宮大工の仕事内容とは?伝統技術を受け継ぐ仕事のやりがいや魅力について解説

宮大工の仕事内容とは?伝統技術を受け継ぐ仕事のやりがいや魅力について解説

歴史的にも価値がある建築物、建造物に携わる宮大工は、伝統工法を守り、すべての行程を手作業で行い、道具までも自分で作る職人です。金具類を一切使用せず、木材のみで建築物等を組み上げるためには、地道な修行が必要とされます。今回はこの記事で宮大工の仕事の内容や魅力、やりがいなどについてご紹介します。

宮大工とはどんな仕事?

寺社仏閣の修繕などに欠かせない職人

宮大工は、寺社仏閣の建築、改築、修繕を行う大工です。大工といっても、材料の切り出しや組み立てなどすべてが手作業ですし、道具も自分で作ります。

古くからの寺社仏閣は、定期的に改修したり、不具合が出れば補修したり、時には解体したりしますので、宮大工が手がける建築物、建造物には、歴史的に見ても非常に価値が高いものが多く、国宝や文化財、世界遺産に指定されているものを扱うこともあります。

現代において伝統工法で寺社仏閣を新築することはあまり多くはありませんが、最近は伝統工法の木造住宅を好む人がいるので、一般住宅の新築に携わることはあります。

最近は古民家も人気を集めるようになってきたので、古民家の改築などを行う機会も増えてきました。

伝統工法「木組み」のプロ

現在、多くの建築物、建造物で用いられている木材は、機械で加工されたものです。それを釘や金具などを使用して組み立てていきます。それに対して、宮大工が扱う木材は、すべて宮大工自身が切り出して加工します。釘や金具は一切使用せず、切り出した木材同士を組み合わせる「木組み」という工法で組み立てていきます。

木は釘などの金具を使うと傷みやすくなります。そこで、木材同士を組み合わせて作ることで建築物、建造物が長持ちするという利点があります。

しかし、大きな建築物、建造物を作るためには、相当の数の木材を使わなければなりません。複雑な切り込みや凹凸がある複数の木材をすべてぴったりとはめ込み、組み合わせていく「木組み」は、古くから伝わる伝統工法で、木材の組み合わせ方は200種類以上あるともいわれています。

沢山の木材が組み合わさって作られた建築物、建造物は、柱や梁など場所によって力のかかり方が異なります。また、木材も木のどの箇所から作られたかによって強度が変わってきます。そのため、宮大工は、どのくらいの力がどの方向にかかるか、といったことを考慮しながら、場所ごとに適した木材を使っていきます。これは、計算すればできるということではなく、経験がものを言います。

ですから宮大工には、携わる寺社仏閣に対する知識はもとより、その建築や修繕に用いる木材についても、適している木材の種類や性質、さらには木材のどの部分からどのような形を切り出すかといった技術的なことまで、幅広い知見やノウハウが要求されます。

彫刻など芸術的な仕事も

伝統的な建築物、建造物は、柱や梁などに彫刻が施されていることがあります。それらももちろん宮大工がノミなどを使って手作業で作り上げたものです。ですから、宮大工には芸術的な感性、美的感覚も求められます。

在来工法の家を建てることも

宮大工には、独立して棟梁となったり、全国の現場を渡り歩いたりする人もいますが、建設会社や工務店などに勤める人もいます。勤め先によっては、伝統工法の建築物等だけではなく、現代の木造建築で主流の在来工法も手掛けていますので、宮大工が在来工法の一般住宅などに携わることもあります。

宮大工の仕事の具体的な内容

道具の手入れにも時間をかける

建築物、建造物の修繕等の仕事は、日が出ている時間帯しか現場で作業できません。そのため、宮大工は朝方にミーティングを行い、日中は現場で作業をし、日没後は道具の手入れを行うのが一般的です。

まず、朝方に現場に集合し、その日の作業内容などについてミーティングを行います。事務所などに集合して、現場へ移動することもあります。その後、休憩を取りながら作業し、夕方には終了します。

その後は「研ぎ場」と呼ばれる作業小屋で道具の手入れです。宮大工は道具を自作するので、道具を最善の状態に保つため手入れはかなり念入りに、時間をかけて行います。

見習いの宮大工の場合は

見習いの宮大工がまず行うのは、現場の掃除です。宮大工が扱う木材や道具は非常に高価なものばかりなので、すぐに触らせてはもらえません。まずは掃除などの雑用を行うのが一般的です。宮大工の仕事は「段取り八分」といわれるほど段取りが重要なので、効率良くきれいに掃除することは、先輩からの信頼を得る第一歩です。

雑用は現場によって色々ですが、先輩の食事作りを行うこともあります。少し慣れてくると、材料や道具の準備、片づけなども行います。

次の段階は、刃物研ぎです。宮大工の仕事の出来栄えは刃物の手入れの良し悪しで決まるともいわれるほど、刃物研ぎは大切な仕事です。最初はまっすぐな刃物をきちんと研ぐところからスタートし、徐々に複雑な道具を作成できるように修行していきます。

その後、カンナがけや、ノミで木材同士のかみ合わせの部分を作る「きざみ」、木材に目印をつける「番づけ」、切り取る部分の輪郭を書く「墨つけ」といった伝統技術を、時間をかけて習得していきます。

最後は「原寸図」です。これは実際の建物と同じサイズのいわば設計図です。これを理解できて、書けるようになれば、宮大工の仕事をひと通りマスターしたといえます。

宮大工の仕事のやりがい

専門性の高い大工仕事

宮大工は、一般的な大工より高い専門性が必要です。

伝統の「木組み」工法に用いる木材を正確に切り出し、組み立てる仕事は、一朝一夕には身につかない高度な技術がなければできません。施工する寺社仏閣の知識に加え、木材の扱いについても幅広いノウハウが求められます。

また、使用する道具の手入れはもとより、道具そのものを宮大工自ら手作業で作ります。このような一般的な大工仕事にはなかなかない専門性の高さは、宮大工としての大きな誇りであり、やりがいとなります。

探究心を失わない

宮大工の仕事はすべてが手作業なので、一定レベル以上の仕事ができるようになったとしても、厳密な意味で完ぺきということはなく、常に技術向上を目指して鍛錬していくことが必要です。常に探究心、向上心を持って仕事に臨む緊張感や使命感は、伝統技術を受け継ぐ職人としてのやりがいでもあります。

伝統を引き継ぐ誇り

宮大工が携わる寺社仏閣は、数十年から数百年前、場合によっては千年以上も前に建てられ、今日まで引き継がれてきた価値あるものばかりです。

それを次世代に引き継ぐために欠くことのできない修繕、改築を行う宮大工の仕事は、歴史上非常に大切な仕事といえます。そしてまた、自身の仕事も何十年、何百年先の世代の宮大工たちへ受け継がれていくということは、宮大工の大きなやりがいとなります。

誰でもできる仕事ではない

「木組み」に代表される宮大工の仕事は、古来より途切れることなく受け継がれてきた伝統工法です。その技術を習得し、一人前になるまでに長い時間を要する宮大工は、誰でも簡単になれる仕事というわけではありません。

心身ともに厳しいとされる長年の修行時代を経て、一人前の宮大工として身を立てることができるようになったということそのものが、宮大工の誇りです。

仕事が無事に完了した満足感、達成感

木材を加工し、組み立てるという宮大工の仕事は、すべての工程が手作業であることから、新築はもちろんのこと、修繕や改築にも、とても長い時間を要します。なかには、10年以上かかる現場もあります。自宅から離れて現場近くに寝泊まりする生活には不便が伴うこともありますし、家族とも離れ離れとなることも多々あります。

プライベートを犠牲にしながらも、長い工期を経て、一つの仕事が無事に完了した時の喜びはどれほどのものでしょうか。非常に大きな満足感、達成感が得られることも、宮大工の仕事のやりがいです。

宮大工の仕事内容まとめ

木を知り尽くした伝統工法のプロフェッショナル

「木組み」に代表される伝統工法で、寺社仏閣の建築、改築、修繕を行う宮大工は、木の性質を知りつくし、木材一つひとつの切り出しから組み立て、そして建築物・建造物の時代背景までを知り尽くしたプロフェッショナルです。

扱う道具までも自作する宮大工は、一人前になるまでに10年を要するともいわれています。伝統工法を引き継ぐ誇りと仕事が完成した時の達成感は、宮大工に何にも代えがたいやりがいを感じさせてくれます。

宮大工の参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

宮大工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB