照明デザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

照明デザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

照明デザイナーになるには、どのような知識やスキルを必要とされ、どのような人が向いている職業なのでしょうか。照明デザイナーと一口に言っても空間デザインや照明器具デザインなどで活躍する場合や舞台などで活躍する舞台照明デザイナーもいます。このページでは、照明デザイナーになるために必要なことや向いている人の特徴などを解説します。

照明デザイナーになるには何が必要?

特別な資格や学歴は必ずしも必要ない?建築に関する基礎知識があると便利

照明デザイナーになるために、資格や学歴は必要ありません。専門学校や美術系の大学に通う場合も必須ではありませんが、効率的に照明デザイナーを目指すのであれば、学校で専門知識を学び、照明器具メーカーや照明デザイン事務所に就職するのが近道でしょう。

しかし現状では照明デザインに関する専門学科や専門コースを設置している学校はかなり少ないです。空間デザインの勉強をしたり、建築工学や機械工学の学科に進学し、専門性を高めておくのがおすすめです。

活躍の場は広い!照明デザイナーは大きく分けて3つのジャンルがある

照明デザイナーは大きく分けて3つのジャンルがあります。1つめは舞台などで光の演出手掛ける照明デザイナーです。テレビやライブ会場でも活躍します。2つ目は照明器具を作るプロダクトデザインです。3つめはライティングデザイナーと呼ばれることもある分野で、インテリアや建築物の照明をデザインする照明デザイナーです。

照明デザインを手掛けるにはどのジャンルを専門にする場合にも、建築、デザインに関する知識とセンスが必要とされます。ほとんどの人が、専門学校や美術系の大学で将来目指す分野の照明デザインやインテリア、空間デザイン、舞台演出などの勉強をしているようです。

学校を卒業した後は目標によって就職先が異なります。舞台照明やテレビ、ライブ会場、舞台演出などで活躍する人は劇団や劇場、テレビ関係、舞台演出を専門とする照明会社に就職する人が多いです。インテリアや建築にも関係する照明デザイナーを目指す人は、照明器具メーカーやインテリアの照明デザインを専門とするデザイン事務所に就職する人が多いようです。

照明デザイナーの活躍の場所は広く、意外とさまざまな場所で活躍しています。住居やオフィスなどの空間デザインから、ビルや橋など大型照明のデザインを手掛ける仕事もあります。理想とする演出を、適切な照明器具を選び空間自体をデザインするのが照明デザイナーの仕事と言えるでしょう。

就職先で照明に関する仕事に携わり、十分な経験を積んだ後独立して照明デザイナーとして仕事をする人もいます。現状では、一部の著名なデザイナーを除いて、照明デザイナーのみの仕事で生計を立てていくのは難しいようです。

インテリアデザイナーや建築士の資格や経験を同時に生かすことで独立後も仕事を獲得している人が多いです。

照明デザイナーに向いている人、適性がある人

チームで仕事をするために必要!協調性がありコミュニケーション能力が高い人

照明デザイナーの仕事はチームを組んで仕事をすることが多いです。例えば、インテリアや建築関係の照明デザイナーの場合、クライアントの意見を聞き、建築士やインテリアデザイナー、実際に工事を担当する技術者たちと協力して仕事を行います。

舞台照明やテレビ照明を専門とする場合にも、舞台に上がるパフォーマーや舞台監督、音響係など、さまざまな人の協力がなければ一つのステージや作品を作ることはできません。チームで仕事をするため、円滑なコミュニケーションを図る必要があります。

仕事をするチーム内でコミュニケーションをとることは照明デザイナーとして大きな武器となります。照明デザイナーを志す人の多くは照明器具メーカーや照明デザイン事務所に就職しますが、経験を積んだ後、独立してフリーランスの照明デザイナーとして仕事をする人も多いです。

フリーランスで仕事をする場合、重要となるのは人脈です。照明デザイナーとして活躍するための経験を積みながら人脈を作ることで、独立した後に仕事の獲得につながる可能性が高くなります。仕事で関わる人の縁を大切に円滑なコミュニケーションをとる必要があるでしょう。

専門分野以外にも知識が必要?空間デザインやインテリア・建築に興味がある人

照明デザイナーの仕事は担当する仕事内容によってさまざまな専門知識を必要とされます。例えばオフィスや居住スペースの照明デザインを依頼された場合、インテリアとマッチした照明デザインを提案する必要があります。

また、ビルや公共施設など、大型の照明やイルミネーションを担当する場合、実際に施工する技術者の意見や建築士の専門知識も必要となります。建築士としての専門知識や経験を持っているのであれば兼任することができますが、たいていの場合担当の建築士や技術者に意見をもらいながらデザインを作り上げていく必要があります。

すべての知識を持ち合わせるのが無理であっても、興味を持って勉強したり自ら学ぶ姿勢が必要と言えるでしょう。また、照明デザイナーのみの仕事の依頼よりも、インテリアデザインや建築に関する依頼の中の一つに照明デザインがあることも少なくありません。

照明デザイナーとしての勉強だけでなく建築やインテリアに関する勉強や資格取得をしておくと仕事の幅が広がるでしょう。

コストや納期など、クライアントの要望に合った照明デザインができる人

デザイナーと聞くと芸術性が高く、自分の感性やセンスをもとに何かを作り上げるイメージがあるかもしれません。確かに、照明デザイナーは空間デザインに対してセンスや専門知識を必要とされるでしょう。しかし、決して自由に創作できるわけではありません。

クライアントから依頼された要望に沿った仕事をする必要があります。コストや完成イメージ、納品期日も重要となります。クライアントの要望に沿ったうえで新しいアイディアを織り交ぜた提案ができるかどうかは照明デザイナーの腕にかかっています。

照明デザイナーになるための学校・教室

「東京工学院専門学校 インテリアデザイン科」で空間デザインを学ぶ

インテリア業界を目指しているが、具体的にどのような仕事に就きたいか決めていない方におすすめなのが「東京工学院専門学校 インテリアデザイン科」です。

空間デザインの授業がカリキュラムにしっかりと組み込まれており、インテリアコーディネーターに必要なプレゼン技術や、家具や照明などのデザインや構造を考察し制作を行うファイナルデザインワークの授業もあります。

建築業界でよく使われるCAD実習や、作成した図面をもとに3Dに表現する技術も学ぶことができます。照明デザイナーとしてはもちろん、家具製作にかかわる仕事や内装デザイン、家具販売などの仕事を目指すことができます。

本格的な家具製作ができる実習室が完備!目標に合わせて目指せる資格多数

インテリア実習室は本格的な家具製作ができるよう、さまざまな機材をそろえています。また、在学中にさまざまな資格取得を目指せます。「福祉住環境コーディネーター」「インテリアコーディネーター」「色彩コーディネーター」など、どれもインテリアデザインにおいて勉強になる内容の資格です。

東京デザイナー学院 インテリアデザイン学科 インテリアデザイン専攻

インテリアデザイン学科では、空間を作り出すための知識と技術を習得できるカリキュラムが組まれています。中でもインテリアデザイン専攻は住空間デザインを学ぶことで、照明コンサルタントやインテリアデザイナーを目指すことができます。

社会に出てから活躍するプロのインテリアデザイナーを育てるためにさまざまな設備や授業内容が用意されています。例えば実寸大で空間デザインを体感できる照明スタジオを完備していたり、最新のデザインに触れることができる書籍や素材サンプルを集めた資料室が用意されています。そのほか産学協同カリキュラムが用意されており、実際の住宅展示場やプロジェクトでの実習授業があります。

空間演出のプロを育てるために図面の描き方や模型製作、照明に関する授業を基礎からしっかりと修得していきます。基礎を修得した後実践的な課題に取り組み、応用的なスキルを磨いていきます。

照明デザイナーになるには?まとめ

学校で専門知識を学ぶと近道かも!

照明デザイナーになるために必ず取得しなければならない資格や学歴は特にありません。照明デザイナーには活躍の場がさまざまで、舞台で活躍するデザイナーや、住宅やオフィスの空間デザインを専門とする人、照明デザインを専門とする場合があります。

照明、建築やインテリアに関する知識やスキルが必要とされるため、美術系の大学や建築系の大学、空間デザインなどが学べる専門学校で勉強をしてから就職する人が多いです。

照明デザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

照明デザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB