クレジットカード会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

クレジットカード会社社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

クレジットカード会社社員になるにはどのようなスキルや人間性が求められるのでしょうか。このページでは、クレジットカード会社社員に求められるスキルや人間性を詳しく解説します。これからクレジットカード会社社員として働こうと考えている方はぜひ参考にしてください。

クレジットカード会社社員になるには何が必要?

クレジットカード会社社員になるには次のようなスキルがあると良いでしょう。これから紹介するスキルを持っていれば活躍することができる可能性があります。

企画を考えるスキル

クレジットカード会社社員は企画を考える機会が多くあります。クレジットカードの会員を管理するだけの仕事と思われがちですが、決してそうではありません。クレジットカード会社として経営を成り立たせるためには、カード会員を一定数確保しておく必要があります。

クレジットカード決済が当たり前になったため、カード会社に魅力を感じることができないと、別の魅力あるカード会社に切り替えられてしまう恐れがあります。このような状況を打破するためには、カード会社で魅力的な企画を考えることが求められます。

どのような企画を考えればカード会員に魅力的なカード会社と思われるか、を社員は考える必要があるので、企画を考えることが好きな人にとってはクレジットカード会社で働くと才能を開花させる可能性があります。

責任感

クレジットカード会社社員になりたいという方は責任感が必要になります。クレジットカード会社はお客さんとの信頼関係でビジネスが成り立っています。無責任なことをしてしまうと、クレジットカード会社の信用を失ってしまう可能性があるので、責任感が求められます。

特に、顧客情報を扱う仕事を担当することになれば、無責任な管理をしていると最悪の場合個人情報を流出させてしまう恐れもあるので、慎重に仕事に取り組まなければなりません。

自分の行動が会社の信用を失墜させてしまうという意識を持って、責任感のある行動をクレジットカード会社社員には求められると認識しておきましょう。

法律に関する知識

クレジットカード会社社員として活躍をしたいのであれば、法律に関する知識を習得しておくと良いでしょう。

与信判断だけでなく、クレジットカードの仕組みをよく知らない新規のお客さんのために専門的な知識があれば、わかりやすく解説することができるので、習得するようにしましょう。

クレジットカード会社社員に向いている人、適性がある人

クレジットカード会社社員として向いている人や適性がある人物とはどのような人物なのでしょうか。ここからは、クレジットカード会社社員に向いている人や適性のある人について解説をしていきましょう。

向いている人

クレジットカード会社社員は、次のようなスキルや人間性を持っている人が向いている仕事です。もし次のような人間性を持っている人は、クレジットカード会社社員として働いても活躍できる可能性があるので、チェックしてください。

粘り強い性格

クレジットカード会社では毎月目標が設定されています。会員数の増加や売り上げなど配属される部署によって異なりますが、目標をクリアする必要があります。場合によっては目標が厳しく一生懸命仕事をしなければ達成することが難しいという状況もあります。

困難な目標を設定されてしまうと、目標を達成する前から仕事を諦めてしまうという人もいます。しかし、困難な目標でも最後まで諦めずに取り組むことをやめなければ目標を達成することができる可能性があるので、どのような状況でも粘り強く取り組むことができる人は、クレジットカード会社社員として向いていると言えるでしょう。

アイデアを提案することが好き

企画を考えることが好きでも、提案することができなければ企画を実現させることができません。企画を考え提案することが得意な人であれば、自分の考えた企画が実際にキャンペーンとして採用されることもあります。

アイデアは突然考えるように会社側から依頼されることもあるので、限られた時間でもアイデアを考えて提案することができる人はこの仕事に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

クレジットカード会社では、取引先、お客さん相手、社内とさまざまな場所でコミュニケーション能力が必要になります。

コミュニケーション能力が高いと困難な交渉相手を納得させることも可能になるので、最低限のコミュニケーション能力だけでなく、仕事で活用することができるようなコミュニケーション能力を身につけるようにしましょう。

コミュニケーション能力に欠けていると、担当する部署が限られてしまい仕事の幅も狭まってしまう可能性があります。コミュニケーション能力が高い人は色々な部署で活躍することができる可能性があるので、コミュニケーション能力に不安のある人は、まずは人と接する機会を多く作り、人と話す機会を増やすようにしましょう。

適性のある人

クレジットカード会社社員として適性がある人物とはどのような人物なのでしょうか。適性のある人物について紹介していきましょう。

客観的な判断力がある

クレジットカード会社は信用で経営を成り立たせているので、信用を失わないようにする試みも必要です。

営業活動や顧客との対応などで客観的な判断力を求められることもあります。客観的な判断力ができれば、仕事をする上で失敗をしてしまうケースを最小限に抑えることができるので、会社に損失を与えない経営のサポートをすることができるでしょう。

提案力がある

与信判断や新規加盟店獲得時には相手から無理難題に直面することがあります。与信判断に落ちてしまった新規会員希望の人をどのようにすれば会員にすることができるかを考えたり、加盟店にメリットを感じてもらうような提案をすることが必要な場合もあります。

何か問題に直面した時に機転の利いた提案をすることができれば、交渉決裂の状況から成立させることも可能です。営業部署は自分の実績が評価対象になるので、提案力がある人は営業分野で活躍できる可能性があるでしょう。

1つの物事に取り組んだら一生懸命な人

どのようなプロジェクトにも一生懸命取り組むスキルがあれば、クレジットカード会社で活躍できる可能性があります。特に、新規顧客獲得や加盟店の勧誘では社員の熱量で契約にこぎつけるケースもあります。

熱意を伝えるために一生懸命取り組むことができる人は、仕事で実績を残すことができる可能性があるので、諦めずに行動を起こすようにしましょう。

クレジットカード会社社員になるための学校・教室

クレジットカード会社社員になるためのスキルを磨ける学校や教室について解説をしていきましょう。

法律関連の勉強をしておく

クレジットカード会社社員に必要なスキルを学ぶことができる学校や教室は存在していません。クレジットカード会社社員として必要なスキルを身につけたいのであれば、法律関連の勉強をしておきましょう。

カード会員の審査時には金融系の法律の知識がないと、正しい与信判断を下すことができません。社内で共有される情報もありますが、お客さんの状況によっては社内の共有される知識で対応することができないケースもあります。このようなケースに遭遇しても、柔軟に対応することができるように、法律関連の知識を勉強しておくと良いでしょう。

また、金融関連の知識も役立つので、金融関係の知識を取得できるセミナーや資格取得に挑戦するとプラスになるでしょう。

クレジットカード会社社員になるには?まとめ

適性のある人にとってはやりがいのある仕事

クレジットカード会社社員の仕事は一見するとカード会員を管理するだけの地味な仕事と思われますが、管理するだけでなくキャンペーン内容を考える、加盟店との交渉を行うなど仕事内容は多岐にわたります。

決して表舞台に現れることがあまりない仕事ですが、クレジットカード会社社員としての適性があれば、日々充実した日を過ごすことができる仕事だと言えます。

クレジットカード会社社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

クレジットカード会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB