるため、しっかりと確認を怠らないことが大切です。

企業によっては、スタッフや物品の手配をウェディングプランナー自身がおこなわず、事務やアシスタントに依頼する場合もあります。

当日のサポート

結婚式当日は予定通り式を進められるよう、細かいところまで最終チェックをおこないます。式が始まってからは会場脇で式に立ち会い、無事に式を終えられるようサポートします。式が終わった後も後片付けや次のお客様の式準備を始めます。

ウェディングプランナーの仕事内容|やりがいや求められる資質とは

ウェディングプランナーの仕事は、新郎新婦とともに最高の結婚式を作り上げること。細かく丁寧に打ち合わせを重ね、当日まで徹底...

バンケットスタッフ・アテンダーの仕事内容

バンケットスタッフは、披露宴やアフターパーティーなどで料理やドリンクを運ぶスタッフのことです。

お客様が楽しい時間を過ごせるよう、丁寧な接客が求められます。また、会場のセッティングをおこなうことも多く、結婚式の雰囲気に合った美しいセッティングをしなければいけません。

アテンダーとは、結婚式当日の新郎新婦に付き添い、さまざまなサポートをおこなうスタッフのことです。新婦のドレスの裾に気を配ってエスコートしたり、おじぎや着席のタイミングを新郎新婦に教えたりと、スムーズに進行できるようなサポートをおこないます。

また、両家の親族を控え室や会場まで案内するなど、親族のサポートをおこなうのもアテンダーの仕事です。どちらの仕事も、新郎新婦やゲストが楽しい1日を過ごせるように細かいところまで気を配ってサポートします。

人事の仕事内容

新卒採用や中途採用、人事評価、人材育成など企業に勤める社員の管理や評価をおこないます。採用活動をおこなうときは採用計画を立て、その計画に基づいて採用活動をおこないます。企業やサービスの成長に合わせて必要な人材を確保することが人事の役目です。

事務の仕事内容

見積書の作成やお客様からのお問い合わせ対応、来客対応をおこないます。ウェディングプランナーから依頼されたスタッフや物品の手配をおこなうこともあります。仕事内容は他企業とあまり変わりはありません。

経理の仕事内容

売上管理や給与管理、決算書作成、資金調達など企業のお金の流れを管理します。

総務の仕事内容

経営管理や法務、庶務などの事務作業をおこないます。

マーケティングの仕事内容

より多くのお客様に自社で結婚式を挙げてもらえるよう、自社の宣伝や広告の企画立案をおこないます。

結婚式のニーズも時代とともに変化するため、ニーズにマッチするプランを企画しなければお客様に選んでもらえません。時代の流れや流行に敏感になり、常に情報収集を怠らないことが大切です。

ブライダル企業社員の仕事のやりがい

お客様の幸せの瞬間に立ち会える

ブライダル企業に勤める社員の1番のやりがいは、お客様の幸せの瞬間に立ち会えることです。お客様にとって一生に一度の大切な結婚式のお手伝いができ、晴れ舞台を一緒に作り上げることができるのはブライダル企業社員の特権とも言えます。

素敵な結婚式となるようスタッフ一同全力でお客様と向き合い、式当日に向けて何か月も前から準備を進めていきます。大変なことやなかなかうまくいかずに悩むこともありますが、無事に式当日を迎えられ、新郎新婦やゲストの幸せそうな顔を見られたときは、なによりの達成感と喜びを感じられるでしょう。

また、結婚式を挙げる新郎新婦も式が終わるまで緊張しているため、一緒に作り上げてきた式が終わった後の安堵の気持ちを共有できるところもブライダル企業社員の魅力です。

お客様から感謝の言葉をいただける

無事に結婚式を挙げることができ、幸せいっぱいの新郎新婦から「ありがとうございました」と感謝の言葉をいただけたときは、喜びと感動で胸がいっぱいになるでしょう。

ブライダル企業社員は、準備期間中はもちろん、当日も式が終わるまでミスが許されないため、プレッシャーを感じながら緊張感を持って仕事をしています。

トラブルもなく式を終えることができ、新郎新婦や親族から感謝の言葉を聞いたときは「今までの苦労を全て忘れてしまうほどやりがいや達成感を感じられる」というブライダル企業社員も多くいます。

結婚式後もお付き合いが続くこともある

数か月から1年ほどお客様とかかわり、サービス提供するサービス業は他にあまり無く、お客様と長くお付き合いしてサービス提供する仕事はブライダル企業社員ならではと言えるでしょう。

長い期間をかけてじっくりお客様と向き合うため、信頼関係を築くことができます。新郎新婦とのつながりは結婚式だけで終わらず、式会場のレストランに食事をしに来てくれたり、知人の結婚式会場として紹介してくれるなど、結婚式後もお付き合いが続く場合があります。

結婚式を通してお客様と信頼関係を築ければ、新たなお客様との出会いがあり、幸せの連鎖を起こすことができます。お客様が増えることは企業にとっても嬉しいことですよね。

ブライダル企業社員の仕事内容まとめ

素敵な結婚式作りのお手伝いをする仕事

ブライダル企業社員は、結婚式を挙げたいと思っているカップルのために、さまざまなサポートやサービス提供をおこないます。ブライダル企業はウェディングプランナーだけでなく、人事や経理、総務など多くの社員によって企業が成り立っています。

それぞれ仕事内容は違いますが、どの社員もお客様にとって最高に幸せな1日になるよう全力で仕事をしています。誰かの幸せのために全力で仕事をしたい方におすすめの仕事です。

ブライダル企業社員の参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブライダル企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB

関連性の高い職業が見つかりませんでした。