傭兵になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

傭兵になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

傭兵は雇われ兵士として色々な場所で戦いをし、自分の命を危険にさらしながらもお金を稼いでいく仕事です。映画などで登場する傭兵になるには、どのようにしたらよいのでしょうか。このページでは、傭兵になるために必要なことを紹介します。

傭兵になるには何が必要?

雇われ兵士でもある傭兵になるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。傭兵に必要なことは何か紹介していきます。

傭兵に求められること

傭兵に求められることは、“戦いで必要な知識”と“命の危険を顧みずに戦える精神力”と“強靱な体力”が必要になります。傭兵は、要人を警護するような仕事もあれば、紛争地帯に赴き実際に戦争に参加することなど、さまざまな危険が隣り合わせになります。

そのため、どのような危険地帯に足を運んでも、与えられた任務をこなす必要があります。任務をこなす力がなければ傭兵として活躍することはできません。特に次のような能力が求められるようになります。

英語でのコミュニケーション能力

日本では傭兵で働くような制度を設けていません。そのため、傭兵として働くことになれば海外で仕事をすることになります。海外での仕事になると必然的に英語が堪能でなければ他の兵士とのコミュニケーションを図ることができません。

また、英語だけでなく他の言語も習得していればそれだけで傭兵として重宝されるので、外国語でのコミュニケーションが円滑に行うことができる能力が必要であるといえるでしょう。

強靱な精神力

戦闘が激しいような紛争地帯では、精神力が弱ければ異常をきたし、任務をこなせないという兵士もいます。このような兵士になってしまうと、傭兵としても働くことができないので、強靱な精神力が必要になります。傭兵は、通常の兵士に比べてさらにランクが高い兵士ばかりなので、通常の兵士以上の精神力が求められることになります。

傭兵になるために必要な覚悟

傭兵になるためには、次のような覚悟が必要になります。もし、本気で傭兵になりたいと思っているのであれば、次のような覚悟が自分にあるか一度、問い直してください。

死を恐れない

紛争地帯では、常に恐怖との戦いになります。そのため恐怖に打ち勝つ精神力が必要になります。そのとき、家族のことが気にかかるような人はオススメすることができません。いつ死んでも死を受け入れることができるような覚悟が必要です。

傭兵に向いている人、適性がある人

傭兵に向いている人とは、どのような人なのでしょうか。ここからは適正のある人の特徴について詳しく紹介していきます。次のようなことがなければ傭兵として活動できることが難しいと理解しておきましょう。

傭兵に向いている人の特徴

傭兵に向いている人の特徴として、次のような能力が必要になります。これらの能力は傭兵になったときにどれも役に立つものです。ぜひ傭兵を目指すような人は次のようなものを身に着けるようにしましょう。

自己犠牲

傭兵として活動する際には、自己犠牲が必要になります。自分が命を落としても構わないという気持ちが必要です。状況によっては、自分を犠牲にして任務を遂行しなければいけない可能性があります。そのため、自分のことよりも常にチームのために活動できるような自己犠牲の能力が必要になります。

洞察力

傭兵として任務を完璧にこなすためには、周囲への洞察力が必要です。高い洞察力があれば些細な変化も察知することができ、危険を未然に防ぐことができるようになります。このような洞察力がなければ、傭兵として仕事を完璧にこなすことができないので、洞察力を鍛えておく必要があるといえるでしょう。

集中力

死と隣り合わせの仕事では、危険が常につきまといます。ちょっとした油断が自分の命の危険をさらす可能性があるので、常に集中力が求められます。傭兵になる人は集中力が高くなる必要があることを覚えておきましょう。

判断力

傭兵として任務を遂行している中で、とっさの判断を仰がれる必要があります。このような状況に対しても、すぐに適切な判断をこなし任務を遂行する必要があります。もちろん、自分が傭兵チームのリーダーでなくても判断力が必要になります。この判断を1秒でも遅れるとチーム全員が死亡するという場合もあるので、迅速な判断力が必要です。

また、このような判断力が高い傭兵は、傭兵としても評価が高く色々な場所で傭兵として活動することができるので、ぜひ身につけておきたい能力でもあります。

傭兵の適性能力を高めるためには

傭兵に必要な適性能力が多く存在していることがわかりました。このような適性能力を高めるためには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。傭兵に必要な適性能力を高めるために必要なことを紹介していきます。

厳しい訓練をする

アメリカをはじめとしたさまざまな軍隊では、常に厳しい訓練が行われています。厳しい訓練を行うことで、兵士としての必要な力を養うことができるようになるのです。そのため、もし自分の傭兵としての適性能力を身に付けたいという人は、軍隊に入隊して厳しい訓練を経て傭兵に必要な力を養いましょう。

国によっては、外国人部隊を編成している軍隊もあり、自衛隊で訓練するのではなく外国の軍隊に入隊するという方法もあります。しかし、国によっては国籍などの問題が発生するので、条件をクリアしてから入隊を検討してください。まずは、国内の自衛隊に入隊をして傭兵としての必要な基礎を学ぶことが最も傭兵になる近道であるといえるでしょう。

知識を蓄える

強靱な精神力も必要ですが、言語能力をはじめとしてさまざまな知識を知っておく必要があります。そのため、外国語、手話をはじめとした、さまざまな知識を吸収しておきましょう。さまざまな知識があれば、傭兵として働くときに難しい任務でもこなすことができるので、体力をつけるだけでなく知力も高めるようにしてください。

傭兵になるための方法・手段

傭兵になるためには、どのような手順を踏めば傭兵になることができるのでしょうか。傭兵になるための方法について紹介していきます。

傭兵になる学校や教育機関はない

傭兵を養成するような学校はありません。傭兵になるのであれば、傭兵として雇ってくれる会社を海外で見つける必要があります。しかし、このような会社にいっても経歴で戦闘経験がなければ雇ってもらうことが難しいでしょう。

傭兵としての基礎を学ぶ場所はどんなところ?

日本には傭兵として必要なことを学ぶ場所は、ありません。しかし、自衛隊では戦闘訓練を受けることができます。そのため、傭兵になるためにはまず、自衛隊で必要なことをある程度身につけてから海外で傭兵として雇われる場所を見つけるようにしましょう。

もちろん、自衛隊の訓練が甘いわけではありません。厳しい訓練を乗り越えた先に傭兵としてのキャリアがスタートすると自衛隊での任務に取り組んでください。このとき、レンジャー部隊をはじめとした精鋭部隊に所属をしていれば、傭兵として雇われる可能性があるので、傭兵を志しているのであれば自衛隊の精鋭部隊に所属することができるように努力をしましょう。

傭兵になるためには傭兵会社の求める能力が必須

傭兵になるためには、どのようにすればなることができるのでしょうか。自衛隊で基礎的な知識を学び身につけたとしても傭兵になることができるわけではありません。傭兵になるには次のような方法でなる必要があります。

海外の傭兵派遣会社に登録

アメリカをはじめとした国では、傭兵を派遣する会社があります。このような会社に登録をすれば傭兵として働くことができる可能性があります。しかし、このような会社がインターネットで大々的に募集しているわけではありません。

また、傭兵としての必要な能力がなければ採用すらできないので、傭兵会社が求める能力を身につけて採用されないか交渉してみましょう。

人脈を使い、傭兵となる

傭兵派遣会社に確実に採用してもらいたい人は、人脈を使い傭兵として雇ってもらうようにしましょう。このような人材を見つけるためには、元アメリカ兵士の人と交流を深めて派遣会社を運営しているような人を見つけましょう。

しかし、ここから見てもわかるように、かなり特殊な方法なので、傭兵になるのはかなり非現実的であるということがわかるのではないでしょうか

傭兵になるには?まとめ

傭兵はかっこいい仕事だが、命を落とすリスクがあり非現実な仕事

傭兵になるためには、強靱な精神力と体力が必要で、命を顧みずにミッションに取り組む姿勢が必要になります。しかし、そのなり方は独自ルートで見つける必要があり現実的にはなることが難しい仕事です。もちろん、不可能な仕事ではありませんが、かなり特殊な仕事になるのでそのような点を踏まえて傭兵を目指しましょう。

ただし、傭兵として働くと、命を落とすリスクが常につきまとっていることを忘れないでくださいね。

傭兵への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

傭兵の参考情報

平均年収500万円〜1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

傭兵の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB