照明デザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

照明デザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

照明デザイナーの仕事はあまり知られていないかもしれませんが、商業施設やオフィスの空間デザインなどを担当していることも多く、ビルや橋など、大型のイルミネーションをデザインすることもあります。このページでは、照明デザイナーは具体的にどのような仕事内容をするのか、やりがいなどを紹介します。

照明デザイナーとはどのような仕事?

インテリアや空間デザイン、舞台照明などさまざまな場所で活躍している

照明デザイナーは大きく分けて3つのジャンルに分けることができます。1つ目は照明器具をデザインする照明デザイナーです。

2つ目は住居やオフィス、商業施設に照明を用いた空間デザインを施す仕事です。そのほか、商業施設のイルミネーションや橋やビルなど大型の照明デザインを担当する照明デザイナーもいます。

3つ目は舞台やライブ会場などで活躍する舞台照明デザイナーです。中にはテレビなどで照明を担当する照明デザイナーもいます。

インテリアや建築関係の照明デザイナーは、照明器具メーカーや照明デザインを専門とするデザイン事務所、照明施工会社などに就職して経験を積む人が多いです。経験を積んだ後、独立する人もいます。しかし現在の日本では照明デザイナーの仕事のみの収入で生計を立てられる人は少ないです。そのため、建築士の資格を取得したうえで照明デザイナーの勉強をし、建築士・照明デザイナー両方の仕事を請け負っている人もいます。

そのほかインテリアデザイナーの仕事の一つとして照明デザインを手掛ける人もいます。独立して仕事をする場合は、仕事の幅を広げられるようなスキルと経験、人脈が必要と言えるでしょう。

舞台照明デザイナーを目指す人は専門学校などで照明や舞台演出を学んだあと、劇団や劇場、舞台照明を専門とする事務所に就職し、下積みをする人が多いです。舞台照明デザイナーの中にも独立して仕事をする人もいます。

時代の流れとともにデザインするものも変わる!これから発展してくる分野

照明デザインの分野は今後発展してくる分野と言われており、現在はまだ発展途上です。LED電球の普及が始まったころから追い風が吹き、今後もさまざまな場面で活躍がみられるでしょう。

最近注目されているのは「メディアファサード」という照明演出です。情報を伝達するメディア(media)と建築物の前面のことを指したファサード(facade)を組み合わせた言葉です。

ビルなどの建築物の照明にLEDなどの光源を複数取り付け、画像や映像を表示する演出のことです。光そのものを動かすことで、スクリーンのように動画を表現することもできます。ヨーロッパで広がりを見せていましたが、現在では日本でも広がりつつあり、すでに有名な商業ビルで取り入れられています。

映像や文字を映すこともできるほか、イルミネーションにも活用できます。暗闇でさまざまに変化するメディアファサードが施された建築物を見る人は、驚きと感動を覚えるでしょう。このように、一昔前までなかった技術が取り入れられ、今後も照明デザインもさまざまな広がりを見せる分野です。

照明デザイナーの具体的な仕事内容

完成イメージやコンセプトをすり合わせる!クライアントや取引先と打ち合わせ

インテリアや空間デザインを手掛ける照明デザイナーはクライアントや取引先と打ち合わせを行い、完成イメージやコンセプト、要望などをヒアリングします。照明デザイナー以外にも建築士やインテリアデザイナー、施工会社なども打ち合わせに参加することが多いです。

照明デザイナーは一人で仕事することは少なく、基本的にプロジェクトとしてチームで仕事をします。もちろん、照明デザイナーが建築士やインテリアデザイナーを兼任している場合もありますが、実際に施工を行う技術者や職人などさまざまな人が関わって仕事を進めます。

設計ソフトを使用して照明器具などの平面図を作成!基礎スキルは必要

ヒアリングした内容をもとに、設計ソフトを使用して照明器具などの平面図を作成していきます。専門学校や大学で建築やインテリア、空間デザインの勉強をしている場合、CADなどの設計ソフトの習得がカリキュラムに組み込まれていることが多いです。

照明デザイナーの仕事は特別な資格や学歴などは不要ですが、デザインやインテリア、建築関係の仕事で使用される設計ソフトや模型の作成など基礎的な技術や知識は持っていなければ、業務に差し支える可能性が高いです。そのほか、必要な照明器具の発注なども照明デザイナーが行うこともあります。

クライアントに提案する企画書や模型、プレゼンテーションの準備

新しいプロジェクトが始まる前や、仕事を獲得する際に必要なのが企画書やプレゼンです。時には模型などを用いてクライアントの前でプレゼンを行う必要があることもあります。

照明デザインの事務所などで働く照明デザイナーの場合、営業担当者が仕事を獲得してくることもありますが、独立してフリーランスになればセンスや能力をアピールして自ら仕事を取りにいかなければなりません。そこでプレゼンテーション能力も必要とされます。

舞台やステージの照明を担当!「舞台照明デザイナー」の仕事とは?

舞台照明デザイナーが仕事の依頼を受けると、演出家や舞台監督などと打ち合わせを行い、どのような照明演出をイメージしているのかヒアリングします。PCで作成したプランナーを作成し、予算配分や人員配置なども依頼に沿ったものに仕上げます。

作製したプランナーをもとに実際に照明を吊り下げていきます。ステージによって設備が異なるため、さまざまな設備に対応できる知識や経験がなければ一人前の舞台照明デザイナーとは言えないでしょう。通しのリハーサルなどもすべて参加し、本番を終えると、撤収して原状回復するまでが一連の仕事の流れです。照明器具によってはレンタルの手配などを行うこともあります。

照明デザイナーの仕事のやりがいとは?

社会の役に立つ喜び!自分がデザインした空間で快適に過ごしてもらえる

自分がデザインし手を加えた空間でさまざまな人が快適に過ごしてもらえる嬉しさは、照明デザイナーのやりがいの一つと言えるでしょう。ショッピングセンターやホテルなどでは毎日さまざまな人が照明のもとで、それぞれの時間を過ごします。

ゆったりとしたくつろげる空間、家族で訪れたくなるような楽しそうな明るい空間、など訪れる人や建物のコンセプトに合った空間づくりが照明を通して完成させることができた時、仕事の誇りを持つことができます。

建築物は数十年もの間、インテリアや照明を変えずに親しまれることが多いです。長期間にわたって人々に愛されるような空間づくりができるのは照明デザイナーならではの喜びと言えるでしょう。

完成イメージに限りなく近づける!依頼主に喜んでもらえた時

照明デザインや空間デザインに関する技術やセンスをデザインに生かし、仕事を依頼してくれたクライアントに喜んでもらえる瞬間は照明デザイナーとしてやりがいを感じる瞬間と言えるでしょう。人に喜んでもらえるものを作れた実績は今後の仕事の原動力にもなり、生かされてきます。

照明デザイン・空間デザインに正解はない!時には試行錯誤で苦しいことも

インテリアや空間演出を行う際に、その人のセンスや好みも影響してきます。照明デザイナーとクライアントの好みや意向が食い違うこともあるでしょう。

また照明デザイナーとして仕事をする中で「こちらの方法の方がデザインとしては良い」と思っても、クライアントの意向や予算の関係、技術的な問題などを考慮して思った通りに行かないことも少なくありません。

照明デザインや空間デザイン、インテリアは個人の好みやその人の生活習慣、建物のコンセプトによって異なるため正解はありません。そのため、クライアントに納得してもらうために、何度も図案を書き直したり、計画通りに進まないこともあります。

クライアントに満足してもらった時に喜びを感じられると同時に、正解がないために試行錯誤を繰り返す苦労を感じることも多いかもしれません。

照明を使って人々に感動を!イルミネーションや舞台演出で感動の演出!

普段あまり意識しないかもしれませんが、光の演出は人々にさまざまな印象を与え、時には感動させたり、悲しい雰囲気を作り出すこともできるものです。舞台照明デザイナーの仕事はまさに、照明を使ってアーティストや演出家のイメージに沿った演出を行うのが仕事です。

建築やインテリアの照明デザイナーも、ビル一棟や橋、大型施設のイルミネーションなど、大型照明のデザインを担当した場合に人に感動を与えられたと感じられる瞬間があるかもしれません。光と空間の演出を通して人々に感動を与えられる瞬間は照明デザイナーとしてやりがいを感じられる瞬間と言えるでしょう。

照明デザイナーの仕事内容まとめ

専門によって仕事内容は大きく異なる!

照明デザイナーの仕事は、大きく分けて3つのジャンルに分けることができ、中でも舞台照明デザイナーは舞台照明やライブステージの照明を専門とします。そのほか、照明器具をデザインする照明デザイナーや、照明を用いた空間デザインを専門にする人もいます。

照明デザイナーのみの収入で生計を立てるのは難しいため、他の専門資格などを用いて幅広く仕事を引き受けている照明デザイナーが多いです。

照明デザイナーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

照明デザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

照明デザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB