傭兵の資格・試験とは?海外現地での仕事につながる資格を解説

傭兵の資格・試験とは?海外現地での仕事につながる資格を解説

戦場で活躍する特殊な仕事の傭兵として働く上で、資格や試験に合格していれば、より傭兵として活躍することが出来る可能性があります。今回はこの記事で傭兵に関連する代表的な資格、TOEICや実用英語技能検定の試験の情報をご紹介します。

傭兵の仕事に必要な資格とは?

特殊な仕事である傭兵は、海外の軍隊や民間軍事会社に雇われて戦闘行為を行うことがメインになります。海外での戦地に赴き、戦闘をする傭兵の職場としては海外になります。命の危険に晒される戦闘に関する高い知識と技術力が必要になります。

直接戦闘行為を行う人や戦地の後方支援通信、武器の使い方の指導をするなど幅広い戦闘における業務を行う傭兵ですが、全てにおいてコミュニケーション能力が求められます。相手にしっかりと伝え、確実に命令をこなす事が大切になるので、語学力がないとお話にならない仕事の一つです。

日本では働くことが出来ない仕事

傭兵の仕事は海外の軍隊や民事軍事会社を探して応募することから始まりますが、日本では軍隊の所有が禁止されているので、傭兵としては働くことが出来ません。

学歴や資格は求められていないケースが多いですが、言葉を理解することがとても大事な仕事になるので語学力の有無がポイントになります。日本では働くことが出来ず、職場としては必ず海外になる事を覚えておきましょう。

傭兵の資格、実用英語技能検定とは?

海外で活躍する為の語学力の証明資格

傭兵は海外の軍事組織にやとわれて戦闘行為をする人のことを指しますが、海外での生活になる為に語学力は欠かせないものになります。そんな傭兵になる為に必要な資格として実用英語技能技能検定が挙げられます。

実用英語技能検定は、海外留学における語学力の証明資格としても認定されていて、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングのそれぞれ英語を活用する上で必要な技能を証明するものです。文部省公認の認知度と信頼性ともに高い資格であると言えます。

実用英語技能検定の難易度・合格率

級によって難易度は異なる。十分な試験対策を

実用英語技能技能検定は受験する級によって合格率が異なります。

リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つから出題される試験であり、1級と準1級の合格率は約11%、2級で約25%。3級で約52%、4級と5級は70%以上の合格率と言えます。上級であれば取得していれば語学力があることを証明出来ます。

又、受験する級によっても試験内容が異なるのが実用英語技能検定の特徴です。合格基準も級によって異なりますが、1級と準1級は70%以上の得点率で合格、それ以外の級は60%以上の得点率で合格になります。

傭兵として海外で戦闘行為をする人は最低でも準2級は所持していたいものです。

実用英語技能検定

合格率
  • 1級 約11%
  • 準1級 約15%
  • 2級 約25%
  • 3級 約52%
  • 4級 約70%
  • 5級 約82%
受験資格 特になし、誰でも受験可能
受験費用
  • 1級 8,400円
  • 準1級 6,900円
  • 2級 5,800円
  • 準2級 4,500円
  • 3級 3,200円
  • 4級 2,600円
  • 5級 2,500円
出題範囲 リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング

単語を覚えるのが最優先

実用英語技能検定の資格を取得するには基本的に単語を覚えることが最優先です。上位級になればなるほどに使われる単語数が多くなるので、単語が分からないと話になりません。

読みや書きなどで少しでも多くの単語を覚えることが実用英語技能検定合格のカギとなりそうです。それぞれ狙う級に応じて、まずは単語を覚える学習方法がおすすめと言えます。

傭兵の資格、TOEICとは?

人気ナンバーワンの資格がTOEIC

傭兵として働く上で語学力を養う為に必要な資格が、社会人の多くが受験する人気ナンバーワンの資格TOEICです。

実用英語技能検定では語学力の証明になりますが、TOEICは世界150か国以上で実施されているビジネスシーンでも日常会話でも活用できる、実践的な英語能力の証明が出来ます。あらゆる地域に行くことがある傭兵ではTOEICは所持しておくことがおすすめと言えます。

スコアによって難易度が変わる

TOEICは一般的な資格とは異なり、合格不合格などで判断されることはありません。スコアによって難易度が異なり、990点満点で700点台を獲れれば日常英語をほとんど理解していて、英語検定で例えると準1級レベルに相当します。

傭兵として海外で働けるようになるには700点台を目標に学習する事がおすすめです。

TOEICの試験難易度、合格率

スコアによって難易度は異なる。学習計画を立てる事がポイント

TOEICはマークシート形式でリスニングとリーディングの合計200問に答える形になります。形式は毎回同じでテストは英文のみで構成されているのが特徴です。

難易度は600点以上が難しいとされていて、日常的な英語力が必要になります。受ければ自身の得点を得ることが出来るので、試験の合格率は100%であると考えられます。それでも600点以上を獲得できる人は毎年少ないのがTOEICなのです。

TOEIC

合格率 100%
受験資格 特になし、誰でも受講可能
受験費用 5,725円
出題範囲 ■リスニングセクション
写真描写問題、応答問題、会話問題、説明文問題

■リーディングセクション
短文穴埋め問題、長文穴埋め問題、読解問題

体験的に英語を身に着ける学習方法がポイント

TOEICで高得点を目指すには英語の本やCDを利用してそれぞれの能力を鍛えることに加えて出来るだけ英会話を日常的に取り入れることがポイントになります。

体験的に英語を身に着けておくことが確実に高得点を取るポイントになりそうです。TOEICの専門講座を設けている学校や通信講座や専門誌を利用して学習をすることも効率的には良いでしょう。

その他の傭兵関連資格

英語関連資格以外にも傭兵に関する資格はさまざま

傭兵は海外で戦闘をすることが仕事という少し特殊なものになります。当然周囲にいるのは外国人になるので、英語力を身に着けておくことがポイントになります。

TOEICや実用英語技能検定を身に着けておけばスムーズに仕事について理解することが出来るのでストレスはなくなると考えられます。TOEICや実用英語技能技能検定の資格以外にも、傭兵の仕事に関連する資格はいくつかあります。

  • IELTS
  • TOEFL
  • GTEC
  • 国連英検
  • 日商英語ビジネス英語検定試験
  • 観光英検
  • ケンブリッジ英語検定
  • CASEC
  • 発音検定
  • 英単語検定
  • CGFNS
  • TEP TEST

一覧にあるTOEFLは英語を母国語にしない人の英語能力を測定するテストで、130か国以上で認められている英語資格。難易度の高めのものが出題される傾向が強い特徴があります。ヨーロッパを中心に世界的に有名な英語試験のケンブリッジ英語検定はプロフェッショナルの英語を使用できるかの資格になります。

傭兵として持っていると有利な資格としては、語学力を証明することがメインになり、日本には軍事施設がないので傭兵として仕事をするのは必ず海外という事から、幅広い語学力が求められるのです。

傭兵の資格・試験まとめ

傭兵になるには語学力の証明になるTOEICや実用英語技能検定の合格を目指そう

特殊な仕事の一つ傭兵を目指すのであれば、特別な資格を所持していなくても業務を行うことは可能ですが、戦場で命の危険もある仕事だからこそ語学力を証明する資格は所持しておくべきと言えます。

TOIEC600点以上や実用英語技能検定を最低でも2級以上取得出来ていれば一定の知識やスキルの証明にも役立つでしょう。

傭兵に関する資格試験は、語学力を証明する多くの試験が行われています。かなり危険な仕事の一つである傭兵は、語学力をしっかり身に着けて命令に従って適切な判断をすることが大切です。

自分の命を守る為にも理想とする傭兵になる為に語学力に関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

傭兵の参考情報

平均年収500万円〜1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

傭兵の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB