産業カウンセラーの給与や年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

産業カウンセラーの給与や年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

世間には徐々に知られているとはいえ、まだまだ求人が少ないので、経験・実績で左右されるケースも多いですが、需要は増えつつある産業カウンセラー。平均の給料や年収はいくらなのでしょうか?今回はこの記事で、産業カウンセラーの平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

産業カウンセラーの初任給

一般企業の給料は平均14~26万円

産業カウンセラーとして働く場合、初任給は14~26万円前後が相場といわれています。正社員か派遣やパート、そして年齢、地域によっても給料面はかなり変動があります。

考えなくてはいけないことがたくさんあるわりに求人もそして給料も少ない傾向にあります。産業カウンセラーだけでとなると厳しい現実が待っている可能性はあります。民間や医療や公的起案で正規雇用される場合でれば、ある程度安定した給料がもらえる可能性はあり得ます。

ですが、特に最初の頃、若い頃などは覚えることも多いので、ある程度覚悟して考えておくほうがよさそうです。

転職したときの給料は経験、資格で左右されやすい

産業カウンセラー単体での活躍となると少ないですが、国家資格である社会労務士などの資格や他の資格と合わせて、転職する人も少なくないです。

転職した時の初任給は、資格があることを重要視され、前職で産業カウンセラーとしての経験又は育成に関するコンサルティング業の実績あるかどうか。後は採用される場所(例えば総務部や人事部など)によって変わってきます。

基本的に産業カウンセラーとして長年働いている、大手企業で働いていたなど、一定の経験年数があれば正社員登用されやすい傾向にあります。

なので、いままでの経験、役職もなく、雇われた場合、もしかすると前職の給与水準を保証してもらえるかどうかは、勤務先によって異なるかもしれません。

異業種からの転職は給与や年収を、確認をしておくこと

異業種からの産業カウンセラーに転職する場合は、年齢に関係なく、持っている資格や経験で変わることもあります。転職前に取っておいた資格やスキルや仕事内容によっては、給料が下がる可能性もあるため、慎重に動くことが必要になるでしょう。

他にも派遣やパートの場合だと時給制となっていて、1,500~1,800円前後となっています。貰える給与としては平均給与ではありますが、派遣やパートの場合、仕事量自体少ない場合があるので、仕事量によって変動が激しいことを考えておくべきです。

産業カウンセラーの平均給与

中小企業より大手企業の方が高め

一般の会社員と同じ一般の企業よりかは大手企業なら、給与は上がる傾向にあります。平均月収としては約17~35万円前後になるようです。

一般企業なら年収に直すと約200~400万円、大手企業なら年収にすると、約500万円になります。中小企業となると、出世したとしても500万円いくかは会社にもよりますが、ほぼ難しいです。

勤続年数や実績などで給与アップの可能性も

勤続年数が増えるにつれ、最初は20万円前後もらえていたとして、年齢が上がるにつれ、33万円まで上がる可能性はあります。しかし、それでも500万以上の年収になる人はそういません。

500万円前後を行き来するという場合はありますが、600万円に達するということは少ないです。

求人を探す際は給与以外の手当てなど募集要項を隈なくチェック

一般企業、大手企業の統計としては、給与とは別に賞与ももらえます。正社員の場合、基本給以外の各種手当もつく場合もありますし、正社員であればボーナスが年に1回から2回支給されます。

正社員であるかないかでも給料が日給及び時給の場合があり得るので、パートや派遣であるか、もしくは非常勤であるかチェックしておくことも大事です。

さらに会社によっては、大学を出ていることを求めている場合もあるので、隅々まで確認しておくことが大事です。

産業カウンセラーの平均年収

一般企業の産業カウンセラーの年収は?

一般企業の産業カウンセラーの年収として平均年収は、約200~400万円くらいとなります。

勤続年数や年齢、そしてないとは言い切れない学歴によっても変わりごともあります。ですが平均的にはこの年収が多いです。

大手企業の産業カウンセラー年収は?

大手企業の産業カウンセラーの年収として平均年収は、約280~500万円くらいとなります。勤続年数や年齢、そしてないとは言い切れない、学歴によっても変わることはありますが、平均的にはこの年収が多いです。

基本的に産業カウンセラーの求人で、高ければ年収約500万円前後もらえる可能性はあり得るのですが、それ以上となると難しいのが現状ではあります。

しかし中小企業に比べると比較的多めではあること、かなりの大手企業で出世すれば独立以外にも1,000万円を稼ぐことも、可能性としてあります。

平均給与や年収は働く場所の規模や地域によっても変動

前述してきた産業カウンセラーの給与や年収はあくまでも、平均の数字です。勤務先の企業の規模や、つくことになる役職、地域、資格、により給与、年収も変動すると考えていいでしょう。

特に、地域差ですと、首都圏の方が給与は高く、地方になると徐々にではありますが、下がっている傾向があります。例えば、東京圏内なら約17~35万円前後、地方に行くと約15~24万円の可能性もあり得ます。

キャリアアップを積むことにより給与や年収アップが見込める可能性も

キャリアアップの方法として、派遣会社などの人材系企業で産業カウンセラーを求めていることがあります。人との繋がりが中心となる仕事であるので、最初から正社員が難しくても、派遣やパートとして人材系会社に入って経験を積むのも、良いと思います。

メリットとして会社によって、正社員でも残業代が出ない所もあったりする場合、働いた時給分はちゃんともらえる派遣やパートの方がいいと考える人もいること。

後は、産業カウンセラーの仕事のキャリアアップとして、こういう企業でキャリアを積んで、正社員を目指す時にいままでの経験と実績が身につくことで、転職の際にも有利に働くと考えられるということがメリットでもあります。

求人は少なめですが、活躍の場は探せばある

産業カウンセラーの求人は基本的に少なめです。ですが、産業カウンセラーは企業から学校、さらにDVシェルターのスタッフとして、ハローワークの就職活動支援、医療、地域社会、自衛隊まで様々な場所で産業カウンセラーは求められています。

求められている職場によっては、給料や年収アップも見込めるでしょう。

キャリアアップからシニア産業カウンセラーやキャリアコンサルタントを目指すのも有り

産業カウンセラーとして、そのままその立場でいる人も居ます。ですが産業カウンセラーにはさらに上級の資格として、「シニア産業カウンセラー」というのも職業もあります。

他にもさらにキャリアアップをして、「キャリアコンサルタント」という道もあります。産業カウンセラーといってもそれだけではないので、自分にとっての産業カウンセラーとしての道を考えてみることで道が開けるかもしれないでしょう。

産業カウンセラーとしての経験を積んでいくことで、産業カウンセラーとして身に着けた高いコミュニケーション能力、傾聴力、情報処理能力に、産業の知識は上のランクの道などに進むときに、役に立つでしょう。

独立すれば平均給与以上の給与や年収の可能性も

多くはありませんが、産業カウンセラーの中には、独立開業して仕事をしている人もいます。需要は増えつつありますが、まだまだカウンセリング業は確実に根付いている仕事ではないのが現状で、産業カウンセラーの名称だけで独立となると難しいです。

しかし、産業カウンセラーの資格をもっていなくとも、開業することは可能です。さらに国家資格など他の資格も取得しておいた上で、さらにセールス力や集客力も習得しておくことで年収1,000万円も不可能ではないでしょう。

産業カウンセラーの給料・年収まとめ

産業カウンセラーの平均年収は高くない。給料以上にやりがいが得られる仕事

産業カウンセラーの平均給与・年収レベルは、低めの傾向といえます。

勤務形態、正規雇用や非正規か、さらに各種手当や残業代が出る就職先かどうかでも差が生まれやすいでしょう。今までに上げてきた様々な要因によって、給与や年収の差が生まれるやすい職種でもあります。

とはいえ、まだまだ発展途上の仕事でもあるので、仕事の割に少ないと感じていたとしても、実力次第では給料アップも見込めます。

産業カウンセラーという仕事は、つらいことも多くあります。人が好きという強い思いと諦めない心あればですが、これからの世の中にとってもっと必要とされる将来性とやりがいがある、夢のある仕事といえるでしょう。

産業カウンセラーの参考情報

平均年収200万円~500万円
必要資格
  • 産業カウンセラー
資格区分 民間資格
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

産業カウンセラーの関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB