映画配給会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

映画配給会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

さまざまな映画作品の買い付けを行い、上映する映画館の手配や宣伝などを仕事としている「映画配給会社社員」。そんな映画配給会社社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、映画配給会社社員になるために必要なことをはじめ、向いている人の特徴などについてご紹介します。

映画配給会社社員になるには何が必要?

映画配給会社への就職はそう簡単ではない

映画配給会社社員に就職するには、大きく分けて「大手映画会社」と「独立系映画会社」のどちらかから業界入りします。しかし、映画配給会社を含む映画業界への就職は狭き門といわれているため、誰でも簡単に就職できるというわけではないようです。

というのも、定期的に人材の募集を行っている会社はあるものの、採用人数が少ないためそう簡単に就職することができません。そのため、映画業界で働きたいという方は、常に映画配給会社の募集をチェックしておくことはもちろんのこと、すぐに応募することが大切といえるでしょう。

資格がなくても映画配給会社社員になれる

職業によっては資格を求められる場合があるので、「就職(転職)するなら何か資格を取る必要があるのかな?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?結論から言って、映画配給会社社員は特に必要となる資格はありません。

狭き門と呼ばれる業界なので簡単に就職というのは難しいかもしれませんが、誰でも目指すことができる職業となっています。また、映画配給会社社員に求められるのは資格ではなく、「さまざまな映画作品をどのようにして多くの人に伝えるか」という企画力や、買い付けた映画作品を売り込むための交渉力といったスキルだといわれています。

ですので、過去に企画部や営業部などで職務経験がある方であれば、面接時に自分のスキルをアピールすることで採用率を高められる可能性があるのではないでしょうか?

語学関連の資格を取得しておけば有利になれる

映画配給会社になるには必須となる資格はありませんが、語学関連の資格は取得しておくと就職で有利になれるといわれています。というのも、洋画を取り扱う映画配給会社であれば、海外の映画会社と一緒に仕事をする機会が多いため、契約書の作成や連絡のやり取りなどを英語で行う必要があります。

そのため、映画配給会社によっては語学力のある人材を優先的に採用するところもあるので、語学関連の資格を取得しておくと採用率がアップする可能性が高いでしょう。語学関連の資格を持っていれば必ず採用されるというわけではありませんが、狭き門を突破できるチャンスを掴み取ることができるかもしれません。

また、最近ではさまざまな職業でグローバル化が進んでいます。ですので、もしも転職をすることになっても役に立つので、習得しておいて損をすることはないでしょう。

柔軟な働き方ができなければ仕事は務まらない

映画配給会社社員の1日のスケジュールは日によって異なるため、柔軟な働き方が求められるといえるでしょう。日によっては10時出社から仕事が始まり、退社する時刻は21時になる場合があります。

勤務時間が長くなるケースが多い職業なので、時間にとらわれることなく柔軟な働き方ができる方でなければ、仕事は務まらないのではないかと考えられるかもしれません。

特に、家庭や小さなお子さんをお持ちの女性にとっては、働きにくい職業だという意見が多く挙がっています。その他にも、実際に映画配給会社で働いていた方の中には、不規則な生活や激務によって転職も考える方も少なくないようなので、就職や転職を検討している方は働き方についてよく考えておくことをおすすめします。

映画配給会社社員に向いている人、適性がある人

映画好き、さまざまな映画を人に伝えたい

映画が好きで普段からよく視聴している、面白い映画を多くの人に伝えたいという熱意があるような方は、映画配給会社社員に向いているといわれています。というのも、この仕事をする上で一番大切なことは、「さまざまな映画作品を世の中に伝えたい!」という強い気持ちが必要だからです。

新作の映画情報はいつもチェックしている、またはジャンルを問わずどんな映画でも好きという方は、映画配給会社社員に必要な気持ちを持っているといえるでしょう。映画の魅力を多くの人に伝えたい、自分の好きな映画に携わる仕事をしたいという方は、ぜひ映画配給会社社員を目指してみてはいかがでしょうか。

娯楽ではなくビジネスとして考えることができる

映画を娯楽ではなくビジネスとしてしっかりと考えられる方は、映画配給会社社員になる適正があるといえます。というのも、プライベートで映画を観る際は「面白い作品だった」というだけで良いのですが、仕事の場合は客観的な視点から作品を視聴する必要があるからです。

これまでとは異なる視点から映画作品を観ることが交渉や取引成功に繋がってくるので、映画を娯楽ではなく仕事として考えられる方であれば、映画配給会社社員を目指してみてはいかがでしょうか?

人と接することが好きな人は向いている

映画配給会社社員は業務上でさまざまな人と関わることになるので、人と接することが好きな方は向いているといえるでしょう。社内では映画の配給や宣伝に関する企画をチームで考え、社外では買い付けた映画の売り込みや交渉などを行うため、多くの関係者と一緒に仕事をすることになります。

そのため、コミュニケーション能力があって人と関わることが好きな方や人付き合いが得意な高い方は、映画配給会社社員に向いているといわれています。映画が好きな方はもちろんのこと、人と関わる仕事に就きたいと考えている方にもおすすめの職業といえるのではないでしょうか?

映画配給会社社員になるための学校・教室

学部や学科の指定はないが、大卒は就職に必要

映画配給会社社員を目指すのであれば、採用条件として大卒程度の最終学歴が求められます。学部や学科の指定はありませんが、高卒や専門学校を出ているだけでは就職が難しいので、進学先を検討されている方は自分が行きたいと思う大学へと進学することをおすすめします。

また、映画業界は狭き門だといわれているとご紹介しましたが、大学の新卒であればスキルを求められることがないといわれています。上記では「企画力」「交渉力」といったスキルが求められるとお伝えしましたが、働きながら身に付けることができるでしょう。

映画業界に関する学科を設けた大学もおすすめ

少しでも仕事に役立つスキルを身に着けておきたいという方は、「語学」「メディア学」といった学部・学科を設けた大学への進学をおすすめします。専門的な知識や技術を学ぶことができるので、きっと仕事に役立てることができるでしょう。

しかし、上記でもお伝えしたように学部や学科は就職には関係ないので、一般的な学部や学科を出ている方と採用率は同じです。ですが。専門的な学科を出ている方が自分にとって得になるので、先のことを考えるのであればご紹介した学部・学科に進学してみてはいかがでしょうか?

映画配給会社社員になるには?まとめ

映画配給会社社員になるのは簡単なことではない

映画配給会社社員になるために必須となる資格は特にないので、誰でも目指しやすい職業となっています。しかし、募集や採用人数が少ないため、そう簡単になれる職業ではありません。

他者との差をつけるには、ビジネスレベルの英語力など語学関連の資格・スキルを持っていれば、就職に有利になれる可能性があります。また、人とかかわること、コミュニケーションが好きだという方にはより向いている仕事だと言えるでしょう。

とはいえ、映画業界は狭き門として有名な業界なので、就職するのであればこまめに募集情報をチェックすることが大切です。映画が好きな方はビジネスとして考えられる方であれば向いている職業なので、映画業界に携わりたいという方はぜひ映画配給会社社員を目指してみてください。

映画配給会社社員の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画配給会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB