ディスプレイデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ディスプレイデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ディスプレイデザイナーの主な仕事は、店舗・イベント会場・テーマパークなどにおいて空間の設計や飾り付けをすることです。本記事では、ディスプレイデザイナーの具体的な仕事内容や、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ディスプレイデザイナーとはどんな仕事?

ディスプレイデザイナーはディスプレイの飾り付けをする仕事

ディスプレイデザイナーとは、ディスプレイの飾り付けの企画や提案をする仕事です。

ウィンドウショッピングをすると、ワンピースやドレスなどの洋服、カバンやネックレスなどの小物類がきれいに飾り付けされているディスプレイを見かけることがあります。

中には多くの人を魅了する美しいディスプレイもありますが、これらの多くはディスプレイデザイナーによってデザインされています。

商品を上手に配置して魅力や価値をアピールし、集客を促すようにサポートするのがディスプレイデザイナーの仕事です。

店舗やイベント会場などが活躍の場所

ディスプレイデザイナーのおもな仕事場所は小売店や百貨店です。ショウウィンドウをはじめ、店内の飾り付けや商品の配置に携わります。さらに展覧会やイベント会場では空間演出などに携わることもあります。

遊園地などのテーマパークもディスプレイデザイナーの仕事場です。テーマパークのイメージに合わせて照明の装飾をしたり、キャラクターの配置を提案したりします。

体力が求められる仕事

ディスプレイデザイナーの仕事は体力が求められます。ディスプレイデザイナーのおもな顧客は、飾り付けの依頼をするクライアントです。そのためクライアントと打ち合わせをしながら具体的なデザインの構想を練ります。

クライアントに納得してもらえるデザインを考えなければならないため精神的にハードな仕事です。さらに具体的なデザインが決まったなら飾り付けを行いますが、ディスプレイや店内の飾り付けは店舗の営業後に行うのが一般的です。そのため、施工をするのが夜中という場合もあります。

ディスプレイデザイナーの仕事は見た目以上にハードな仕事といえるでしょう。

収入は勤務会社によっても異なる

ディスプレイデザイナーの収入は、勤務する会社の規模によって大きく異なります。有名なデザイン事務所で勤務すれば20代で年収が400万円以上になることもありますが、一般的なデザイン事務所ならば年収200万円前後のところもあります。

ディスプレイデザイナーの中には独立してフリーランスとして働く人もいます。有名なディスプレイデザイナーになれば年収が1,000万円に達する人もいます。ディスプレイデザイナーは、評価が収入につながることもある仕事です。

ディスプレイデザイナーの具体的な仕事内容

デザインや飾り付けを考案する

ディスプレイデザイナーのおもな仕事は、店舗・イベント会場・テーマパークなどのイメージや戦略に合わせた飾り付けをすることです。

クライアントへのヒアリングをしながら、ラフスケッチなどをしてイメージを具体化していきます。さらにプロジェクトの資料を作り、デコレーションに必要な商品の選定や費用、作業人数や作業時間などを決定します。

大きなデザイン会社に勤務する場合は、飾り付けを監督する立場として働きますが、小さなデザイン会社に勤務する場合は、自ら手作業でデコレーションを行うこともあります。

商品や装飾品の手配も行う

ディスプレイデザイナーの仕事は、デザインの考案だけでなく、飾り付けで使用する装飾品の発注も行います。

おもな装飾品には、造花やイルミネーション、ハサミやカッター、接着用テープや風船などがあります。施工当日にトラブルが発生しないように、飾り付けをする商品や装飾品は間違えがないように確認をします。

効果測定も行う

ディスプレイデザイナーはディスプレイの飾り付けが終わった後も仕事があります。

新しい飾り付けをする前と後の集客人数を調査して、効果測定を行います。集客がアップすれば問題ありませんが、集客効果が得られない場合は、クライアントと再度話し合いをしてデザインの変更をするかを確認します。

ディスプレイデザイナーにとっての成功は、集客が増えることです。そのためには、集客に関する調査を行い、詳細なデータを集めて、分析することが重要です。

デザインの勉強も仕事のひとつ

ディスプレイデザイナーは、集客アップが期待できるアイデアを常に提供し続けなければなりません。そのため、仕事の後や休日にはデザインの勉強をすることでアイデアを増やします。

美術館や展覧会に足を運んだり、最新の流行についての調査をしたり、他のディスプレイデザイナーが手掛けた作品を観察したりすることでアイデアを増やします。

さらに、デザインの際に必要なグラフィックやデッサンの技術を磨く勉強をしたり、装飾に関する素材の勉強をしたりもします。

ディスプレイデザイナーの仕事のやりがい

自分の特技や才能を発揮できる仕事

ディスプレイデザイナーの仕事のやりがいの1つに、自分の特技や才能を発揮できることがあげられます。

企画から実行までディスプレイのデザインを行うことができます。新しいデザインを考えるのは簡単なことではありませんが、自分のスキルや知識を生かすことができるため、やりがいがあります。

ディスプレイデザイナーとしての信頼を得られるようになれば、ディスプレイに関する全ての工程を任されるようになり、自分の好きなようにデザインすることも可能です。

評価が分かりやすい仕事

ディスプレイデザイナーの仕事は、他の仕事とは異なり評価がすぐに分かります。自分で納得のいくようなディスプレイを施したとしても集客が増えなければ成功とは言えません。逆に集客がアップすれば、人を魅了するディスプレイを制作できたとして評価されます。

クライアントとの関わりを持つ仕事のため、時にはプレッシャーがかかることもありますが、結果を残すことでやりがいに変えることができます。

お客さんに喜びを与えることができる仕事

ディスプレイデザイナーの仕事のやりがいのもう1つに、手掛けた作品を通してお客さんに喜びを与えることできるというのがあります。

お店やテーマパークの美しいディスプレイを通して「感動した」、「飾られている商品が欲しくなった」といった反応を見ることができます。

店や街の雰囲気を変えることもできる仕事

ディスプレイデザイナーはお客さんだけでなく、店内の雰囲気も変えることができるやりがいのある仕事です。

デコレーションされたディスプレイによって多くのお客さんを集客できれば、店の店員のモチベーションを高めることができます。また、店内の美しい飾り付けによって店員が楽しく仕事ができるようにもなります。

さらに、ディスプレイデザイナーは街の雰囲気を変えることもできます。美しいディスプレイによって集客がアップして街に人が増えます。そうすることで町全体の雰囲気を明るくできます。

ディスプレイデザイナーの作品で多くの人の心を喜ばすことができるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーの仕事内容まとめ

ディスプレイデザイナーはディスプレイの飾り付けをするのがおもな仕事

ディスプレイデザイナーのおもな仕事は、ディスプレイのデザインを企画してお客さんに感動を与える飾り付けをすることです。

クライアントと話し合いを重ねながら、アイデアを形にしていきます。知識やスキルが求められる仕事ですが、自分の手掛けたディスプレイによって多くのお客さんを集めることができれば、ディスプレイデザイナーになってよかったと感じることができるでしょう。

ディスプレイデザイナーの仕事のやりがいの1つに多くの人に感動を与えることができるという点があげられます。お客さんに喜んでもらったり、店員のモチベーションを高めたり、街の雰囲気を明るくしたりできる魅力的な仕事です。

ディスプレイデザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ディスプレイデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB