アナウンサーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アナウンサーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

男女問わず人気の高い職業、アナウンサー。しっかりと情報を伝える凛とした姿から華々しいイメージのある職業ですが、実は地道な努力を続けたうえに成り立っているようです。今回はアナウンサーの勤務先や仕事の特徴、魅力などについてご紹介します。

アナウンサーとはどんな仕事?

メディアで情報を伝える仕事

最近ではどこまでアナウンサーの仕事なのか曖昧になっていますが、アナウンサーの仕事は基本的にテレビ番組やラジオ番組で原稿を読んで情報を伝える仕事になります。

年に数人の採用で、かなり倍率も高く狭き門をくぐる必要がある仕事ですが男女ともに人気の高い職業です。

声で情報を伝える仕事

アナウンサーの仕事は自分の声で世の中の情報を人々に伝える仕事です。

ニュース番組では用意された毎日異なる原稿を正確に読み上げることが基本的な業務内容になりますが、感情的にならないように分かりやすく聞きやすさも考慮して伝える必要があるのです。

原稿を間違えないように読むことはもちろん、ニュースの内容のどこに重点があるのか、強調するポイントも意識して読む必要もあります。

司会進行として回すことも大切な仕事

アナウンサーの仕事は読むだけではなく、時にはバラエティー番組の司会をする必要もあります。

出演者の発言に気を配り適切に場を進める能力が求められるので、全体を見通す視野もしっかり必要になります。

テレビ局やラジオ局への就職が一般的

アナウンサーの仕事は、テレビやラジオで情報を伝え読み上げる事ですが、他にもイベントの司会やスポーツの実況、レポーターとしても活躍することがあります。

アナウンサーの就業先としてはテレビ局やラジオ局に就職して勤務する場合とフリーで活躍する場合の2つが挙げられます。

アナウンサーの就職はキー局に限らず地方局でも競争率が激しいです。CS放送やインターネットの番組など活躍の場は広がっていますが、やはり狭き門だと言えます。

担当番組次第では早朝からの勤務も

アナウンサーの仕事では担当する番組が早朝からであれば、その分勤務も早くなるので、かなり時間が変則的な仕事でもあります。

アナウンサーの1日は基本的に担当番組の時間帯や受け持っている仕事の数によって異なりますが、朝6時から生放送がある場合にはアナウンサーは3時間前の3時に出社する必要があります。

発声練習やメイクセット、打ち合わせを経て6時の本番を迎えることになります。担当番組次第でアナウンサーとしてのルーティンが大きく異なる仕事なので、精神的にも肉体的にも負担のかかる仕事と言えます。

アナウンサーの仕事は意外とハード。体力が必要

アナウンサーの仕事はメディアなどで華々しく映るイメージがありますが、時間拘束が変則的な時間のため、精神的にも肉体的にも負担がかかります。

担当する番組の本番のかなり前から打ち合わせやメイク、発声練習などを終えて、朝の番組に出演する場合には夜中のうちに出社する必要があります。

バラエティー番組の司会などがあれば遅くまで収録が伸びることもあり、安定した睡眠時間の確保も難しくなることも良くあります。

いくら疲れていてもメディアに出る際には、それを感じさせない笑顔で取り繕う必要があるので、負担も大きく体力が必要になると考えられます。

アナウンサーの給料レベルは高めの傾向

アナウンサーの給料は他の職業に比べると高い傾向が多いようです。一般的には23万円から25万円前後の給与からスタートし、年収350万円と言われています。

アナウンサーの仕事は、視聴者にウケれば、視聴率がとれる時間帯の番組の顔として引っ張りだこになり、30代で1000万円以上の年収を稼ぐ人も少なくないです。

アナウンサーとして人気が出れば大幅な給料アップも見込める夢のある仕事には違いないでしょう。

アナウンサーの仕事は原稿を読み伝える事

アナウンサーの仕事はニュース番組で原稿を読み情報を伝える以外にも多くあります。

一般的にニュース番組を担当しているイメージがありますが、下記の一覧を見ても出演する番組は様々です。

  • バラエティ番組
  • ドキュメンタリー番組
  • ラジオ番組

ニュースを読む以外にアナウンサーがする仕事

アナウンサーの仕事は、原稿を読み上げるだけではありません。経験や実績によって任される仕事は幅広いです。

共演者をサポートする

アナウンサーとして採用されたとしても、いつもメインのアナウンサーになれるわけではありません。サブとしてメインのアナウンサーやキャスターの進行を助ける役割も大切な仕事の一つ。

タレントやメインの出演者が話しやすいように台本にないアドリブで意見をまとめる事などスムーズに進行する役割も求められるのです。

取材活動もアナウンサーの仕事の一つ

番組内容によってはアナウンサーが現場を取材して話すという仕事もあります。スポーツ番組であればその選手の特徴やデータを調べてまとめておく必要あります。

しっかりまとめて説明するために情報を収集する下準備が必要になります。アナウンサーとして地道な下調べや取材なども大きな役割の一つです。

カメラを回すこともあるアナウンサー

アナウンサーの仕事の中で地方局の場合にはカメラを回す場合もあります。加えて番組の編集もすることもあり、裏方の仕事を担当することもあるのです。

アナウンサーの仕事は勤務場所によって変わる

一口にアナウンサーと言っても勤務先はキー局と地方局によって仕事内容も大きく変わってきます。

アナウンサーたちがテレビやラジオで活躍していますし、中にはフリーになって自由にアナウンサーとして活躍する人もいます。

下積みからはじまるアナウンサーの仕事

アナウンサーの仕事は地道な下積みから始まります。アナウンサーになったとしても、新人がいきなりニュースの原稿を読むことは出来ません。

中には資格を持っている人もいますが、アナウンサーの世界では大体の仕事をこなせるようになるにはかなりの時間が必要になると言えます。

お茶入れから始まるアナウンサーの世界

新人アナウンサーとして1年目は全員分のお茶を入れるところから始まります。それぞれの湯飲みが決まっているので間違わないようにお茶を入れて新聞を読み、スクラップを作ります。

全て丁寧に神経を研ぎ澄ませて行っていきます。定時ニュースがあれば自分でメイクして着替えて仕事場に行くというシステムになっています。

一人前のアナウンサーになるために一般的な職業に比べるとかなり特殊な仕事をこなす必要があるのです。

アナウンサーの仕事のやりがい

自分の声で情報を多くの人に伝えることが出来る

アナウンサーの仕事の醍醐味は自分の声で情報を多くの人に伝えることが出来るという事。大勢の人が見たり聞いたりしているラジオやテレビに自分が人の役に立って居るという実感を感じることが出来ます。

注目を浴びる仕事なので、当然プレッシャーも伴う仕事ではありますが、番組収録や生放送など刺激的な現場が多く大きな充実感を感じられる仕事です。

多くの人との出会いのある仕事

アナウンサーはタレントや取材相手、番組制作のスタッフなど多くの人と一緒に仕事をします。人から学ぶことも新しく知る機会も多いので仕事を通して自身の価値観や視野を広げることが出来ます。

出会いの機会が多いので多様な分野で活躍するプロフェッショナルとの人脈を作れることも大きな魅力。出会いを期待して仕事に対する熱を持って前向きに仕事をすることがアナウンサーとしてのやりがいと言えます。

アナウンサーの仕事内容まとめ

アナウンサーは地道な努力で相手にしっかりと伝える事が求められる仕事

ニュースを読み上げるアナウンサーは、相手にしっかりと伝える能力が必要になります。

最初はお茶淹れや新聞でスクラップ作りなどが主ですが、経験を積んでいくとメディアなどでニュースを読んだり、バラエティー番組の司会を担当したりと充実していきます。アナウンサーの仕事は担当する内容にもよりますが、生活も不規則で精神的にも肉体的にも負担のかかる仕事です。

アナウンサーの勤務先はキー局と地方局によっても仕事内容が異なり、地方局であればカメラを回したり編集をする場合もあります。

毎日のニュース番組の顔として人気が出れば生活のルーティンも変わりとても忙しくプライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。しかし多くの人に支持されて役に立って居ると感じられる事は何よりのやりがいに感じられるはずです。

アナウンサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

アナウンサーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アナウンサーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB