クレジットカード会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

クレジットカード会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

クレジットカード会社社員になると、給与や年収はどの程度もらうことができるのでしょうか。業種としては金融業になるため、業務経験を積んでいくと、高水準の収入になることが多いようです。本記事では、クレジットカード会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

クレジットカード会社社員の初任給

クレジットカード会社社員の初任給は、他の業種と比較すると高い給与を受け取ることができる可能性があります。どの程度給与をもらうことができるのか、初任給について解説していきましょう。

初任給

クレジットカード会社社員が得られるおおよその初任給は、大卒20万8,000円、大学院生22万5,000円です。初任給でも20万円を切る業種も多いため、他の企業と比較すると給与が高いと言えるでしょう。

全体的に給与が安定している

クレジットカード会社社員は業界的に見ると給与は高めです。業績の良い企業になると、初任給が23万円台になることも難しいことではありません。しかも、年齢を積み重ねていくと給与も少しずつ高くなっていくので、給与が安定して氏はられる業界であると言えます。

クレジットカード会社は給与面以外も充実

クレジットカード会社社員は給与が良いだけではありません。給与面以外の福利厚生面でも充実しています。特に福利厚生が充実しているため、社宅が完備されている、有給が取りやすい、と待遇が良い会社が多いため働きやすい環境が整っています。

ただし、20代の頃は給与も低いため将来的なことを考えて貯蓄をするようにしましょう。

クレジットカード会社社員の平均給与

クレジットカード会社社員の平均給与がどのように変化していくのかを紹介しましょう。

給与の推移

給与は次のように変化していきます。

年代 平均的な給与額
20代 20~30万円
30代 30~50万円
40代 50~60万円
50代 40万円

30代から急激に給与が高くなり、40代でピークをむかえます。50代から定年に向かうにつれて給与が下がっていきます。

ボーナスは約3ヶ月〜4ヶ月分受け取ることができますが、業績によっては高くなる可能性もあるので、ボーナスは会社の業績次第であることを認識しておきましょう。

キャリアを積めば給与があがる

給与を確実に上げるためには、実績を積みキャリアを積み重ねることが重要になります。会社が定めた目標を毎月達成していけば、給与を高くすることができる可能性があるので、与えられた仕事をしっかりこなすように意識をして働くようにしましょう。

給与が上がるタイミングは

クレジットカード会社社員はどのようなタイミングで給与が上がるのでしょうか。クレジットカード会社社員の給与が上がるタイミングは次のようなタイミングで高くなる可能性があります。

実績を作る

給与が上がるタイミングは実績を作ることです。営業部署で会員数を増やす働きをする、加盟店数を増やす、キャンペーンが成功したといった実績があれば、評価され給与が高くなる可能性があります。

実績を作るためには、与えられた目標を達成するだけでなく、プラスアルファで結果を残していく必要があります。どのようにすれば実績を残すことができるのか日々考えながら仕事に取り組む必要があるので、与えられた仕事を全力で取り組むようにしましょう。

インセンティブ報酬制度を導入しているところも

クレジットカード会社の中には、インセンティブ報酬制度を導入している企業もあります。与えられた目標を達成するだけでなく、増やした会員数に応じてその月の給与が高くなることもあります。

インセンティブ報酬の良い点は、毎月頑張れば頑張った分だけ給与が高くなるので、仕事に対するモチベーションが高くなります。しかし、結果を残さないと基本給だけの支払いになってしまうので、報酬が必然的に安くなってしまうという可能性もあります。

インセンティブ報酬制度は実力次第で給与が飛躍的に高くなる一方で、結果を出さないと給与が全くあがらないデメリットもあるので、インセンティブ報酬制度を採用している企業に入社した場合は仕事を一生懸命取り組むようにしましょう。

クレジットカード会社社員の平均年収

クレジットカード会社社員になると年収がどのように変化するのかを紹介していきましょう。

年収の推移

クレジットカード会社社員の年収を年齢別に見ると、次のようになります。

年代 平均的な給与額
20代 400万円
30代 500~600万円
40代 650~800万円
50代 1000万円

20代後半から年収が高くなり、成績をしっかり残していれば400万円後半に年収がなることも難しいことではありません。

30代に突入すると、成績がよければ主任、係長、課長に任命されることも難しくなく、収入が飛躍的に高くなります。役職がない社員でも年収500万円前後に到達することは難しいことではありません。

40代、50代になると、クレジットカード会社社員として最も稼げる年齢になり、800万円以上到達することが可能です。幹部クラスになれば1,000万円以上に到達することも可能なので、長く働き続ければ年収が自然と高くなっていくと認識しておきましょう。

幹部クラスになれば年収が高い

クレジットカード会社社員として年収を高くするためには、幹部社員になることです。幹部クラスの社員になることができれば、年収が自然に高くなり40代でも年収が1,000万円以上になることも可能でしょう。

課長クラスの役職になれば年収1,000万円以上に到達することができる可能性があるので、成績を確実に納めて評価されるように社内でアピールをすることが大切です。もちろん、年齢が若くても評価次第で給与が高くなるので、後輩の方が自分よりも年収が高くなってしまうケースもあります。

年収1,000万円以上のために必要なこと

年収1,000万円以上をクレジットカード会社社員で達成するためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。1,000万円以上稼ぐためにクレジットカード会社社員に求められることを紹介しましょう。

会社にとって利益になる働きをしている

収入があがる条件として、会社にとって有益な働きをしているかどうかが重要になります。クレジットカード会社は会員数を増やすことで業績拡大につながるため、いかに会社にとって有益な仕事をしたかが重要になります。

営業部署に配属された人であれば、会員数や加盟店を増やす働きができる社員は評価対象につながるため、年収が高くなる可能性があります。会社にとって有益な仕事を残せるように与えられた仕事をこなし、クレジットカード会社に何が必要なのかを考えながら仕事を行うことが大切です。

リーダーシップ

年収が高くなる社員は必然的に部署をまとめる存在になります。部下から慕われるような人間性が求められます。

リーダーシップ能力が高ければ、自分が担当している部署の成績がよければ、幹部クラスの社員として引き上げられる可能性があるので、リーダーシップを取れる人間性になるように仕事に取り組むようにしましょう。

クレジットカード会社社員の給与・年収まとめ

努力をすれば報酬が高くなる仕事

クレジットカード会社社員の給与・年収は、他の業種・企業と比較をすると決して悪いものではありません。

インセティブ報酬を採用している企業も多くあるため、仕事で実績をしっかり残せば年収1,000万円以上稼ぐことも難しくない仕事だと言えるでしょう。業績、また個人の成績次第ではさらに年収を伸ばしていくことも可能になりますし、役職がつけばそれに応じて年収が増えていくこともあります。

クレジットカード会社社員は人気の仕事でもあるので、これからクレジットカード会社社員として働こうと考えている方は高い意識を持って採用試験に臨んでください。

クレジットカード会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

クレジットカード会社社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

クレジットカード会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB