鍼灸師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

鍼灸師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

鍼灸師は、鍼灸院において、鍼治療、灸治療を専門に施す専門職です。鍼灸師は特殊な技術が必要になるイメージがありますが、その給与・年収は如何程のものなのでしょうか。本記事では、鍼灸師の初任給、平均給与、平均年収など、収入面についてご紹介します。

鍼灸師の初任給

新人鍼灸師の初任給の平均は20〜22万円

鍼灸師の初任給は、平均するとおよそ20万円前後となっています。民間の一般企業におけるサラリーマンの大卒初任給の平均がおおよそ20万円となっていますから、平均とほぼ同程度の数値です。

鍼灸師は国家資格で、所定の養成学校を出なければ鍼灸師になることはできません。そう考えると、特段国家資格を持っていなくても就職ができる民間企業の大卒初任給とほぼ同等というのはとても低い感じがします。

しかも平均して約20万円というのは、総支給額としての平均であって、ここから諸々引かれた額が手取りの初任給となりますので、手取りで考えるともっと収入は低いことがわかります。

勤務先によっては、新卒初任給25万以上という平均を大きく上回る条件のところもあるようですが、新人のうちは、特殊な技術と感性が必要となる鍼灸師にしては、収入的には厳しい現状がうかがえます。

経験を積むことで給与が増えていく仕事

他の様々な職業と同様、鍼灸師もまた、経験を積むことで給料は上がっていきます。新人の頃は正直厳しい条件ではありますが、勤続年数に応じて給与は段階的に上昇する傾向にあります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査や、国税庁の年齢別階層年収等の統計を見ても、年齢が上がり、勤続年数を重ねていくことで給与が上がる統計となっています。鍼灸師は専門性が高い仕事であり、医療系でもありますので、長く勤続し着実にスキルを磨いていけば自然と収入は高くなります。

訪問鍼灸の仕事は非常に初任給が高い傾向にある

鍼灸師は鍼灸院に就職するのが一般的ですが、中には高齢世帯を中心に、障害者やお年寄りなどの訪問鍼灸の仕事もあります。訪問鍼灸の仕事は東京を中心とした都市部において展開されている鍼灸師の仕事ですが、その初任給は27〜30万と非常に高い金額となっています。

鍼灸師の平均給与

鍼灸師の平均給与は24〜26万円

上記の厚生労働省による調査結果や、求人サイトの平均、口コミなどのデータを参照すると、鍼灸師全体の平均月額給与は24〜26万円となっています。一般的な民間企業のサラリーマンの平均月額給与が35万程度となっていますので、平均よりはかなり低い水準であるといえるでしょう。

厚生労働省による賃金構造基本統計調査、国税庁が発表している年齢別階層年収、求人サイト調査の平均などの統計データから、各年代の平均月額給与を見ていきましょう。

20代前半の平均月額給与は約17〜20万円、20代後半の平均月額給与は21〜23万円、30代の平均給与は23〜26万円、40代の平均給与は29〜33万円となっており、ある程度安定したペースの昇給が望める職業であることがわかります。

平均のピークとなるのは50代前半で35万円、そこから下降を始め60代前半になると24万円と急激に降下します。しかし一般的なサラリーマンの場合、平均月額給与30万円は早ければ20代、遅くとも30代までには突破しますので、やはり全体的な水準としては低いと言わざるを得ません。

鍼灸師は基本給の他に歩合制度があるところが多い

特に鍼灸院や診療所に勤務する鍼灸師は、上記の平均月額給与のような水準が一般的となっていますが、基本給のほかに自費治療の歩合制度を導入している鍼灸院も少なくありません。

歩合制度を導入している鍼灸院では、鍼灸師の指名ができ、指名の数が多ければ多いほど上記平均に上乗せして歩合給が稼げる形になっています。優秀な鍼灸師は、こうした歩合給を積み重ねることによって収入を大きくプラスしています。また、鍼灸師でも役職に就ける場合があり、そうした場合は年収が大きく上がる場合が多いです。

以上から、鍼灸師は特に、所有しているスキルがいかに多くの患者さんの信用が得られるレベルなのかが、大きく収入に影響する仕事であることがわかります。

鍼灸師の平均年収

鍼灸師全体の平均年収は350〜400万円

先述した厚生労働省による統計や国税庁のデータなどの様々な情報から、鍼灸師の全体の平均年収は、おおよそ350〜400万円となっています。なお、この平均は一般的な鍼灸治療院に勤務する鍼灸師の場合で、美容向けの鍼灸サロンの場合や、開業鍼灸師の場合とはまた異なります。

一般的な民間企業のサラリーマンの平均年収が420万円ほどといわれていますから、決して高い待遇とはいえません。サラリーマンの場合は年代ごとにある程度の出世が望めますから昇給幅はある程度大きいですが、鍼灸師の場合は昇給幅はあまり大きくないようです。役職に就けば年収は大きく上がりますが、相対的に数が多いわけではないようです。

美容鍼灸サロンの場合、一般的な鍼灸院よりも高い年収が望める

近年、鍼灸治療の美容業界への応用が進められています。元々は患者さんの身体の自然治癒力を、鍼や灸などによる刺激によって増幅させ、身体機能の改善をはかる治療法ですが、そうした鍼や灸などによる刺激が美容にもいいと話題になっています。

美容業界では近年、美容を目的とした鍼灸サロンを美容サロンと併設したり、美容サロンの中に鍼灸師を置いて鍼灸治療を受け付けたりするなどの取り組みが浸透し始めています。こうした美容業界における鍼灸師の場合、特に指名制度によるインセンティブが手厚いことで知られており、平均年収も上記平均より50〜100万は上乗せされる場合が多いようです。

また、スポーツ業界においても鍼灸治療が行われていて、激しい運動を行うことが多いスポーツ業界への応用も行われています。これを俗にスポーツ鍼灸と呼び、こちらもフィットネスクラブのインストラクターのように指名制度が設けられています。

独立して開業鍼灸師になると年収は桁違いに高くなる

これまでの平均においては、主に鍼灸院などに勤務する「雇われ鍼灸師」を扱ってきましたが、鍼灸師には一定数、鍼灸院や鍼灸サロンを開業する、開業鍼灸師もいます。鍼灸師が独立開業した場合、個々のサロンや鍼灸院の売り上げや経営力によっても左右されるものの、平均年収は700〜800万円にまで一気に跳ね上がります。

開業した場合に難しいのは価格設定ですが、そうした価格設定の基準を適切に設定する能力も、豊富な経験によって培われるものです。価格設定が適切であれば、自然と患者さんは集まりやすくなりますし、安定した売り上げが確保しやすくなります。経営能力に長けた開業鍼灸師の場合、年収1,000万を超えることもあります。

また、チェーン展開をしている鍼灸院の院長を目指すのも年収アップの一つの方法です。フリーランスの鍼灸師として個人や企業と契約し、鍼灸治療を行うことや、美容鍼灸、スポーツトレーナーといった鍼灸治療経験を生かした職に従事する人もいます。

フリーランスで年収を上げるには、鍼灸院等の勤務時代に豊富な人脈を築く必要があり、盤石な体制を整えておくことが必須となります。

鍼灸師の給与・年収まとめ

高収入を得るためには「開業」は必須?スキルと人脈を磨きましょう

鍼灸師は歴史が古く、西洋医学とは違ったアプローチと特殊な感性を問われる仕事です。そうした仕事で身を立てて行くためには、豊富な経験に基づくスキルが大切になってきます。

鍼灸院に雇われて社会に広く貢献するのも魅力的ではありますが、年収という観点で言えば、やはり限界が見えてしまいます。もし鍼灸師として年収1,000万以上の高収入を目指すなら、独立開業は必須と言えるでしょう。

独立も視野に入れながら、自身のキャリアアップを常に見据えてスキルと人脈を磨いて行くことが肝要です。

鍼灸師の参考情報

平均年収350万円〜400万円
必要資格
  • はり師
  • きゅう師
  • あん摩マッサージ指圧師
資格区分 国家資格
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

鍼灸師の関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB