ディスプレイデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ディスプレイデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

空間の設計や飾り付けをするディスプレイデザイナーの給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?勤務する企業によって収入は大きく異なってきます。今回の記事では、ディスプレイデザイナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ディスプレイデザイナーの初任給

ディスプレイデザイナーの初任給は20万円前後

ディスプレイデザイナーとして働く場合の初任給は20万円前後が相場といわれています。

厚生労働省による賃金構造基本統計調査(初任給)のデータによると、平成30年度の大学卒の平均初任給が20.3〜21万円、高校卒が16.2〜16.6万円です。

ディスプレイに商品や装飾品を使って飾り付けをする華やかな仕事ですが、給料面に関しては平均的といえるでしょう。

新人ディスプレイデザイナーの対価は低めの傾向

ディスプレイデザイナーの初任給は、勤務する企業の規模によっても異なります。大手のデザイン会社に採用されれば初任給も高めになりますが、一般的なデザイン会社で働く場合は、給料も低めです。

新人ディスプレイデザイナーは、先輩ディスプレイデザイナーのアシスタントを務めることもあるため、肉体的にもかなりハードです。その重労働の対価としては低いと考えておく方がよいでしょう。

転職の場合の給料は勤務先で異なる

ディスプレイデザイナーのなかには、よりレベルの高いデザイン会社へ転職してスキルアップを図る人もいます。転職の場合の給料は、過去の経験や技術によって異なってきます。

中規模の企業や大企業のディスプレイデザイン会社へ転職すれば、給料が25〜30万円までアップすることもありえます。

他業種からの転職は給料が新卒の給料レベルに下がることも

ディスプレイデザイナーのなかには、他業種から転職した人もいます。住宅関連企業、インテリアショップ、インテリア系のデザイン会社に就職して、デザインに関する技術や知識を習得してから、ディスプレイデザイナーを目指すような場合もあります。

給料に関しては、前職の経験やスキルが評価されることもありますが、企業によっては新卒のグラフィックデザイナー並みの給料になることも考えられます。

そのため面接試験を受ける際には、過去の実績や経験をアピールしましょう。小規模のデザイン会社の場合は、経営者の判断で給料が変わることもあります。

ディスプレイデザイナーの平均給与

ディスプレイデザイナーの給料は25〜50万円

国や地方公共団体によるディスプレイデザイナーの給与に関する詳細なデータはありませんが、各種求人情報では25〜40万円前後となっています。

ディスプレイデザイナーの仕事は、クライアントの要求に合わせた飾り付けをしなければならないため、定期的な打ち合わせをしたり、アイデアを提供したりします。

場合によっては深夜まで仕事をすることもあるため、ディスプレイデザイナーの労働対価は決して高いとはいえないでしょう。

ディスプレイデザイナーの給料は企業によって異なる

ディスプレイデザイナーの給料は、勤務する企業によっても異なります。デザイン関係の有名企業で働くことができれば、入社3年目で年収が400万円に達することもあります。

その一方で、小さなデザイン会社などでは、10年以上働いても年収が400万円のまま変わらないところもあります。そのため、ディスプレイデザイナーの中には、ある程度の経験や技術を身につけたら転職したり、独立したりする人もいます。

平均給与は男女によっても差がある

厚生労働省による「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、男性の平均給与が33.5万円なのに対して女性の平均給与は24.6万円にとどまっています。ディスプレイデザイナーについても男女の平均給与に差があり、30〜34歳の男性の平均給与が24.8万円なのに対して、女性の平均給与は18.7万円です。

男女間で給与に差が出る理由として、女性は結婚や出産によって産後休暇を取得したり、退職したりするケースが多いためといわれています。賃金構造基本統計調査のデータでも男性の勤続年数の平均が13.5年なのに対して、女性は9.4年です。

さらに、管理職の立場で働く人の多くが男性のため、男性の給与が高いとも考えられています。ただし、企業によっては女性が管理職で働く場合も増えています。

勤務期間によって給与が異なることもある

厚生労働省による賃金構造基本統計調査のデータによると、20〜24歳の男性の平均給与は21万円なのに対して、40〜44歳の平均給与は35.8万円です。

ディスプレイデザイナーについても同じことが当てはまり、20〜24歳のディスプレイデザイナーの平均給与は21.1万円なのに対して、40〜44歳のディスプレイデザイナーの平均給与は28.9万円です。

ディスプレイデザイナーの給与は、スキルや技術だけではなく、勤続年数によってアップすることがあります。

ディスプレイデザイナーの平均年収

ディスプレイデザイナーの年収は300〜500万円

ディスプレイデザイナーの年収に関する国や地方公共団体による詳細なデータはありませんが、ディスプレイデザイナーの平均給与から換算をすると、年収は300〜500万円と考えられます。ディスプレイデザイナーは勤続年数によっては安定した収入を得ることも可能な職業です。

ただし、ディスプレイデザイナーは納期に合わせて仕事をしなければならず、勤務時間が不規則になることもあります。そのため企業によっては、労働に対する年収の対価が低く感じることもあります。

ディスプレイデザイナーとして働く場合には各種手当の確認を

ディスプレイデザイナーとして働く場合には残業手当や賞与などの確認も重要です。デザイン会社の多くは残業手当や賞与を支給しており、特に賞与に関しては給料4カ月分の賞与が支給されます。

年齢によっても賞与の支給額が異なり、25〜29歳のディスプレイデザイナーの平均賞与が86.6万円なのに対して、50〜54歳のディスプレイデザイナーの平均賞与は138.6万円です。

求人広告には、賞与や残業手当などの各種手当の有無についての記載があるため、就職面接を受ける際には必ず確認をしておきましょう。

ディスプレイデザイナーのなかには独立する人もいる

ディスプレイデザイナーのなかには、経験や実績を積んだ後に独立する人もいます。ディスプレイデザイナーとしての結果を残せば、業界内でのネットワークや人脈を築くことができるため、個人のフリーランスとして働くことが可能です。

独立したディスプレイデザイナーのなかには、フリーランスとして活躍する人もいれば、新たにデザイン会社を興す人もいます。

ディスプレイデザイナーの中には年収が1,000万円の人も

ディスプレイデザイナーのなかには、平均年収よりも高い収入を稼いでいる人もいます。

雑誌やテレビなどのメディアに取り上げられる有名ディスプレイデザイナーや海外の有名ブランドショップと提携するディスプレイデザイナーのなかには、年収が1,000万円を超える人もいます。

仕事の結果が評価につながる仕事のため、実力があれば高年収を得ることも可能な夢のある職業です。

ディスプレイデザイナーの給与・年収まとめ

ディスプレイデザイナーの給与レベルは平均的。場合によっては年収1,000万円も可能

ディスプレイデザイナーは、クライアントに納得してもらえるアイデアを提供したり、クライアントが指定する期日までに間に合わせたりしなければならないため精神的にも肉体的にもハードですが、給料に関しては安定した収入を得ることができます。

ただし企業によって給料に開きがあるため、就職活動をする際には、給料や各種手当についての確認をしておきましょう。

ディスプレイデザイナーとして経験や実績を積んだ人のなかには、独立して働く人もいます。フリーランスとして働く人や新しいデザイン会社を興す人の中には、年収が1,000万円を超える人もいます。

スキルが収入につながる仕事のため、活躍すれば大金を稼ぐこともできる夢のある職業といえるでしょう。

ディスプレイデザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ディスプレイデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB