神父・牧師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

神父・牧師の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

神父・牧師は行う仕事内容は似ていますが、その役割は大きく異なります。信じる教義によって分かれているこの2つの職業は、どのような違いがあり、またそれぞれどのような仕事内容なのでしょうか。

神父・牧師とはどんな仕事?

神父・牧師はともに教会の主人としてキリストの教えを広めることを使命とする職業ですが、それぞれ異なる要素があります。神父・牧師はどのような違いがあるのでしょうか。

神父はカトリック 牧師はプロテスタント

神父・牧師はともにキリスト教を信仰していますが、その教派が異なります。神父はカトリックに属する聖職者、牧師はプロテスタントに属する教職者という違いがあります。

神父とカトリックとは

カトリックは日本で一番信者が多いといわれています。カトリック内での教派は統一されており、地域ごとにそれぞれ一つの教会を設置しています。カトリックの教会は比較的華美な造りになっており、像や美術品などが飾られています。また十字架にはイエス・キリストが掲げられているのが特徴です。

カトリックには位階制度があり、司教・司祭・助祭の3段階の階級があります。神父はそのうち「司祭」を指す俗称であり、正式な職名ではありません。そしてカトリックにおいては、「司祭だけが儀式を執り行える」という決まりごとがあります。

またカトリックの教義において聖職者は結婚することが認められていません。そのため牧師は独身の男性に限られており、教会と結婚したという証として左手の薬指に指輪をしています。

牧師とプロテスタント

プロテスタントはその中でも教派が複数に分かれており、それぞれの教派ごとに教会を設置するため、一つの地域に複数の教会があることもあります。そのためカトリックに比べて教会の数はずっと多いようです。

プロテスタントはカトリックに比べて教会の造りが質素になっており、十字架とパイプオルガン程度しか置いていないことがほとんどです。またその十字架にはイエス・キリストは掲げられておらず、非常にシンプルな十字架になっているのが特徴的です。

プロテスタントの教義において信徒はみな平等と考えられているため、階級は存在していません。牧師と信徒の間も平等ですがリーダーや指導者として扱われています。そして全員平等であるため信徒でも儀式を行うことが認められています。

プロテスタントは原則として結婚を認める教派です。またプロテスタント内の教派によっても性別に対する考え方は細かく分かれており、中には女性の牧師を認めている教派もあります。

神父・牧師の仕事の具体的な内容

神父・牧師はそれぞれの教義にもとづいてその教えを広めることを職務としていますが、具体的にどのような仕事内容であり、またどのような違いがあるのでしょうか。

神父の仕事

神父はカトリックの教義に従い、さまざまな儀式や会を通じて布教活動をすることを職務としています。

神父の仕事は「ミサ」と呼ばれる礼拝集会を行うことが中心です。ミサは毎日のように行われ、イエス・キリストがパンとぶどう酒を弟子たちに分け与えた儀式を模した「聖餐式」を毎回行うことが特徴的とされています。

またドラマなどで有名な懺悔室に入り罪を告白するシーンがありますが、これはカトリックのみで行われる「告解」と呼ばれる行事です。信徒の罪の告白を聞き、神の名において許しを与えます。大きな罪を犯していなくても、年に1回は告解をするという決まりごとになっており、復活祭の前に行う信徒が多いようです。

その他にも聖書の教えや教義について学ぶための勉強会の開催、罪を清め信徒として新たな人生を歩むための洗礼、聖職者を使命する儀式である叙階といった、教派の教えに基づいたさまざまな儀式を執り行うことを仕事としています。

牧師の仕事

牧師も同様にプロテスタントの教義に従い儀式や会合を行い、聖書の教えを広めていくことを職務としています。

プロテスタントの牧師は月曜~土曜に「祈祷会」を、日曜日には「礼拝」を行います。カトリックと異なり、多くの教派では聖餐式は頻繁には行わず、年に1~2回程度の頻度とされることが一般的のようです。

また家族や少人数の小さな集団を対象にした集会や、聖書の研究会の開催を仕事の中心としています。冠婚葬祭の儀式を執り行うのも牧師の仕事の一つです。結婚式の立会人は牧師のみが執り行うとされています。

また次の世代へ教義を伝えていくことも重要な仕事の一つです。プロテスタントの牧師を養成するための神学校における教師として神の教えを学生に伝え、次世代の牧師たちを導いていきます。

共通して行う仕事

教派の違いはありますが、カトリック・プロテスタントともにキリスト教を信仰しているため、共通している仕事も多くあります。

所属している教会の管理・運営、教義を伝える講演などは、日常的な布教活動は神父・牧師にとって大切な仕事といえるでしょう。また時には苦しみを抱え、深く悩む信徒のカウンセリングを行うこともあり、その対応は昼夜を問いません。

また教会に幼稚園・保育園が併設されていることもあり、園児への教えや、園の管理を行うことも神父・牧師の仕事の一部とされています。

神父・牧師の仕事のやりがい

それぞれ神の教えを実践する立場である神父・牧師は、どのようなやりがいを感じているのでしょうか。

人々を支え救済する

日常の生活に疲れ心に傷を負った人々や、何らかの失敗をし、罪の意識に押しつぶされそうな人々を救うことは宗教がもつ大事な役割の一つです。自らが信仰する教えを伝え人々の心を癒やし、明日への活力を取り戻す手助けをすることこそ、神父・牧師の重要な仕事です。

数千年の間、人々の悩みを受け止め続けてきた聖書の教えを通じ、挫けそうになっている信徒が再び立ち上げる手助けをできることは、神に仕える身として大きな喜びを感じることができるでしょう。

満たされる信仰心

強い信仰心をもつ神父・牧師にとって、イエス・キリストに仕えることができることそのものが大きな喜びといえるでしょう。自分の考えや行いはすべて神が見ており、神の役に立ち、また神の力の一端として役立ててもらえることに感動があります。

苦しみを抱える信徒を助ける手助けをする神父・牧師自身も、時には苦しみや悲しみを抱えるときがあります。そういったときも毎日の祈りを通じて神に信仰心を捧げ、自分は常に一人ではないと支えられることにより満たされていくのです。

キリスト教を伝えていく使命感

現代にはさまざまな価値観があり、人々が心の拠り所とする教えや考え方は多種多様に存在します。そういった中で、自身が信じる教義を次の世代に伝え、つなげていくことに強い使命感を感じる神父・牧師は少なくないでしょう。

長く続いてきたキリスト教の歴史の一部となり、新しい時代への礎となることこそ、人々を救うキリスト教の教えの体現といえるのかもしれません。

神父・牧師の仕事内容まとめ

細かいところは違えど、共通する仕事も複数ある

神父・牧師はキリスト教を信仰し、それぞれの教派に仕える指導者です。神父はカトリック、牧師はプロテスタントを信仰し、その教義を人々に伝えていくことを使命としています。

さまざまな価値観があふれ、人々の心の拠り所となる教えや考え方も千差万別といってよい現代において、何千年も続くキリスト教の教えを広めていくことは厳しい道のりといってよいでしょう。時には考え方の違いによって、人々といさかいのような事態が訪れてしまうこともあるかもしれません。

その中でも自らが信じる道を進み、人々を苦しみから開放するために日夜活動を続けることこそが、神の使いである神父・牧師の役割なのです。

神父・牧師の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種葬祭・宗教

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

神父・牧師の関連記事

葬祭・宗教に関する他の職業KANREN JOB