データサイエンティストになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

データサイエンティストになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

データサイエンティストになるには、資格や学歴は不要です。しかし、機械学習やプログラミングなどの高度なスキルが必要になり、大学院や大学、専門学校で学習するのが一般的です。データサイエンティストとして成功するためには、ロジカルな思考や根気強さなどの適性が求められます。この記事では、データサイエンティストになるには何が必要なのか詳しく解説します。

データサイエンティストになるには何が必要?

データサイエンティストに資格は不要

非常の専門性の高い仕事をするデータサイエンティストですが、特別な資格は必要ではありません。医師や弁護士のように法律で決められている資格はなく、無資格でもデータサイエンティストとして働くことはできます。

また、データサイエンティストという職業が認知されるようになって日が浅いため、この職に就くためのステップが明確に定められておらず、IT業界から参入する人やコンサルティング業務の経験を活かして、データサイエンティストになる人もいます。

企業の中には、新卒の未経験者をデータサイエンティストとして募集している場合もあり、すべての人にチャンスのある仕事です。

学歴がなくてもデータサイエンティストになれる

ただし、数学や統計学などを学んだ人は就職に有利

データサイエンティストになるには、学歴は関係なく、指定されている大学などもなく、誰にでもチャンスがある仕事です。

しかし、現実問題として、大学院で統計学を学んだ人や理系大学で数学を学習した人がデータサイエンティストとして採用されやすいのは言うまでもありません。

さらに、情報学部や工学部、経営学部などを卒業した人がデータサイエンティストになっている事例が多く、高度な学習経歴は欠かせないものとなるでしょう。

最近では、大手企業がデータサイエンティストの導入を進めている背景を受けて、データサイエンス学部を新設している大学も増えてきました。

データサイエンティストに学歴は関係ありませんが、大学や専門学校で学習した人の方が有利になります。

データサイエンティストに必要なスキル

データサイエンティストに資格は不要ですが、業務を遂行するにあたって高度なスキルが必要です。

  • ビジネススキル
  • データエンジニアリングスキル
  • データサイエンススキル

データサイエンティストには、特定の企業が抱えている問題を的確に把握し、原因を見極め、解決策を提示する能力が必要です。また、収集したデータを意味のある仕方で分析し実装するために、情報科学や数理統計などのスキルが必要です。

加えて、データエンジニアスキルとして、Python、Rなどのプログラミング知識も必須です。まとめるとデータサイエンティストには、統計学・情報処理・機械学習・プログラミングに関する高度なスキルが必要です。

データサイエンティストになるための勉強法

データサイエンティストになりたいと思っているのであれば、以下の3つの方法を試してみることをおすすめします。

  • 参考書を使った学習
  • 資格取得
  • 資格スクールに通う

データサイエンティストになるには、幅広い知識が必要になるため、特定の参考書一冊を学習すれば十分というわけにはいきません。

多方面からの知識を習得する必要があり、統計学やプログラミング、ディープラーニングに関する知識を得るためには、分野ごとの参考書を使用するといいでしょう。

また、統計検定や基本情報処理技術者試験、オラクルマスター試験などに挑戦することで、知識とスキルを同時に習得でき自身の経歴を効果的にアピールできます。

独学での学習に不安を感じる場合、カリキュラムが充実している資格スクールに通う方法も効果的です。自分に合った方法を見つけることでデータサイエンティストになる夢を叶えることができます。

データサイエンティストに向いている人、適正がある人

分析力と広い視野

データサイエンティストの主な仕事はデータの分析です。ビッグデータと向き合いながら、価値のあるデータを掴み上げていきます。そのため、何事も分析するのが好きな人はデータサイエンティストとしての適性を持っています。

問題を解決するために、何が原因なのか?どうすれば解決できるのかを分析できる人はデータサイエンティストの仕事を楽しみながら行えるでしょう。また、効率よくデータを分析するためには、広い視野で物事を捉え判断する必要があり、客観的な視点も欠かせません。

一つの考え方に固執するのではなく、さまざまな可能性を引き出せるような思考回路を持っている人はデータサイエンティストとして成功できるでしょう。

筋道立てて結果を出す能力

データの分析に基づいて問題を解決するためには、ロジカルな思考回路が必要です。柔軟な発想力やアイデアも必要ですが、論理的に情報を処理していく能力も欠かせません。

ビッグデータには、膨大な量のデータがあるため、必要なものだけを抽出してビジネスの課題解決にまでつなげていきます。価値のあるデータを取り出し、問題の解決を図るには論理的な思考が必須です。

継続的な努力ができる人

ビッグデータからデータを取り出し分析するためには、繰り返しの試行錯誤が必要です。一回の分析だけでは問題の解決策が見えてこないことも多く、データと向き合いながら継続的な努力が求められます。

数学や統計学に長けている能力も必要ですが、うまくいかない状況でも工夫を繰り返し、粘り強く作業を続ける適性も欠かせません。

また、データを取り出した後も情報をまとめたり、クライアントへのプレゼンテーションのため資料作成を行う必要があり、地味な作業を着実にこなせる人のほうがデータサイエンティストとして成功しやすいでしょう。

データサイエンティストになるための学校や講座

大学院または大学

データサイエンティストとして活躍している人の多くが、大学院や大学で高度な学習を受けており、大手の企業では大学卒業が採用の条件になっている場合もあります。そのため、データサイエンティストとして、大企業で活躍したいと思っているのであれば大学進学がおすすめです。

データサイエンティストには、高度な数学的知識が必要になりますが、大学院や大学では、統計や確率、微分積分や行列など数学を深く学習できます。

さらに、論理的思考を身に着けたり、高度なプログラミングスキルも習得できます。大学院を卒業した場合、大学の研究室にデータサイエンティストとして入れる可能性もあります。

文系か理系、どっちが有利?

データサイエンティストになるには、理系大学に進む必要があると思われがちですが、文系の大学でもデータサイエンティストになることは可能です。ただし、前述の通り、データサイエンティストには統計学や確率などの高度な数学の知識が必要のため、理系が有利というのは事実です。

文系大学者でも、データサイエンティストになれますが、数学が苦手であったり、ロジカルな思考が苦手という人はデータサイエンティストになれたとしても苦労する可能性が高くなります。

文系大学を卒業した人がデータサイエンティストになるには、関係する資格を取得したり、在学中に意欲的に統計学を学習するなどの準備が必要です。

専門学校

データサイエンティストになるために専門学校に通うという方法もあります。データサイエンティストになるには、以下のようなスキルが必要になります。

  • 情報処理スキル
  • R、Pythonなどのプログラミング言語
  • ディープラーニングや機械学習の知識
  • マーケティング
  • 経営学
  • 海外論文の解読するための英語力

上記のスキルを習得できる専門学校に通うことで、データサイエンティストになることが可能です。

当然、すべてのスキルを一度に習得するのは不可能ですが、自分が一番関心のある項目を集中的に学習するといいでしょう。

専門学校の選び方

データサイエンティストになるため専門学校に通うのであれば、学校やコースの選び方が重要になります。基本的には以下の学科、コースを選択することをおすすめします。

  • 情報システム科
  • 高度情報技術科
  • AIシステム科
  • ITイノベーション科

上記の学科では、プログラミングスキルやディープラーニングの知識を習得することができるのでデータサイエンティストへの道が開けます。

専門学校の費用はさまざまですが、平均として2年生コースで250~300万円程度の学費がかかります。4年制大学よりも安くなることが多いようです。

資格スクール

大学や専門学校に通う時間ない人、例えば、すでに社会人として働いている方は資格スクールでスキルと知識を身に着けるという方法があります。

スクールでは、資格を取ることに特化したカリキュラムが組まれており、機械学習やディープラーニング、データサイエンティストに必要なプログラミングスキルを習得できます。

専門学校よりも通う期間が短く、3カ月から半年程度の期間で学習をスタートできます。データサイエンティストは無資格でもなることができるため、特定の資格を持っていれば絶対になれるというわけではありません。

どれが効果的なのかをしっかりと見極めたうえで資格スクールに通う必要があります。

資格スクールの選び方

資格スクールに通うのであれば、データサイエンティスト養成コースやデータサイエンティスト育成コースなどを設けているスクールがいいでしょう。

受講方法は通学や通信、オンラインタイプなどがあり、社会人として就職している人でも学習できます。学費はスクールによって異なりますが、40~70万円程度の費用になることが多く、学習の期間や資格の種類によって異なります。

データサイエンティストのスキルを手軽に学習できるというメリットがありますが、学歴としては認められず、高校を卒業した後に資格スクールに通った場合、高校卒業という学歴になります。

そのため、大学や専門学校に通いながら、資格スクールにも通うというWスクールとして利用する人が多いようです。

データサイエンティストになるには?まとめ

データサイエンティストには統計学やプログラミング、機械学習の知識が必要

データサイエンティストになるには、学歴や資格は関係なく誰にでもチャンスがあります。とは言え、誰でもなれるものではなく、高度なスキルと知識が必要になり、大学や専門学校などで学習するのが一般的です。

データサイエンティストに必要なスキルには、統計学や機械学習、ディープラーニングやプログラミングなどがあり、大学に進学するのであれば理系の学科が有利と言われています。

また、データサイエンティストとして成功するためには、論理的な思考回路や根気強さなどの適性が必要です。

データサイエンティストの参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

データサイエンティストの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB