映画配給会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

映画配給会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

さまざまな映画を世の中に広める「映画配給会社社員」ですが、一体どれくらいの収入を得られる職業なのでしょうか?本記事では、映画配給会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

映画配給会社社員の初任給

映画配給会社社員の初任給は約22万円

映画配給会社社員の初任給は、新卒での就職で約22万円前後となっている会社が多いようです。新卒社員の平均初任給は約20万円となっているので、映画配給会社社員の初任給はやや高めといえるでしょう。

しかし、業界によっては初任給から約30万円以上も得られることがあるため、高収入を狙っている方にとっては収入が低いと感じるかもしれません。ですが、基本的に初任給から高額な給与を得られる職業は少ないので、給与アップを狙うのであればすぐに退職や転職を考えるのではなく、長く続けることが大切といえるでしょう。

小規模の会社では正社員として採用されることが少ない

映画配給会社社員は、映画業界に入る第一ステップとしておすすめされている職業です。しかし、小規模の会社の場合は正社員として採用されることが少なく、アルバイトとして採用されることが多いといわれています。

そのため、当然ですが給与は時給制になってしまうので、高収入を狙うのが難しいといえるでしょう。ですが、会社によっては正社員の募集を行っているところもありますし、アルバイトで実績を積んでいけば正社員へと昇格することができます。

また、ほとんどの方は就職することで安定した収入を得たいと考える方が多いと思ますが、映画配給会社社員として満足できる収入を得るのであれば、経験と実績を積むことが大切なのかもしれません。

入社からしばらくは収入が少ないのが当たり前

映画業界はサービス業に分類されるので、テレビ業界やマスコミ業界と比べて収入が少ない業界です。そのため、映画業界では入社してからしばらくは収入が少ないというのが当たり前の業界だといわれています。

また、映画は生活に必須となるものではなく、娯楽の1つなので景気や映画の人気によって会社の利益が左右されます。利益が少なければ社員に支給する給与も少なくなるので、就職・転職をするのであれば大手の会社を選ぶことをおすすめします。

ちなみに、大手の会社で働くことができれば、会社自体の利益が少なくなる心配がなく平均的な収入を得ることができるので、安定した給与を得やすいといえるでしょう。

映画配給会社社員の平均給与

映画配給会社社員の平均給与は約25~30万円

映画配給会社社員の平均給与は、約25~30万円前後がボリュームゾーンとなっています。一般的な平均給与と比較すると同等、または少し高めの給与を得ることができるでしょう。

上記でもご紹介したように、始めはアルバイト勤務となり収入は少ないかもしれません。しかし、実績が認められて正社員になることができれば、給与額がアップするので安定した収入を得られるようになるでしょう。

入社する会社によって基本給が異なる

どんな職業や業界にもいえることですが、入社する会社によって基本給が異なります。そのため、同じ映画配給会社社員でも人によっては給与額が異なる場合があるので、少しでも収入を得たいという方は入社する会社を選んだ方が良いでしょう。

とはいえ、基本的に募集を出すことが少ない業界なので、自分が希望する映画配給会社の求人が見つからないという可能性があります。小規模な会社でなければ基本給が低いところは少ないので、入社先にこだわりすぎないように注意しましょう。

勤続年数が長くなれば基本給がアップする

勤続年数が長くなれば多くの経験を積み、さまざまな実績を残すことができるでしょう。そうした経験や実績が認められれば、まず正社員へと昇格できますし、すでに正社員の方であれば役職に就くことができるはずです。

昇格すれば基本給がアップするので、収入が少ないといわれる映画業界でも、満足できる収入を得ることができるでしょう。また、昇格によってボーナスの金額もアップするので、より安定した収入を得られるようになります。

映画配給会社社員の平均年収

映画配給会社社員の平均年収は約400~500万円

映画配給会社社員の平均年収は、約400~500万円前後がボリュームゾーンとなっています。日本の平均年収は約400万円といわれているので、映画配給会社社員の年収レベルは同程度といえます。

しかし、正社員の新卒時期の平均年収は約300万円となっているため、入社後からしばらくの期間は収入が少ない状態となるでしょう。ですが、長期的に仕事を続けていれば基本給がアップしますし、ボーナスも付与されるようになるので、年収約400~500万円は期待できるようになります。

大企業なら約800万円以上の年収を得られることもある

映画配給会社の中でも大企業に就職することができれば、なんと約800万円以上の年収を得られることがあるといわれています。そんな映画配給会社にはさまざまな会社がありますが、特に「株式会社東宝」は業界でも高収入を得られることで有名となっています。

勤続年数や年齢によっても異なりますが、東宝の社員の中には900万円近い年収を得ている方がいるといわれています。東宝は映画業界でも有名なうえ、他の映画配給会社と比べてとても安定している会社なので、このような高収入が狙えるのでしょう。

他にも、「東映株式会社」も高収入を得られる会社として有名となっています。近年、東映で働く社員の年収が上昇している傾向があるといわれているので、安定した収入を期待できるといえるでしょう。

しかし、これらの大企業で働く社員は数人程度と少なく、あまり募集を出すこともないようなので、常に募集情報をチェックして求人が出ている場合は早めに応募することをおすすめします。

業界での経験も収入に関係している

映画配給会社社員として高い年収を得るには、映画業界での経験が関係しているようです。映画配給会社ではアルバイト採用が多く、実績が認められることで昇格できるシステムとなっている会社がほとんどです。

また、正社員として採用されたとしても、入社してからしばらくは収入が少ない時期が続きます。このようなシステムを見ると、経験が収入に関係していることが考えられるでしょう。そのため、映画配給会社の正社員を目指すのであれば、早い時期から映画業界へと入り経験を積むことが、高収入へと繋がるのではないでしょうか。

学生の方であればアルバイトとして働くことができるので、在学中に映画業界での経験を積んでおけば、就職後の収入を安定させることができる可能性があるでしょう。お小遣いを稼ぎながら、社会人として働いていくためのスキルを習得するとよいのではないでしょうか。

映画配給会社社員の給与・年収まとめ

映画配給会社社員の給与年収は企業規模に大きく左右される

世の中にはさまざまな業界があり、中には高収入を得られる企業もありますが、映画配給会社社員の平均給与・年収のレベルは一般的な水準か多少下回る水準となっています。特に初任給は一般的な平均初任給と比較してやや高めといえますが、しばらくは少ない収入が続くというのが現状です。

しかし、勤続年数が長く経験をたくさん積み、実績が認められれば昇格によって収入アップを期待できるでしょう。または、大企業への就職ができれば映画業界の中でも安定した収入を得ることができます。

就職や転職を検討している方は、常に募集情報をチェックして希望する会社が求人を出している場合は、できるだけ早く応募してみてはいかがでしょうか。

映画配給会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映画配給会社社員の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画配給会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB