IT企業社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

IT企業社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

IT企業社員になると、どの程度の給与・年収を受け取ることができるかご存知でしょうか。働き方によっては給与が高く、IT企業社員として年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。本記事では、IT企業社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

IT企業社員の初任給

IT企業社員の初任給は、どの程度もらうことができるのでしょうか。IT企業社員の初任給についてご紹介します。

初任給

初任給を平均すると18〜25万円です。しかし、IT企業の数が多い、企業の規模の差がベンチャーと大手では激しいので正確な平均を出すのは難しいでしょう。

IT企業によっては20万円以下の会社もあれば、大手でなくても業績が良い会社であれば25万円を手取りで受け取ることができる会社もあります。

初任給から高い給与を出す会社も

最近では、新卒で年収800万円以上になるように給与を支払う会社も登場しています。これは将来的に幹部クラスの社員を養成するための試みで、このような給与形態を採用している企業は注目を集め必然的に優秀な人材を集めることができます。

IT企業は他の業界に比べてユニークな給与制度を採用しているケースが多いので、採用条件をしっかりチェックするようにしましょう。

20代で高い給与を稼ぐ方法

20代から初任給が高く数年で給与が高くなるという社員も少なくありません。このような20代で優秀な社員になるためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

斬新なアイデアを提案することができる

近年IT企業はさまざまなサービスを提供する会社が登場し、さまざまな方法で儲けることができます。

他の業界とは異なり独自の方法で収益を稼ぐことができるので、独創性のあるサービスを考えることが企業の規模を数年で大企業まで成長することができます。

企業として成長するためには独創的なアイデアを持っているかどうかが重要です。オリジナリティ溢れるアイデアを持っていれば、画期的なサービスを考えることができる可能性があるため必然的に給与が高くなる可能性があります。

エンジニアとしてのスキルが高い

エンジニアやプログラマーの社員であれば、高いPCスキルを持っていれば20代でも給与が高くなる可能性があります。エンジニアやプログラマーのスキルはどのIT企業に勤めても必要になるので、高いスキルを習得するようにしましょう。

20代のうちから高いスキルを持っていれば、給与・年収が飛躍的に高くなる可能性があるので、資格などを取得することで自分のスキルを高めるようにしましょう。

努力次第で収入があがる

このように、20代でも給与をあげることは難しいことではありません。IT企業に共通していることは努力をすることです。努力次第で給与が高くなるので、給与を少しでもあげたい方は、IT企業で役立ちそうなスキルを習得するようにしましょう。

IT企業社員の平均給与

IT企業の平均給与はどのように推移をするのでしょうか。IT企業の平均給与はどの程度なのか解説していきましょう。

数多くのIT企業の給与を平均すると、職種にもよりますが25〜40万円前後がボリュームゾーンになります。プログラマーやエンジニアの場合、高い傾向にあります。

スキルに応じた給与形態が多い

通常の企業であれば、年齢とともに給与が多くなっていきます。しかし、IT企業の場合は会社によってさまざまです。年功序列のようなシステムを採用している企業もありますが、中には社員のスキルに応じて給与を支払っているケースもあります。

IT企業の多くはどちらかといえば実績に応じた給与形態になるので、従来のような年功序列のシステムではないことを認識しておくと良いでしょう。

給与が高い社員とそうでない社員の違い

IT企業の中には給与が高い社員とそうでない社員が存在します。年齢が高ければ給与が高いというわけではありません。若手社員でも40代、50代の大手企業に勤務する社員並みに稼いでいる方もいます。それでは、どのような方が稼いでいるのでしょうか。

給与が高い社員に共通していることは、秀でた何らかの能力を持っているということです。高いスキルを持っているからこそ、会社から評価され高い給与を受け取ることができます。

秀でた能力がなければ高い給与を受け取ることができず、いくら勤続年数が長くても給与が高くなりません。そのため、必然的に転職を考えなくてはいけなることが考えられます。

高い給与を支払うIT企業でもこのような制度を採用しているケースがあるので、自分がどのようなスキルを活用できるか。そのスキルは企業が求めているものかを考えた上で企業を選ぶようにしましょう。

会社の規模で給与も異なる

大手の会社に勤務をすれば、給与も必然的に高くなることが期待できますが、そうではないベンチャー企業のような会社であればいくらスキルを発揮することができても給与が高いとは限りません。場合によっては給与が安くなってしまうこともあります。

給与だけで判断するのであれば、会社規模を判断するようにしましょう。しかし、給与だけで判断すると問題点もあります。IT企業の中には数多くのブラック企業が潜んでいます。給与が高くても働く環境が劣悪な場合があるので、給与よりも働く環境を求めて会社を選ぶ方も少なくありません。

IT企業はさまざまな働き方で働くことができる業界なので、給与だけでなく、自分のライフスタイルに合わせた会社をなるべく選ぶようにすると自分の条件に合う会社に出会うことができるでしょう。

IT企業社員の平均年収

IT企業の年収はどの程度なのか解説していきましょう。数多くのIT企業の年収を平均すると、400〜600万円前後がボリュームゾーンになります。

しかし、儲けている会社とそうでない会社があるため、この数字が全ての会社に当てはまるわけではありません。IT企業の中には年収が高めのところもあります。

年功序列ではない

IT企業社員の正確な年収を特定することは難しいことであると言えます。その理由は、年功序列で給与を決めている会社が少ないためです。20代でも年収1,000万円に近い年収があるIT企業もあります。また、40代、50代でも年収400万円前後しかない社員もいます。

多くの会社で会社の収益や実績に応じた年収を算出しているので、参考にならないことがわかります。どの程度もらうことができるかを知りたいのであれば、自分が就職をしようと考えている会社がどの程度の年収になるのかを調べてみましょう。

年収1,000万円以上稼ぐために必要なこと

IT企業は他の業界に比べて年収1,000万円稼ぐことは難しいことではありません。働き方によってはこれ以上稼ぐことも可能です。しかし、誰もが1,000万円以上稼ぐことができるわけではありません。稼ぐためには次のような条件が必要になります。

独立をする

IT企業で培ったノウハウを活用して独立し、収入をあげるという方も少なくありません。年収1,000万円以上稼いでいる方の多くは独立して会社を起こしている人が多いので、少しでも早く1,000万円に到達したいと考えているのであれば会社を立ち上げましょう。

高いスキルを持っている

IT企業で働くエンジニアやプログラマーでも年収1,000万円以上稼ぐことは難しいことではありません。高いスキルを持っているエンジニアやプログラマーであれば、仕事の実績があれば年収1,000万円以上稼ぐことができるでしょう。

確かなスキルがあれば、今勤めている会社の給与が悪くても転職をすれば年収が1,000万円以上になることもあるので、待遇に不満があれば積極的に転職をするようにしましょう。

IT企業社員の給与・年収まとめ

IT企業は努力次第で給与・年収を高くできる

IT企業は今後も規模が拡大していく仕事なので、努力次第で収入を大きくしていくことが可能です。特に、IT企業でスキルを持っていればどのような会社でも自分のスキルを最大限発揮することができます。

業績が良い会社であれば、それに見合った給与や年収を社員に払ってくれるので、会社から評価されるように努力をするとよいでしょう。

IT企業社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

IT企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB