映画配給会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映画配給会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは「映画配給会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?たくさんの買い付けた映画作品を映画館で上映し、世に広めることが主な仕事ですが、具体的な仕事内容はどのようになっているのでしょうか。本記事では、映画配給会社社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

映画配給会社社員とはどんな仕事?

映画を世の中に広める、伝えるのが主な仕事

映画配給会社社員の主な仕事は、映画作品を世の中に広める・伝えること。映画業界には「配給」「興行」という2つの言葉が存在し、映画配給会社社員は配給に分類されています。

映画業界の配給とは、上映する映画館から一部の上映料を徴収して、映画作品を販売することだといわれています。興行とは、上映する映画館がお客さんから入場料として収益を得ることです。

映画作品は作成されただけでは私たちが観ることも知ることもできませんが、映画配給会社によってさまざまな映画を世の中に広めることで、面白い作品や感動的な作品を見ることができるのです。

映画は娯楽ではなくビジネスとして考える

映画配給会社で働く社員のほとんどは、プライベートでも映画が大好きという方が多いようです。普段から自分の好きなジャンルの映画を楽しんでいる、または最新の映画情報をチェックしているなど、映画好きな人が多い職場といっても過言ではないでしょう。

しかし、映画配給会社社員として働くには、映画を娯楽ではなくビジネスとして考えなければなりません。「どうすれば大ヒット作品にできるのか」「この映画作品を売り込むためにはどうすれば良いのか」など、常に映画をビジネスとして考えることが大切です。

また、担当する映画作品は作品の買い付けを行うために数人の社員で一度視聴するようなのですが、「この作品は人気を集められるのか」といったビジネスの視点から観ています。そして、実際に配給するのかを検討して、作品の内容によって売り出しの戦略を考えているようです。

このように、映画配給会社社員はただ映画が好きというだけでは務まらない仕事なので、「映画=ビジネス」という考え方が求められる職業となっています。

映画配給会社社員の仕事は大きく分けて3つに分類される

映画配給会社社員は大きく分けて3つの担当に分類され、それぞれが同じ方針を向いて活動を行っています。1つの映画作品を世の中に広めるのはとても簡単なことではないので、それぞれで仕事を分担しています。

配給する映画作品の買い付けやブッキング、映画の宣伝などの担当に分担し、新しい映画作品を世に中に広めているのです。それぞれで分担されている仕事内容については、以下の章でご紹介していきますので、映画配給会社社員を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

映画配給会社社員の具体的な仕事内容

人気を集めそうな映画の「買い付け」

買い付け担当の仕事内容は、その名の通り作成された映画作品を買うことです。この場合の「映画を買う」というのは、映画館での上映や作品のパッケージ、テレビで放送するといった全ての権利を買うことです。

購入した映画作品がヒットしなければ会社としては利益にならないので、人気を集められる作品であるのかを見極める能力が求められます。そのため、映画をビジネスとして考え人気作品になるのかを見極められなければ、映画配給会社社員を務めることはできないといっても過言ではないでしょう。

上映する映画館を決めて交渉する「ブッキング」

ブッキング担当の仕事内容は、買い付けを行った映画作品を映画館と交渉し、提供することです。映画館を利用されたことがある方は知っていると思いますが、映画館には全国規模のチェーン店やミニシアターなどがあります。

ブッキング担当はこれらのどの映画館で提供した映画を上映するのかを決めて、映画作品の提供と上映の交渉を行います。より多くのお客さんに観てもらえることを第一に考えなければならないので、上映する映画館をどこに決めるのはもちろんですが、上映してもらうための交渉力も重要なポイントになるといえるでしょう。

映画のPR活動を行う「宣伝」

宣伝担当の仕事内容は、公開される映画のPR活動を行うこと。PR活動ではさまざまなお店や街中で展示するポスター作成、テレビで放送する予告編の作成などがあります。他にも、記者会見や舞台挨拶、新聞や雑誌などに出す広告作成など、宣伝方法はさまざまです。

また、宣伝に使用できる費用には限りがあるので、予算内でどれだけの宣伝ができるのか、より良い宣伝をするにはどうすれば良いのかなど、考えることも多いでしょう。ですが、映画のPR活動は人気を集めるための重要な仕事なので、チームで意見交換を行いながらより良い方法を選択することが重要なポイントとなります。

映画配給会社社員の仕事のやりがい

仕事を通じてたくさんの映画作品に出合うことができる

映画配給会社社員のやりがいの中には、たくさんの映画作品に出合うことができるという意見がたくさん挙がっていました。映画業界で働く方のほとんどは映画好きの方が多いので、新しい映画や自分の知らない映画に出会えるのは、仕事へのやりがいに繋がるのでしょう。

また、仕事を通じて出会う映画作品にはさまざまなジャンルのものがあるため、人によっては今まで観ていなかったジャンルの映画が好きになったという方もいるようです。買い付け担当であれば購入する映画作品を視聴する機会があるので、さまざまな作品に触れることができますし、映画に関する知識を増やすこともできるでしょう。

映画の魅力を多くの人に伝えられる

映画配給会社社員のやりがいでとても多かったのは、映画の魅力を多くの人に伝えられるというものでした。映画配給会社社員の仕事は世の中に映画作品を広めることなので、上映された映画が大ヒットして多くの方に視聴してもらえれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。

また、人気となった映画は観た人から多くの方に伝わっていくので、仕事としても大成功を収めることができたことに喜びを感じられるかもしれません。さらに、人気作品はSNSなどを通じて急速に広まっていくので、そういった情報を見たときにも喜びとやりがいを感じられることでしょう。

公開初日にたくさんのお客さんが来場している光景を見たとき

担当した映画の公開初日に、映画館へたくさんのお客さんが来場している光景を見たときは、やりがいだけでなく大きな喜びを感じられるという意見もありました。場内が満席になるということはそれだけ多くの方に作品の魅力をPRできた証ですし、プロジェクトの大成功を意味することになります。

また、来場してくれたお客さんが映画を観て笑顔になっている姿や、感動シーンで涙する姿を見たときは、激務だった仕事の疲れを忘れられるそうです。さらに、人気となった映画作品が上映後にメディアで取り上げられるのを見たときも、仕事へのやりがいを感じるそうです。

映画配給会社社員の仕事内容まとめ

作られた映画作品を世の中に広め、魅力や感動を届ける

映画配給会社社員の主な仕事は、買い付けた新しい映画作品をより多くの映画館で上映し、世の中に広めることであり、映画の魅力や感動を届けることです。

買い付け・ブッキング・宣伝と業務では3つの担当に分担して行われますが、チーム一丸となってプロジェクトを成功させることで、大きなやりがいを感じられる職業だといえるでしょう。

映画業界へ入るのは狭き門といわれていますが、自分の好きな映画に携わることができるため、映画業界で働きたいと思っている方は、ぜひ映画配給会社社員を目指して就職・転職をしてみてください。

映画配給会社社員の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画配給会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB