ライターの平均給与や年収は?フリーライターで成功すれば年収1,000万円も夢じゃない?

ライターの平均給与や年収は?フリーライターで成功すれば年収1,000万円も夢じゃない?

密かに人気の職業、ライター。紙媒体だけだったころに比べ、Webメディアの発展により確実に仕事の量は増えています。さらに、クラウドソーシングの出現により誰でもなることが可能な職業になりました。気になる給与・年収はどのくらいなのでしょう?はたしてライターだけで生活できるのでしょうか?

ライターの初任給

会社勤めの新人ライターの給与は約16~23万円

出版社や新聞社、広告代理店などに就職をして、記者や雑誌編集など、ライターに準じた仕事をする場合、初任給は16~23万円前後が相場といわれています。大卒で採用されることが多いようです。

会社勤めのメリットは、社員教育を受けられることや先輩記者・編集などの指導を受けられることです。現場で活躍している先輩ライターの背中を見られるだけでも、この先のライター人生にとって大きなプラスです。

文章を執筆したいという希望を明確に表せば、企画や編集などの部署に配属され、企画書などのライティングを任されるチャンスもでてきます。将来ライターになりたいなら、経験しておくとよいでしょう。

給与が安定しているのも魅力になります。やっぱり会社勤めは安定していてよかったと後悔するのが、フリーになってからの「あるある」でもあります。

プロとしてのライター経験が全くない場合は、会社勤めから始める方が無難かもしれません。

フリーのライターで収入を得るには

フリーの新人ライターの給与は1文字0.02円~

ライターは全く経験がなくてもなれます。ライターであると名乗ればいいだけです。資格も学歴も関係ありません。その場合、クラウドソーシングを利用して仕事を得るのが手っ取り早いでしょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、ランサーズやクラウドワークスが有名です。ウーフーは登録できるのがライターだけになりますが、他より収入を得られるようです。

ライターの仕事の単価にはかなりの幅があります。多くの場合が、1文字あたり何円という単価です。

安い案件だと1文字0.02円になります。たとえば3,000文字書いたとすると1記事60円です。これで生活をしようと思うと、かなりハードな仕事量をこなさなければならないでしょう。単価の高い案件だと1文字5円。3,000文字書いたとすると1記事15,000円になります。

また、紙媒体と Webメディアでは、一般に紙媒体の方が、単価が高くなる傾向があります。

誰でもなれるかわりにライバルが多く、安い場合の単価は極端に安いです。しかも、初心者のうちは安い単価の案件しか得られないことが多いでしょう。

単価の高い案件になると、取材や調査に経費や時間がかかる場合もあり、トータルで見たときの利益も考えなくてはいけません。ただ、取材に行くとふだん会えない方に会えたり、自分とは全く住む世界の違うような方の話をじっくり聞けたりと、そのぶんライター本来の喜びを味わえることもあります。

ブログやSNSを運営して収入を得る

クラウドソーシングの他には、ブログやSNSなどを運営して読者を増やし、名を上げて、クライアントから直接指名で仕事をもらうことができれば、中抜きされていないぶん利益率も高くなります。

そう簡単な道筋ではありませんが、クラウドソーシングと並行して、ブログやSNSを始めるのもよいでしょう。アフィリエイトなど広告で収入を得る方法もあります。

転職してライターになるほうが有利

転職して会社勤めのライターになることはできるでしょうか?この場合、募集はごく少数でしかも経験者が優先されるため、未経験だとなかなか難しいでしょう。ただ、フリーのライターなら転職は有利な条件にもなります。前職における知識や経験が役に立つからです。

誰でも何年か職に就けば、自然とその仕事のジャンルに関する専門知識が増えます。その専門知識をそのまま生かせば、ライター一筋の人よりもむしろ、前職関連のジャンルに関しては有利に記事が書けます。

趣味や経験を生かして高収入を得るライターに

趣味を究めれば、その道で特化したライターになることもできます。ずっと好きなことを考えながら仕事ができ、しかも自分の知見やこだわりを披露することで単価の高い案件を獲得するのも可能という、夢のような生活です。

稀に、記事を読んでいるとライターの対象への愛が伝わってくることがありますが、まさしく自らの趣味の道で特化したライターになった人ではないかと思われます。旅行記や、病気の克服の記録、子育ての記録など、自分だけの経験をライティングに生かすことも可能です。

何を題材にするにせよ、高い文章スキルを持っていることが高収入ライターへの近道です。

記者の平均給与の統計

記者の平均給与は約51万円

ライターのデータがありませんでしたので、仕事の内容が近い記者の平均給与を参照してみたいと思います。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、記者の平均給与は、約51万円となっています。

やや高めでしょうか。仕事の重要性、世の中に与える影響なども考慮されているのでしょうか。

もし誤りのある記事を書いてしまった場合、その間違いで誰かが苦しむことになったらなどと考えると、活字の怖さを十分に考える必要があります。それは、ライターも記者も同じです。

精神的にかなり重圧がありますが、同時にやりがいがあります。常に意識を高く持って仕事をするということでは、ちょうどいい給与額なのでしょう。

結局スキルを高めることが給与アップにつながる

経験や実績はもちろん大切です。ただ、書いた記事を読んでもらったとき、満足してもらわなければ話になりません。

経験、実績を作るということは、スキルを高めるということです。スキルを高めて、読者の心に刺さるようなライティングができるようになることが、給与アップにつながります。

場合によっては、積極的にスクールに通ったり、セミナーに行ったりして、スキルアップを目指しましょう。先生や同じライター仲間と知り合えるチャンスでもあります。ライター仲間と知り合えたら、情報交換をしてください。きっと役に立ちます。

フリーライターはクライアントとの交渉も

フリーライターは、取材力、ライティング能力ともに大切です。場合によっては、写真も撮ります。それらの技術を磨くことはもちろんです。

ただ、フリーランスが収入アップするためには、時としてクライアントとの交渉力も必要になります。1文字0.1円違うだけで、3,000文字書いたとしたら300円違います。数をこなすと結構大きな違いになりますね。

クライアントに不快な思いをさせることなく、自分を正当に評価してもらう交渉術を身につけましょう。むろんベースに必要なのは、ライターとしての実力です。

記者は男女で平均給与に差がある

厚生労働省の統計によると、記者は男性が約54万円、年間賞与は約220万円なのに対して、女性は、41万円、年間賞与は約148万円になっています。給料・賞与ともにかなりの差があります。

力仕事ではなさそうですけど、まだ男社会なのでしょうか。それとも、女性の結婚や出産が原因でしょうか。どちらにしても、今もってこんなに差があるのは、大変な問題です。

ライターはどうでしょう。美容関係や出産・育児に関することなど、女性の方が書くネタをたくさん持っていそうですね。

記者の年収統計

記者の年収は

ライターのデータがありませんでしたので、仕事が近い記者の平均給与を参照してみたいと思います。厚生労働省の統計から、平均給与と年間賞与を足した平均年収を算出すると、約822万になります。

フリーになれば、年収1,000万円も夢じゃない

フリーになっても思ったように仕事が入らないという方もいます。単価が安くてとても生活ができないなど現実は厳しいようです。

ただし、高単価な案件をこなしていけば年収1,000万円も到達できる可能性があります。そのためには、しっかりとしたスキルを身につけ、実績を作り、人脈のネットワークを構築していきましょう。

クラウドソーシングもよいですが、最終的に高収入を狙うなら、出版社や編集プロダクションに自分を売り込む方法もあります。道のりは甘くはないですが、夢があれば頑張れます。

働き方も自由

フリーになれば、なんといっても働き方は自由です。労働基準法も関係ありません、24時間働けるだけ働くのもいいと思います。専業主婦やサラリーマンがお小遣い稼ぎをすることもできます。

自分のライフスタイルに合った働き方が出来ます。ただ、くれぐれも体に気を付けてください。

ライターの給料・年収まとめ

ライターという仕事は、フリーになれば、下は0円から上は1,000万円越えとまさに天国と地獄といった表現がぴったりなのではないでしょうか。

単価の安い仕事を、とにかく数をこなすライターもいれば、単価の高い仕事を取ってこれるライターもいます。副業でちょっとやるライターもいれば、人生をかけているライターもいたりと働き方は千差万別です。

もちろん、出版社や新聞社など会社勤めから始める道もあります。

また、収入の多い少ないだけでなく、自分の書いた文章で、読んだ方を感動させたり、心を震わせることが出来るのであれば、これほど素晴らしい職業はないのではないでしょうか。

ライターの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ライターの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB