パン職人の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

パン職人の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

子供たちにも人気の職業、パン職人。香ばしい香りに包まれて、楽しそうに感じる職業ですが、実は地道な努力を続けた上に成り立っているようです。今回はこの記事でパン職人の仕事内容や特徴、魅力についてご紹介します。

パン職人とはどんな仕事?

パンを作る職人をパン職人と呼ぶ

パン職人は毎日朝から晩までパンを焼くのが仕事であり、日本でパン職人として働く人は学校で基礎的な技術を身につけている人が多いようです。

常に同じクオリティのパンに仕上げるのがパン職人

パン職人としての仕事は、同じ大きさと同じ味で見た目も美しく仕上げることが大事になります。毎回同じクオリティに仕上げられることがパン職人には大切になります。口にするたびに味が違うパンではお客様の満足は得られないからです。

クオリティを均一にするために性格な計量や適切な温度、焼き加減などをベストなタイミングで見極める必要があります。

スピードも要求される仕事

パン職人は1日のうちに材料が異なるお菓子を同時進行で作ることがほとんどです。開店時間が早いことで有名なパン屋は店が開く前に全てのパンを揃えておかないといけません。限られた時間の中でスピーディにパンを仕込む素早さが要求されます。

時間管理能力も要求される仕事

パン職人はお店の開店と同時にパンを全て揃えておく必要がありますし、数が少なくなったパンが店頭からなくなる前に新たに焼き上げ、売り場に補充する必要があります。スピードはもちろんのことパンの売れることを考えることや時間を管理する能力も要求されます。

仕事場によっては複数のパン職人で作業を分担

スピードや時間の管理が求められるとはいえ、一人で全てのパンを作り続けることは難しいため、大きいパン屋によっては複数のパン職人で作業を分担する場合もあります。分担の方法は経営者の考えにもよりますが材料準備や記事の作成、仕上げなどの工程ごとに分かれることもあります。

パン職人としてのどこの作業を分担するかは、勤務先にもよって異なります。

パン職人の具体的な仕事内容

仕込みは泊まり込みで仕事をすることも

パン職人は朝早くパンを作るためにそのためのパンの生地の発酵など前日に行う必要もあります。特に勤務先にパンのイベントなどがある場合にはパンを作る量も多くなってしまうこともあるので、忙しい時期によっては泊まり込みでの作業が必要になることもあります。

遅くまで仕事をして朝早く出勤することもあるので、基本的には不規則になりやすく体力的にハードな仕事といえるでしょう。

パン職人の仕事はハード。体力が必要

パン職人というと、楽しくパンの香ばしい香りに包まれた優雅なイメージがあるかもしれませんが、実際は力仕事が多い職業です。多くのパンを作るには大量の小麦粉や砂糖などの材料を運ぶことや、生地をこねつづける必要があるのでかなり体力を使います。

小さなパン屋であれば定休日を設けていることもありますが、予約状況によっては夜が明けるまでに出勤して深夜まで働くこともあるでしょう。勤務時間や日程についてはしっかりと確認しておく方が良いでしょう。

パン職人の給料レベルは低めの傾向

パン職人の給料は勤務場所によるものの、他の職業に比べると低い傾向が多いようです。一般的には13万円から18万円から程度の給与で、年収は150万円から250万円といわれています。

しかし経験を積んで将来的に自身のお店を開業することができれば大幅な年収アップになる可能性もあるので、夢のある仕事といえます。

お菓子作り以外にパン職人がする仕事

パン職人の仕事は毎日同じパンを作るだけではありません。経験を積んでいけば幅広く仕事を任されていくでしょう。

新しいオリジナルパンの研究・開発

新しいパンを研究によって作り出す事もパン職人の仕事の1つです。作りたいパンをイメージして材料を合わせて納得のいくパンに仕上げていきます。食材の組み合わせや材料の細かな分量調整をしながら試作していきます。

思い描いたイメージを形にしてお客様に「食べたい」と思ってもらえるような見た目や味を作り出せるまで続けます。パンを研究するには日頃から本や雑誌などをチェックし、他のお店のパンを食べ歩く事前調査も必要になるでしょう。

次の日の仕込み

夜になると次の日のパンの生地作りや調理などの仕込みが始まります。天候や気温や湿度によってパンの生地の仕上がりは変わっていくので、次の日の天気のチェックもしつつ配合を調整する必要があります。雨の日は客足も少ないことを考えて量を減らす場合もあります。

メニューや材料の発注

パン作りには多くの材料や必要になります。閉店した後には材料の在庫を確認し、足りないものを発注します。次の日に材料が足りなくならないように忘れずに確認することが大事になります。

売り場と厨房の清掃

1日の終わりには厨房と売り場を丁寧に掃除します。調理器具や機械に専門的なものが多いパン屋は常に綺麗に清掃しておく必要があります。次の日気持ちよく仕事が始められるようにしてから閉店します。

下積みからはじまるパン職人の仕事

パン職人の仕事は、地道な下積みから始まります。多くの人はパン職人の専門学校や大学などを出てから就職します。学校でパン職人に関する知識を身につけたとしてもすぐにパン作りをさせてもらえることはありません。材料のチェックや仕込み、清掃などの下積みを最初に行います。

勤務先にもよりますが1年は下積みの仕事をする人が一般的で、1年かけて大体の仕事をこなせるようにすることが多いようです。

転職も3年が区切りになることが多い

パン職人の一般的な下積み期間が1年であることから、3年や5年を区切りに転職を考える人もいます。パン職人としてさらにレベルが高く、人が多く働いているパン屋などで修行する人も多くいます。

パン職人の場合はインターネットサイトで特集や専門の転職サイトが開かれていることも多いです。多忙期はもちろん、年間を通じてアルバイト、正社員問わず求人数は多い仕事です。経験を積んでスキルを高めることで給料をアップの道も開ける可能性もあるでしょう。

パン職人の仕事のやりがい

お店のファンが増えること

パン職人としてのやりがいは、もちろん多くの人に美味しいパンを作って提供することが出来ること。街のベーカリーやホテルやレストランなど様々な職場がありますが、毎日の食を支えていくパン職人はやりがいといえるでしょう。

焼きたてパンや好きなパンを求めてファンが所狭しと押し寄せる店もあり、自身が作ったパンを美味しいと言ってくれるファンが増えることは何よりも嬉しいことです。

食を支える一生の仕事

パン職人は先輩の仕事を目で見て肌で感じて自身の体で工程や感覚を覚えていきます。一人前になるまでは大変ですが、培う技術やセンスは年齢を問わない一生ものとなります。日々経験を積み重ねて少しずつ一人前になるのがパン職人の世界です。

パンのスタイルは無限

パンと言っても食パンやデニッシュ、ベーグルやサンドイッチなどかなり多くのバリエーションがあります。

小麦粉と水と塩のシンプルな材料を使いながらも作り手の違いで変幻自在に姿を変えていくパン作りには永遠の喜びと発見があります。どこまでも試行錯誤を繰り返すことが出来るのは大変な修行でもありますが、パン職人としての喜びでもあるのです。

パン職人の仕事内容まとめ

パン職人は地道な努力が求められる仕事

多くのパンを仕上げるパン職人は、いくつものパンを同じ質と見た目に仕上げる仕事です。下積みは清掃や単純作業が主ですが、経験を積むことで新しい商品の開発なども任せられるようになるのでセンスも必要になります。

夜明けから夜遅くまで長い業務時間になるので不規則な生活になりがちで体力も使います。ハードな仕事になりがちなパン職人の仕事はプライベートをのんびりと過ごすことは難しいかもしれません。しかし、おいしいと食べてくれる人がいることは、なによりもやりがいに感じるでしょう。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パン職人の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB