登録販売者の資格・試験とは?登録販売者 資格試験の概要と合格の秘訣

登録販売者の資格・試験とは?登録販売者 資格試験の概要と合格の秘訣

薬を扱う専門家、登録販売者として働く上で、試験や資格に合格する必要があります。今回は登録販売者に関連する代表的な国家資格、登録販売者の試験の情報をご紹介します。

登録販売者の資格、登録販売者とは?

一般用医薬品の専門資格

2009年に誕生した登録販売者は一般用医薬品の販売が出来る専門資格で、薬剤師が不在でも一般用医薬品販売ができる専門家として重宝される資格です。

登録販売者が扱う事が出来る一般用医薬品は、処方箋がなくても購入できる医薬品の事で、一般用医薬品の中の9割以上を占めています。

ドラッグストアなどで薬を紹介するために必須な資格である登録販売者は、多くの人が取得する人気のある資格です。

セルフメディケーションを推進でさらに注目されている

現在の日本では怪我や病気などに医薬品を通して治癒に務めるセルフメディケーションを推進する働きがあり、医薬品のリスク管理が重要になる事から医薬品の専門家である登録販売者が重要視されています。

一般用医薬品の販売をする場合には誤った使用方法や摂取で被害がないようにしっかり説明することが求められます。

登録販売者の難易度・合格率

合格基準点を獲れれば難しくない。十分な試験対策を

登録販売者試験は合格基準点が全体の7割以上の得点、かつ各試験科目ごとの主題点に対して3.5割以上の正答と決められています。

試験難易度としては勉強をして対策すれば合格基準点が取れるので、そこまで難しい試験ではないです。実務経験が無くても受験可能なので気軽に受験することが出来る魅力もありますが、登録販売者の合格率はだいたい約40%とあまり高くないです。

登録販売者の試験自体はマークシート方式なので、リズムよく問題を解いていくことが合格のカギと考えられます。2015年から合格率が下がっていますが、試験難易度が毎年変わるわけではなく、実務未経験の受験者が増えているからだと言えます。

全体の7割以上の得点が合格ラインの登録販売者試験は、問題数が120問の1問1点方式です。84点以上獲得することが出来れば合格ラインに入るので、十分な試験対策が必要になると言えます。

登録販売者試験の概要

合格率 全国平均約40%
受験資格 特になし。
実務経験がなくても誰でも受験可能
受験費用 各都道府県により異なる
出題範囲
  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 主な医薬品とその作用
  • 薬事関係法規・制度
  • 医薬品の適正仕様・安全対策

国家資格の中では取得しやすい資格

誰でも気軽に受験できる登録販売者ですが、国家資格でありながら取得しやすい資格と言えます。

国家資格の中には受験資格に実務経験が必要であったり特定科目の修了など長期的な時間がかかるものがあったりしますが、登録販売者は受験資格なしに変更されました。

どの国家資格も分野が異なりますが、受験資格と合格率を比べると登録販売者は取得しやすいと言えます。気軽に誰でも受験することが出来ることは嬉しいポイントでしょう。

得意分野に狙いを定めてスピーディーに学習

登録販売者の試験は限られた時間内で問題を解く必要があります。解答に時間がかかると手を付けられない問題も出てきてしまい、上手く試験を進めることが出来なくなる可能性もあります。

得意分野をスピーディーに解いていくことが登録販売者の合格のカギであると言えます。試験はマークシート式なので、分からない問題でも消去法で選択肢を絞っていけば当たっていることもあるので、まずは分かる問題を重点的に素早く答えていくことがポイントです。

その他の登録販売者の関連資格

国家資格以外にも登録販売者に関する資格はさまざま

登録販売者の資格以外にも、登録販売者の仕事に関連する資格はいくつかあります。

薬だけでなくドラッグストアで働く場合にはコスメや美容関係などの説明が出来るビューティーアドバイザーなどの資格も視野に入れておくと良いかもしれません。

  • ビューティーアドバイザー
  • 調剤薬局事務
  • 医療事務
  • 薬膳コーディネーター
  • サプリメントアドバイザー

一覧にある薬膳コーディネーターは栄養価や成分についてのプロとして登録販売者の仕事には深く関連しているのでおすすめです。登録販売者の仕事は一般用医薬品のみに限らず健康食品や健康補助食品など様々な知識をつけるのに最適な職業です。

調剤薬局事務や医療事務などの医療関係資格も登録販売者と並んで人気の高い資格です。医療現場における専門的な薬の知識が必要になるので幅広く薬や医療の現場で活躍したい人にはおすすめです。

登録販売者の資格が取れる学校

東京医薬専門学校

東京医薬専門学校は40年の歴史があり多くの卒業生が医療の現場で活躍しています。業界のパイプも太く、学びながら登録販売者の資格取得を目指すことが出来ます。

分かりやすく面白い授業があると人気の高い学校の一つで、カリキュラムも豊富で学習サポートも魅力的。

高い国家試験合格率を実現する国家試験対策

東京医薬専門学校では最終学年の学生全員が国家試験に臨む事を合格率以上に重要と考えていて、多くの試験に対して高い合格率を誇っています。

独自の教材や教育システム、教員レベルも高く細かな対応で資格合格をサポートしてくれます。日々の授業以外にも個別のサポートもあることも大きな魅力。

早稲田速記医療福祉専門学校

早稲田速記医療福祉専門学校では、84年の歴史があり現場で必要とされる専門性と社会性を身につけた人材を育成します。

専門スタッフのきめ細やかな指導が魅力的で、高い正職員就職率を誇っています。

くすりに関する知識を幅広く学べる

医薬品や美容、健康について幅広く学ぶことが出来て、手話やPOP広告のデザインなども学んでいきます。登録販売者の資格取得に重点をおいた科目が配置されています。

登録販売者に関連する授業は、専門的な内容が多いので、グループワークを通して楽しく理解できるような工夫がされています。

資格取得のため以外にも、仕事をしてから役立つ医薬品の特性や副作用についても学ぶことが出来るので、一歩先を見据えた授業に取り組んでいます。

様々な資格の取得が目的

早稲田速記医療福祉専門学校では登録販売者や調理事務管理士技能認定試験、ビューティーアドバイザーやサプリメントアドバイザーなどの資格取得を目指します。

薬に関する資格や知識を身につけて、ドラッグストアや調剤薬局での仕事を通して人々の健康増進や生活改善に役立つ薬のスペシャリストの育成を目指しています。

資格取得を目指す人のサポートも充実している事は大きな魅力と言えます。

登録販売者の資格・試験まとめ

登録販売者になるなら国家資格、登録販売者の取得を目指そう

登録販売者の仕事自体は、国家資格である登録販売者の資格が必要になる専門的な仕事です。

転職を考える場合にはいくつか資格を持っている方がベターです。登録販売者の資格以外にも調剤薬局事務や薬剤師の資格は人気があり、薬の専門家として知識の幅が広がるでしょう。

登録販売者の資格については、得意分野に狙いを定めて学習すれば合格率も高まりそうです。マークシート方式で120問とボリュームがあり合格率も40%程と高くはないですが、スピーディーに解けることがポイントになりそうです。しっかりと勉強を行い、スムーズに問題が解けるようになれば合格の可能性は大きく高まります。

販売者の資格に関する資格試験は、登録販売者以外に多くの試験が行われているので、自身が納得する登録販売者像に役立ちそうな資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

登録販売者への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

登録販売者の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格
  • 登録販売者
資格区分 国家資格
職種医療

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

登録販売者の関連記事

医療に関する他の職業KANREN JOB