ライターになるには?向いている人や必要なスキル・資格とは?

ライターになるには?向いている人や必要なスキル・資格とは?

自宅で仕事ができるライターは、クラウドソーシングサイトを使うことで、さまざまなクライアントから仕事をもらうことが可能です。他にも、自身で立ち上げたサイトで記事を掲載するといった方法もあります。今回は、そんなライター業に必要なスキルや向いている人、何かしらの資格は必要なのかについてご紹介していきます。

ライターにはどんなことが必要

ライターには3つのスキルが求められる

クラウドソーシングでライターを始める方は多いと思いますが、最低限必要なスキルを持っていなければ、仕事や収入を増やすことができません。そんなライターに求められるスキルには大きく分けて3つり、それぞれを習得していればライターとして活動していくことができるでしょう。

それでは、ライターに求められる3つのスキルについて一つひとつご紹介していきます。クラウドソーシングに興味のある方、ライターをやってみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

特定の分野に詳しい情報や知識を持っている

記事を作成していくにあたって、必ず紹介する「テーマ」があります。テーマに沿った内容を執筆していくためにも、特定の分野の情報に詳しい情報や知識を持っていることが大切となります。その分野について知りたい読者が記事を読むことになるので、正しい情報やためになる情報を執筆しなければなりません。

また、クラウドソーシングサイトを使ってライター業をする場合には、クライアントから指定されたテーマやキーワードを元に執筆を行います。この場合は自分が知らない分野の記事を作成する場合もあるため、自分で調べて情報や知識を得ることが重要になります。

ちなみに、調べ書くことがきちんとできるライターであれば、調べた情報や知識を習得することができるので、今後の仕事にも役立てることができますよ!執筆できるジャンルの幅が広がれば、いろんなクライアントから仕事ももらうことができようになるでしょう。

読者にわかりやすい記事を作成する文章力

知りたい情報をネット上で調べたとき、参考にしたサイトの記事が専門用語ばかりで読みづらい、何を言っているのかわからないといった経験はありませんか?確かにライターは正しい情報を記事にすることが仕事ではありますが、ただ紹介するだけでは意味がありません。

ライターに求められるスキルとして、正しい情報を伝えつつ読者にわかりやすい記事を作成することも大切です。専門用語はわかりやすく噛み砕いて意味を紹介し、例文などを交えて執筆するといった文章力が必要になるでしょう。

また、わかりやすい文章はもちろんですが、読者が読んでいて面白いと感じる記事を書く場合にも、文章力が求められます。このような記事は継続して読んでくれる読者がついてくれるようになるので、ライターとして持っておくべきスキルといえるでしょう。

SEOの知識を持っていれば読者が増える

検索エンジン最適化と呼ばれる「SEO」は、ライターに興味を持っている方であれば耳にしたことがあるのではないでしょうか?これは、さまざまな検索エンジンの中でも特にシェア率の高いGoogleがWebサイトを評価することで順位が決まる仕組みとなっています。

つまり、SEOの知識を持っていれば自信が立ち上げたサイトを検索上位に表示させることができるため、アクセス数を増やすことが可能となります。SEOの知識を持って記事を紹介することで読者が自然と増えて来るので、ライターを目指している方はSEO対策ができるよう事前に勉強しておくと良いでしょう!

ライターは資格がなくてもできる仕事

ライターになるには上記でご紹介したスキルは必要になりますが、何かしらの資格が必要になることはありません。仕事によっては資格がなければできないといったものもありますが、ライターは資格不要でできる仕事なので、副業として行っている方も多い仕事の1つです。

ちなみに、「何から始めたら良いのかわからない・・・」「ライターの基礎をしっかりと学びたい」というライター未経験の方は、編集プロダクションや出版社への就職がおすすめです。きちんとした企業で働くことができるので、ノウハウを学びながらライターを本業にすることができます。

また、すでにライター業界に携わっている方でも、自分の進みたいライターの道へと転身することも可能です。資格不要で誰でもチャレンジできる仕事なので、編集専門のライターやフリーライターなど、自分が進みたいライターの道へとぜひ挑戦してみてください!

ライターに向いている人、適性がある人

人に情報を伝える・知識を教えることが好きな人

ライターは読者にさまざまな情報を紹介することが仕事なので、人に情報を伝えたり、自分が持っている知識を教えたりすることが好きな人には向いている職業です。普段から新しい情報を調べて友人や職場の方との会話のネタにしている、好きなことに付いてとことん追求して得た知識を、同じ趣味を持った方に教える。

このようなことが好きな方であれば、ライターとして適性があるといえるでしょう。「いろんな情報をネット上でたくさんの人に伝えたい」そういった想いのある方は、ぜひライター業をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

アクセス数が増えればそれだけあなたの記事が必要とされている証拠なので、やりがいを感じることができるようになるでしょう。

文章を書くことが好きな人

言葉ではなく文章でさまざまな情報を伝える仕事なので、文章を書くことが好きな方にも向いている職業となります。自分の感想を交えながらオジリナル要素たっぷりの記事を執筆できるので、文章を書くことが好きな方にとっては天職になるかもしれませんね!

しかし、ライターはただ文章を書くだけでは勤まらないので、ご紹介したスキルを身につけることから始めなければなりません。文章を書くことが好きであり、なおかつスキル習得のための勉強が苦に感じない方は、この仕事に適性のある人といえるでしょう。

自己管理をきちんとできる人

自宅でライター業をされる場合は、自己管理がかなり重要なものになります。例えばですが、会社に努めていれば勤務時間や休憩時間など、決められた時間の中で仕事を行いますが、個人でライターをする場合は全ての作業時間を自分の好きなように決められます。

つまり、一般的な仕事と比べて自由の利く仕事なので、自己管理がきちんとできなければ仕事も生活もメチャクチャになるなんてことも・・・。さらに、クライアントから仕事を受けている場合は納期というものが存在するため、予定通りに活動できなければ仕事をもらえなくなってしまいます。

全ての時間を自由に使えるといったメリットはありますが、その分自分を甘やかしてしまう可能性があるといったデメリットもあります。そのため、自己管理がきちんとできる方であれば向いている仕事ではありますが、そうでない方の場合はよく考えてからライターになることをおすすめします。

ライターになるための学校・教室

将来ライターを目指す学生さんなら専門の学校へ

将来ライターになりたいと考えている学生さんであれば、「文芸学」「マスコミ学」「社会学」などが学べる専門学校や大学に通ってみてはいかがでしょうか?自己流の勉強では学べない専門的な知識を教えてもらうことができるので、必要なスキルをきちんと習得することができます。

卒業後は出版社や編集プロダクションといった職に就くこともできますし、フリーライターとして個人で働くことも可能。ライターになるために必要なノウハウを学びたいという方は、ぜひ専門の学校への進学を検討してみてください。

ライター初心者のうちは教室に通うのはまだ早いかも

ライター初心者の方はまだまだ経験が浅いため、少しでも稼げるようになりたいと専門の教室や講座に通うことができます。しかし、受講料は約10万円以上にもなるといわれていて、簡単に通えるとはとても良いがたいもの。さらに、実際に教室や講座に通った方の多くは、「いい話が聞けて良かった」というだけで終わってしまうことが多いそうです。

そのため、ライターになるための教室や講座に通うのであれば、ある程度の経験・実績・知識を身に付け、収入が安定した頃にどうするかを検討してみてはいかがでしょうか?最近では専門の書籍が販売されていますので、自分で勉強をしてライターとしての腕を磨いている方も少なくありません。

しかし、出版社や新聞記者など、すでに経験をされている方であれば、教室や講座に通うことで新しいことを学ぶことができます。経験者だから理解できる情報を得ることができるので、「執筆が上手くいかない」「読者や売上をもっと増やしたい」という経験者の方は、一度教室や講座に通ってみると何かしらの改善点を見いだせるかもしれませんよ!

ライターになるには?まとめ

スキルさえ身につければいつでもライターになれる!

ライターとして必要なスキルさえ身に着けていれば、特別な資格は必要ないので、いつでもライターになることができます。自宅でできる仕事がしたい、ライターという仕事に興味があるという方は、まず必要なスキルから学んで行きましょう。

しかし、ライターには向き不向きがあるため、誰でもライターになれるというわけではありません。ご紹介してライターに向いている人を参考にして頂き、自分に当てはまるという方であれば、ライターになることができるでしょう。

ライターの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ライターの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB