宮大工

宮大工
宮大工とは?
  1. 宮大工(みやだいく)は、神社仏閣の建築や補修に携わる大工。世界遺産、国宝や文化財指定の建造物はもとより、その他文化的に貴重な建物の建築や補修などにも携わることから、建築学はもとより、時には宗教学や史学など非常に幅広い知識や高度な技術を必要とする大工職である。
  2. 以前は渡り大工とも呼ばれ、何年も家を離れ社寺のある地に居住して、材料や技法を検討しながら仕事を進めていた。技術や技法は徒弟制度で師匠から弟子へ口伝で継承されることが多かったが、現代では株式会社に雇用され、研修と実地教育を併用することで後継者の断絶を防ごうとしている。かつては日本全国に数百人いると言われたが、2017年時点では宮大工の継承者は100人程度と推定されている。
平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
職種建築
有名人
  • 西岡常一
  • 佐々木嘉平
  • 窪田文治郎
  • 松浦昭次

宮大工の記事一覧

建築に関する他の職業KANREN JOB