IT企業社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

IT企業社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

IT企業社員に必須となる資格や試験はありませんが、取得しておくことで就転職で有利になったり、企業によっては資格手当が見込めるものなどがあります。また、技術職向けの資格試験であれば、自らのスキルや知識の証明になるものもあります。本記事では、IT企業社員に役立つ資格などについてご紹介します。

IT企業社員の資格とは?

IT企業社員に必要な資格や試験について解説をしていきましょう。

資格がなくても活躍することができる

IT企業社員は極端なことを言えば資格がなくてもできる仕事です。もちろん、働き方によっては資格が必要なこともあります。

しかし、IT企業で働く人の中には資格を取得していない人が大多数で、人間力で活躍している人が多くいます。

ただ、エンジニアで働きたいと考えているのであれば、以下の基本的な資格を取得しておくことで就転職時に有利になるケースもあるでしょう。

エンジニアとして取得しておきたい資格

基本情報技術者

エンジニアの資格の基礎にあたる資格が、基本情報技術者の資格です。この資格を取得すれば、エンジニア人生の第一歩を踏み出すことができると言っても良いでしょう。

基本情報技術者は、「ITパスポート試験」の上位資格です。初心者の人はいつでも受験を受けることができるITパスポート試験を受けて、エンジニアはどのような知識が必要になるのかを覗いてみるようにしてください。

応用情報技術者

エンジニアとして高いスキルを持っている人の中には、「応用情報技術者」と資格を持っている方もいます。

この資格を持っていると、エンジニアとして活躍することができるだけでなく、エンジニアの会社を立ち上げるために必要なIT知識を習得することができます。

エンジニアとしてただ働くだけでなく、将来的には独立を目指したいと考えている方は、応用情報技術者の資格を取得するようにしましょう。

IT企業社員に役立つ資格

「基本情報技術者」や「応用技術者」の試験難易度、合格率、合格難易度はどの程度なのでしょうか。それぞれの試験概要を紹介していきましょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者の試験は、全体の受験者のうち合格できる人は22〜30%です。一見すると合格ラインが厳しいので受験勉強をしても受からないのではと不安に思っている方も中にはいるのではないでしょうか。

しかし、これは短期間で勉強をして合格を目指そうとする受験者が一定数いるのが原因です。勉強をきちんとしておけば合格することは難しいことではないので、基礎的な勉強を行うようにしましょう。

試験日程

基本情報技術者の資格は、春と秋に開催されます。下位資格でもある「ITパスポート」はいつでも受験することが可能なので、一度ITパスポートを受けてみて、試験でどのような問題が出題されるのかを感覚で掴んでおくと良いでしょう。

合格するコツ

基本情報技術者の試験を合格することは、基礎をしっかり学ぶことです。専門学校に通わなくても参考書などを使って独学で勉強をすることも可能です。

しかし、1ヶ月程度の勉強では合格することは難しいので、確実に合格したいのであれば、半年以上勉強期間を設けて試験に臨むようにしてください。

応用技術者試験

応用技術者試験は、基本情報技術者に合格した方が受験をする資格です。試験難易度は基本情報技術者に比べ高くなります。試験は午前と午後の部に分かれ、それぞれの試験で60点以上とることができなければ、試験を突破することができません。

60点以上取っても試験に落ちてしまう可能性があるので、安全圏を目指すのであれば両方の試験で75点以上は取るようにしましょう。受験者のうち合格できるのは20%なので心して試験対策をするようにしましょう。

試験日程

試験日程は、春と秋に開催されます。基本情報技術者と応用情報技術者を最速で1年間のうちに取得することも可能です。しかし、最短で合格するためにはかなりハードルが高いので、計画を持って試験対策をしましょう。

合格するコツ

試験難易度が一気に難しくなるので、計画的に勉強をして取り組むようにしましょう。

基本情報技術者の資格があれば、エンジニアとして最低限の条件を満たしているので、基本情報技術者の資格を取得後数年経過して経験を積んだあとに試験を受けても良いでしょう。

その他のIT企業社員に関する資格

IT企業社員の関連資格はさまざまな資格があります。一部を紹介しましょう。

MOS

マイクロソフトのオフィスソフトを正しく使うことを証明することができる資格です。資格がなくてもソフトを使いこなしている人は多くいます。このような資格を持っていれば、転職時に役立ちスキルアップにつながるので余裕があれば取得しましょう。

LPIC

LINUXを客観的に判断することができる資格です。簡単に言えば、エンジニアが持っておくと良い資格なので、エンジニアの人でスキルアップを目指している方は取得を検討しましょう。

IT企業社員に役立つ資格やスキルが取得できる学校

IT企業の資格を取得するために、学校で試験対策を行う方法もあります。それぞれの特徴を紹介していきましょう。

情報系の専門学校

情報系の専門学校に通えば、IT企業社員に必要な資格の試験対策やスキルを習得することができます。専門学校は目的に合わせてコースを設定しているので、自分の希望に合うコースを選ぶようにしましょう。

情報系大学

情報系の大学に通うと、IT企業に必要なスキルや資格を取得することが可能です。将来的にIT企業の経営者になりたいと考えている方は、情報系の大学にスキルを習得する方法も良いでしょう。

独学で取得することは可能か

IT企業に必要な資格を独学で勉強することは可能でしょうか。資格を取得した方の中には独学で取得をした方も少なくありません。しかし、独学で取得するためには長期的な計画で勉強をしなければ取得することは難しいと言えるでしょう。

独学で行う場合は、1年という短い期間ではなく長期間の視野で検討するようにしましょう。

IT企業社員の資格・試験まとめ

資格を取得していればスキルアップにつながる仕事

IT企業社員は資格がなくても活躍をすることができる仕事です。しかし、資格を取得しておけば仕事の幅が広がりキャリアップを助ける資格ばかりです。

将来的に経営者になりたい、IT企業で斬新なサービスを提案したいという方は、ステップアップのために資格習得をするようにしましょう。

資格取得した人の中には入社後に資格の勉強をする人が多いので、資格取得する時期は柔軟に考えた上で検討するようにしましょう。

IT企業社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

IT企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB